人気ブログランキング | 話題のタグを見る
謹賀新年2012
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

旧年中はArt Autonomy Network[AAN]に暖かいご支援をいただきましてありがとうございました。写真による日韓交流イベントという大がかりな国際事業を展開を実施することができました。
そして、引き続き2012年1月~3月までイベントが目白押しです。
お時間が合う方、お近くにお越しの方、AANのイベントに参加してみたい方は、どうぞ次の機会にご来場ください。
本年度もみなさまにお世話になると思いますが、どうぞ暖かいご声援、ご支援をお待ちしています。

AANスタッフ一同より

<AAN2012年スケジュール>

(1)2012年1月14日・15日・2月18日「ASAKUSA写真観光」写真ワークショップ(申込締切1月5日まで)
会場:LwP Asakusa、Art Autonomy Network[AAN]@Creative Hub131

(2)2012年2月19日(日) 「ポートフォリオ・ミーティングvol.07
会場:Art Autonomy Network[AAN]@Creative Hub131
プレゼンエントリー料(定員10名):2000円、 入場料:500円
コメンテーター[予定]:野口玲一(三菱一号館美術館学芸員)、片岡真実(森美術館・チーフキュレーター)

ジャンル・年齢・地域に関係なく広く公募によって選出されたアーティストが、実践で活躍するキュレーターやアーティストを前に自らの言葉によって自作を語る公開型プレゼンテーションを行います。スライドショーや映像作品の上映、パフォーマンスなどを含んだ内容でアートプログラムとして十分に堪能できるイヴェントになっています。専門家であるコメンテーターが、教育現場(美大・専門学校など)の講評と異なる基軸で批評していく刺激的な機会を提供しています。また、観客にとっては、現代アートの入門になるだけではなく、アーティストを知るための人間観察となるユニークなプログラムです。プレゼン希望者は、E-mail:info@a-a-n.orgまで。


(3)韓国アーティストのショートステイ・プログラム
期間:2012年2月10日~2月27日
ジンウォン・ハン、スンミン・カンという二人のアーティストが、韓国・ソウルから来日し、東京・浅草を中心にリサーチを行い、それぞれが新作を制作します。制作された作品は、「Drifting Images:写真による日韓交流事業」に発表します。滞在期間中に食を伴う交流イヴェントを行います。(2月15日、2月18日、2月22日ほか)


(4)日韓アーティストトークと江戸幻燈機による夜会
日程:2012年2月25日(土)18:00-21:00
会場:ルーサイト・ギャラリー
入場料:1000円(一般)、定員:30名

写真家・中里和人が江戸時代の幻燈機を復元し、当時の町民たちが楽しんだという江戸カラクリ絵図を夜会のなかで再現します。同時に「Drifting Images:写真による日韓交流事業」に参加しているアーティストたちのトークと交流会を行います。


(5)Drifting Images 日韓写真交流展:Korea x Japan Exchanging Exhibition
日程:2012年2月24日(金)~3月10日(一部6日まで)
第1会場:マキイマサルファインアーツ 2月24日~3月6日
第2会場:Art Lab AKIBA 2月24日~3月10日
参加作家:大串祥子、栗山斉、中里和人、ジンウォン・ホン、スンミン・カン


(6)『アート・シンクロ展(Art Synchronicity)~アートが世界をつなぐもの~』
●期間:2012年3月2日(木)~3月11日(日)(10日間)
●会場:Creative Hub 131、日本橋大伝馬町界隈(町内会との協働)
●展示作家候補:池田晶紀(東京)、Eat&Art TARO(東京)、上原耕生(茨城)、佐藤直樹(東京)、新野圭二郎(東京)、東泉一郎(東京)、福原志保・Georg Tremmel /BCL(東京/オーストリア)、前川宗睦(名古屋)、松下徹(茨城)、武藤勇(名古屋)、村上慧(東京)、山内崇嗣(東京)、山上渡(長野)、山下拓也(名古屋)ほか

アート・オウトノミー・ネットワーク[AAN]は、これまで小さな組織やオルタナティブな活動に目を向けて、彼らのパーソナルな視点や行動が、心の通ったコミュニティ形成に大きく関わっていることを実感として体得してきました。小さいながらも誠心誠意にお互いを認め合うアート事業を推進しているアーティストやキュレーターたちと、世界共同のプラットフォームを形成していこうと我々は微力ながら考えてきました。今回、こうした共有意識をもった人々とともに世界同時発生的なメッセージを打ち出す展覧会を開催しようと思います。これを機会に、アートによって世界がつながることを実感できる国際間ネットワークを試みたいと願うものです。


7)フード・コミュニケーション・ラボ「フィルム・ア・ラ・ターブル~映画と食卓と語らいと」
CH131「社員食堂」では、それぞれのメンバーが<フード・コミュニケーション・ラボ>というコンセプトによって食を通じたコミュニティを形成してきました。今回、「フィルム・ア・ラ・ターブル」というプログラムでは、「食・環境・つながり」に関わる映画について、プレゼンターの想いを共有しながら鑑賞し、普段着の食事会をしながら、さまざまな人々が語らいをしていくものです。
●日程:2012年3月3日(土)~10日(土)のうち2日間18:00~21:00
●会場:Creative Hub131「社員食堂」
●入場料: 1,000円(ごはん付き) 

※そのほか毎週月曜日@シュハリカフェ、不定期火曜日@N STUDIO食堂、毎週水曜日@AAキッチン、毎週木曜日@未来食堂は、<フード・コミュニケーション・ラボ>をコンセプトに展開している通年のキッチン・プログラムです。


8)シンポジウム「Central East of Tokyoを振り返る。そしてNEXT」(未定)
Central East of Tokyo(CET)という大がかりな都市型コミュニティイベントが2002年から8年間にわたって継続的に開催されてきました。これまでCETによって空きビルや空き店舗が、クリエイター拠点に生まれ変わり、その後の流れではギャラリーやスタジオ、オフィス、ショップなど、新たなビジネス拠点も誕生してきました。空洞化した東東京をリノベーション事業によってCETは、この地域に多大な影響を与えてきました。今回、2010年をもって一段落したCETについて本格的に振り返り、今後の街の行方や次につながるCET以降の動向について、CETを牽引した当事者を交えて語っていくものです。

●日程調整中:3月2日~11日のうち1日
15:00~18:00 その後交流会 (予定)

●会場:Creative Hub131
●入場料:1000円  交流会(別途ドリンク&フード有料)
●パネリスト調整中

Art Autonomy Network [AAN]
住所:東京都中央区日本橋大伝馬町13-1“Creative Hub 131”2階
Tel&Fax: 03-6206-2767 E-mail:info@a-a-n.org URL: http://a-a-n.org/
※上記イベントの内容が変更がある場合があります。事前にご確認のうえお出かけください。
※上記スケジュールの詳細については、E-mailにてお問合わせください。
by a-a-n | 2012-01-03 10:18
<< 「ASAKUSA写真観光」写真... 新年になりました。 >>



オルタナティブと呼ばれるようなアートの活動をアート・アーカイブの構築などでネットワークしていく団体のブログです。
by a-a-n
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
藝術英語塾Art News ..
at 2021-09-09 18:06
KAB読書会「人工地獄」
at 2020-05-07 16:17
藝術英語塾2週間延期開催のお..
at 2020-03-26 15:25
藝術英語塾Art News ..
at 2020-02-22 14:58
藝術英語塾Basic Aga..
at 2020-02-22 14:47
カテゴリ
全体
サポートスタッフ
イベント
ドキュメント
アーカイブ作業
その他
活動歴
エデュケーション
リサーチ
大江戸町人アカデミー
展覧会
アートコミッション
未分類
以前の記事
2021年 09月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧