国際美術展「ダイアローグ」展の開催のお知らせ
English texts are following as below.

新春、AANは1月16日~3月16日にかけて大掛かりな国際展を開催します。「ダイアローグ」展と題された本展は、3回に分けて国内外のアーティストによる二人展となります。各回、海外作家と日本人作家の競演による新たな試みをどうぞお楽しみください。
 また、会場は、NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts(ニカと呼んでください)という新しいアートスペースです。
こちらもお披露目をかねて1月16日にグランドオープニングパーティを開催しますので、そちらもどうぞ気にかけてくださいね(ご招待者のみですので、あらかじめご了承ください)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
DIALOGUES展 ~ダブルスx3連続国際展~

2015年1月16日(金)-3月14日(土)
会場:NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
入場料:500円(全期パスポート)


国際現代美術展「DIALOGUES(対話)」は、国内外アーティスト6名による連続3期をふたり展とすることで、お互いのアイデアやスキルを活かしながら従来の作品とは異なる創造的領域を創出し、世界発信に向けたアートシーンを築いていきます。そのなかでは、いくつか新しい試みをしています。
―新しく出合った海外と日本のアーティストがダブルスを組んで展覧会を開催します。
―相互コミュニケーションを大切にした作品づくりを行います。
―アーティストの視点で考える「日本橋」がアート作品になります。
―いろんな人が関わることでひとつの展覧会になります。

■第1回展 2015年1月16日(金)-1月31日(土)「ひかりのまち」
シャーロット・マクグワン=グリフィン(イギリス・ベルリン) x 栗山斉(茨城)
■第2回展 2015年2月6日(金)-2月21日(土)「かわのまち」
 ジョン・ササキ(トロント) x 森田浩彰(東京)
■第3回展2015年2月27日(金)-3月14日(土)「はしのまち」
サム・ストッカー(イギリス・東京) x 近藤恵介(東京)

<展覧会情報>
◎各展覧会:10日間x 3会期
◎開館時間:水曜日~土曜日(週4日間)
11:00‐18:00 初回金曜日18:00‐20:00(オープニング・レセプション)
◎定休日:日曜日・月曜日・火曜日(週休3日間)
◎入場料:500円(全展共通パスポート/期間中は再入場可)
◎クロス・トーク(参加アーティスト x キュレーター):1,000円(全期パスポート付き)
※1月17日、2月7日、2月28日(全て土曜日16:00‐18:00)
★2015年1月16日(金) 18:00‐21:00 グランドオープニング・パーティ

●NICA住所:東京都日本橋大伝馬町13-1-PUBLICUS NIHONBASHI地下1階
●最寄駅:営団日比谷線小伝馬町駅から徒歩3 分/J R 総武線快速馬喰町から徒歩4 分/
地下鉄都営浅草線東日本橋駅から徒歩5 分/都営新宿線馬喰横山駅から徒歩4 分/      

主催:Art Autonomy Network[AAN]
協力:NICA: Nihonbashi Institution of Contemporary Arts, ㈱N Studio
後援:カナダ大使館、ブリティッシュ・カウンシル
助成:文化庁平成26年度文化庁優れた現代美術の海外発信促進事業
グレイトブリテン・ササカワ財団

<問い合わせ>
Art Autonomy Network [AAN]
住所:東京都中央区日本橋大伝馬町13-1, Creative Hub131-6F
Tel&Fax:03-6206-2767 E-mail:info@a-a-n.org

★第1回展 2015年1月16日(金)~1月31日(土)
第1回展「ひかりのまち」
16th Jan-31st Jan 2015,
Opening Reception: 16th January 2015
日本橋に降り注ぐひかりは、江戸時代に町中の日本家屋から仄かにこぼれていた障子のあかりでしょうか。それとも近代になってから繁華街に煌くネオンのあかりでしょうか。そんな風にシンプルに語れるわけではないのですが、時代を超えてひかりはそこにあることを伝えてくれるでしょう。
今回は、それぞれの作家が普遍的に活用しているネオン管と和紙のインスタレーションによる競演をお楽しみください。

Charlotte McGowan­Griffin(London/Berlin)
シャーロット・マクゴワン‐グリフィンは、ロンドンに生まれたイギリス人であり、ゴールドスミス・カレッジで修士を取得したのちベルリンを活動拠点にしています。1999年から紙の切り絵を中心に作品を制作しています。彼女にとって切り絵は、引き算や足し算といった矛盾を伴う創作といえるでしょう。それは、ときに切り落とす/剥ぎ取るといったネガティヴな表現と捉えていました。しかし、最近では「切り入れる」といった紙を取り込む工程として、より伝統的な技術を含む創作行為であると考えています。いまでは紙による大型のインスタレーションに変化してきています。

d0058440_17155693.jpg

d0058440_17161389.jpg


栗山斉(茨城)
Hitoshi Kuriyama(Ibaraki)
1979年 兵庫県生まれ。2011年 東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術領域博士後期課程修了 博士(美術)。
「無」と「存在」について作品制作を通じて探求。近年では「0=1」という独自の仮説を打ち立て、「無」と「存在」が同等であることを作品によって現象的に実証する試みを行っています。主な活動に、「宇宙の中の私の宇宙」eNarts(京都)、「data and vision」AKI gallery(台北)、「0, 1, and visions」Venice Projects(ベニス)、「第54回ベニスビエンナーレcollateral event Glasstress」ムラーノ島旧ガラス工場(ベニス)、「Drifting Images」BODA(ソウル)、「What Dwells Inside」S12 Galleri og Verksted(ベルゲン)など。http://hitoshikuriyama.blogspot.com

d0058440_1717148.jpg

d0058440_17171668.jpg


英文です。

“DIALOGUES”
Doubles x 3 parts exhibitions
16th January -14th March 2015
Venue : NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts

The International Contemporary Art Exhibition “DIALOGUES” is the three separated exhibitions by six emerging artists who are paired for each exhibition. By having two artists as a combination, it will encourage and challenge each artist to enhance his/her knowledge and skills to create one original program that will lead to global art scene. Through out the exhibition, we are having new challenges.
● Each exhibition is a combination program of two domestic and international artists who meet each other for the first time for this exhibition.

● Each exhibition is created based on communications between two artists.

● Each artist create new works to represent “Nihonbashi” through his/her perspective.

● The people who involves in each process create each exhibition.



Part 1: Friday, 16th Jan- Saturday, 31st Jan 2015,
“Light Town” (Hikari no Machi)
Charlotte McGowan-Griffin (Berlin/London) x Hitoshi Kuriyama (Toride)
16th Jan-31st Jan 2015,

What is the light you see in Nihonbashi?  Is it the dim light from Japanese paper screen in Edo era? Or is it the glittering neon lights in today? It is not so simple to talk about lights like that, but you make feel the existential lights throughout the ages in the history.
In this exhibition, you will enjoy the collaboration of art works using neon tubes and Japanese traditional paper.


Part 2 Friday, 6th Feb.- Saturday, 21st Feb 2015
“River Town” (Kawa no Machi)
Jon Sasaki (Toronto) x Hiroaki Morita (Tokyo)
6th Feb.-21st Feb 2015

The city of Edo was evolved and known as “river town”. There are Nihonbashi River and Kamejima River in Nihombashi area, and there are many disappeared rivers such as Sakura River and Shinkawa (river). Soon after the establishment of the Edo Shogunate, the rivers were maintained and used as water transportation where many merchant ships were going by. Those ships played important role to bring not only the merchandise but also culture and wealth to the area.
Having gone through the traumatic disasters such as earthquake and WWII, the rivers much changed as well as the city.
In the exhibition, two artists will collaborate to search the river and to shoot documentary videos cruising underwater by the self-controlled camera. See what happens……find something historical objects, so on ?


Part 3 Friday, 27th Feb.- Saturday, 14th March 2015
“Bridge Town” (Hashi no Machi)
Sam Stocker (England/Tokyo) x Keisuke Kondo (Tokyo)

The town name “Nihonbashi” is actually derived from the particular “bridge”. It is well known that the bridge was a starting point of five major routes (Godaikaido) since Edo era. The bridge has attracted many people and lots of artists depicted the bridge in their art works. It is obvious that the role of bridge, one of the forms of construction, is to connect and combine. And, in fact, it has connected and witnessed many people’s way in its history.


- Exhibitions : 10days each x 3 sessions / Wednesday thru Saturday (4days)

- Open hours : 11:00 – 18:00 (Opening reception : 18:00 – 20:00 on First Fridays

- Closed on Sunday, Monday, Tuesday

- Admission : 500yen (exhibition ticket valid for all sessions is given)

- Cross talk (artists x curators) : 1,000yen (500yen with exhibition ticket)

l January 17th, February 7th, February 28th (Saturdays from 16:00 to 18:00)

* Grand Opening Party : Friday, January 16, 2015, 18:00 – 21:00


■Charlotte McGowan­Griffin(London/Berlin)

Charlotte McGowan­Griffin is a British artist born in London. After earning Master degree at Goldsmith College, she has based in Berlin.
Paper cutting, a process of creation by subtraction, entails a paradox whereby form is usually delineated by what is removed or cut away – its negative counterpart. While She has worked with this medium/process since 1999, she has more recently focused on a process she calls “cutting in”, as opposed to the more traditional technique of “cutting out”. The technique rarely involves the removal of paper, and leads to large-scale sculptural works and installations, often temporal in nature.



Hitoshi Kuriyama(Ibaraki)

Hitoshi Kuriyama was born in 1979 in Hyogo, Japan. He earned a Ph.D. in Inter-Media Art from Tokyo University of the Arts (2011). In his works, he explores equivalency in conflicting ideas such as “existence” and “non-existence” or “creation” and “destruction,” and demonstrates them from a scientific perspective. He has theorized the hypothesis “0=1” and attempts to prove it through his works. He has participated in numerous exhibitions worldwide such as “data and vision” Aki gallery (Taipei), “0,1, and visions” Venice Project (Venice), “GLASSTRESS 2011” collateral event of the 54th Venice Biennale (Venice), “Drifting Images” BODA (Soul), and ”What Dwells Inside” S12 Galleri og Verksted (Bergen).

Organisation: Art Autonomy Network[AAN]
Supporters:NICA: Nihonbashi Institution of Contemporary Arts, N Studio Inc.
Sponsorship:Canadian Embassy, British Council, Tokyo
Subsidy: Cultural Affairs of Japan, Great Britain Sasakawa
[PR]
# by a-a-n | 2015-03-17 00:00 | 展覧会 | Comments(0)
”DIALOGUES”ダブルスx3連続国際展
DIALOGUES展 ~海外+日本ふたり展x3連続国際展~

2015年1月16日(金)-3月14日(土)
会場:NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
入場料:500円(全期パスポート)

AANは、日本橋に新しく開館したNICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Artsを世界水準のアートセンターにすべく新たな感性と斬新なメッセージ性を追求した国際展を企画します。21世紀におけるグローバル化が進行する文化芸術の世界において、真に国際的舞台で活躍できるアーティストを継続的にご紹介していくものです。今回は、「DIALOGUES」展として、国内外のアーティスト2名がダブルスを組み、プロセスを通して1つの展覧会を作り上げていく方法で3回連続に国際展を開催していきます。3つの展覧会は、本展キューレーター・嘉藤笑子(AAN)によって選出された国際派のアーティスト6名で、本展覧会を機会に初めて顔合わせていくことになりますが、新たな領域に向かうべくコミュニケーションをベースに進行していきます。

■第1回展 2015年1月16日(金)-1月31日(土)「ひかりのまち」
シャーロット・マクグワン=グリフィン(イギリス・ベルリン) x 栗山斉(茨城)

■第2回展 2015年2月6日(金)-2月21日(土)「かわのまち」
 ジョン・ササキ(トロント) x 森田浩彰(東京)

■第3回展2015年2月27日(金)-3月14日(土)「はしのまち」
サム・ストッカー(イギリス・東京) x 近藤恵介(東京)

<展覧会情報>
◎各展覧会:10日間x 3会期 水曜日~土曜日(週4日間)を開廊
◎開館時間:11:00-18:00 初回金曜日18:00-20:00(オープニング・レセプション)
◎定休日:日曜日・月曜日・火曜日(週休3日間)
◎入場料:500円(全展共通パスポート/期間中は再入場可)
◎クロス・トーク(参加アーティスト x キュレーター):1,000円(パスポート割引500円)
※展覧会期間の第1週目土曜日を基本とする。
★2015年1月16日(金) 18:00-21:00 グランドオープニング・パーティ
d0058440_0591215.jpg

d0058440_104613.jpg

[PR]
# by a-a-n | 2015-03-14 00:00 | 展覧会 | Comments(0)
NICAプレオープン企画緊急ミーティング「オルタナティヴを再考する!」
//////////
緊急ミーティング「オルタナティヴを再考する!」
//////////

d0058440_22322765.jpg


NICAという新しいスペースを開館するにあたり、
新たなアートの発信力について建設的な話し合いをしたいと思っています。

<スピーカー>
井出 玄(Boat People Association)
井上 文雄(CAMP)
嘉藤 笑子(Art Autonomy Network [AAN])
栗山 斉(アーティスト)
近藤 恵介(アーティスト)
Sam Stocker(アーティスト)
ミヤジマサユキ(アーティスト)
三木 優子(アーティスト)
森田 浩彰(アーティスト)
Wytske van Keulen(アーティスト)

日時|2014年11月15日(土)16:00~19:00
会場|NICA:Nihonbshi Institute of Contemporary Arts
(東京都中央区日本橋大伝馬町13-1 PUBLICUS地下1階)
定員|40名(予約不要) 参加費|500円(出入自由)
※会場にてドリンク&スイーツを廉価販売

主催|NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
協力|Art Autonomy Network[AAN]、CAMP

<アクセス>
東京都中央区日本橋大伝馬町13-1 PUBLICUS地下1階
http://publicus.jp/
・東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅から徒歩3分
・JP総武線快速「馬喰町」駅から徒歩4分
・都営新宿線「馬喰横山」駅から徒歩4分
・都営浅草線「東日本橋」駅から徒歩5分



NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Arts について
世界の魅力的なクリエイティブシティには必ず存在している、インデペンデントなアート&クリエイティブセンターを、東京にもつくることを目的に、 2014年11月14日いよいよプレオープン。2015年1月~3月 「DIALUGUES」2人展x3回連続国際展をグランドオープンとして開催することになっています。本プレイヴェントを皮切りに多彩なプログラムを開催 していきます。NICAは、日本橋という東京の中心地でわが国で紹介しなければならないアートと創造性を発信していきます。
http://publicus.jp/
投稿
[PR]
# by a-a-n | 2014-11-13 22:31 | Comments(0)
【AAキッチン】を一緒に盛り上げてください!インターン募集開始!
Art Autonomy Network[AAN]AAキッチン・インターン募集

興味のあるひとは、9月17日または24日(水)18時半~CreativeHub1313階にきてくださ~い。毎週水曜日は、【AAキッチン】の開催日になります。一緒に料理をしたり、集まったり、おしゃべりすると元気になれますよ!

アート・オウトノミー・ネットワーク[AAN]は、東京・日本橋【Creative Hub131】を拠点に活動しているアートNPOです。AANでは、私どもと一緒にアート・プログラムの実施をしていくインターンを募集しております。AANは、アーティストやアートプロジェクト/オーガニゼイションのアーカイヴ構築と並行して国際プロジェクトや、「芸術英語塾」などの教育プログラム、地域活性化プロジェクト(日本橋界隈・新潟県十日町市、徳島県神山町ほかの地域系イベント)、食の交流会など、さまざまな活動を実施しています。この度は、CreativeHub131を拠点にしてからずっと継続して開催している【AAキッチン】のインターンを募集します。食を介して人々とつないでいく事業ですので、コミュニケーションが得意なひと、調理やメニュー開発、イベント運営などに興味ある人にぴったりです。 現在、毎週水曜日夜間に開催しています。「つくる・たべる・かたづける」の総合プロセスをつなぐコミュニケーション・プログラムです。

d0058440_355716.jpg

<募集>
AAキッチン・インターン(若干名)
募集締切:10月31日
AANのE-mail(info@a-a-n.org)まで以下を明記のうえ送付してください。
名前:
所属(学生は学校名、会社名ほか):
連絡先(携帯電話・E-mail.):

希望者は、AAN事務局に直接にご連絡をください。応募要項を送らせていただきます。
採用は、応募書類と面談を経て決めさせていただきます。
住所:東京都中央区日本橋大伝馬町13-1
Creative Hub131 2階 
問合せ先:03-6206-2767
Email: info@a-a-n.org

条件:18歳以上、高校生不可。
   近隣居住者・経験者歓迎。
   人とコミュニケーションをすることが好きな人
   
待遇:無償(インターン生には優遇あり)
期間:即日~(可能な限り2013年3月末まで)
仕事内容:
・【AAキッチン】を中心にしたイベント運営
・食を介するコミュニケーション(国際ゲスト含む)
・メニュー開発、調理、片付けなど(キッチン作業全般)
・簡単な会計(収支・簡単な帳簿)
・ブログ、ホームページ更新(SNSなどの情報発信含む)
・イベント事業の運営(受付・会場設営・事務含む)
・ゲストやアーティストの対応(外国語のできるひと歓迎)
・ドキュメント(スチル、ビデオ撮影)
など

スキル(以下のできる方は歓迎します)
       ワード、エクセルを操作できる方
インターネットでの情報発信にたけている方。
グラフィック・デザインのできる方。
       映像・音響機器の操作ができる方。
コミュニケーション能力のある方
       外国語(英語ほか)ができるひと
※AANの活動に賛同・興味がある人
※自己管理ができるひと、モチベーションの高いひとを希望します。
※堅実で地味な作業にも打ち込める人
※イベント(準備を含む)や作業日(アーカイヴ/キッチン/清掃など)、定例会に参加できるひとを希望します。
※応募書類は、本目的以外には利用いたしません。
※AAキッチン以外の業務でもAANインターンを募集しています。水曜日は時間が取れないというひとは、こちらに応募してください。

■AANとは?
国内外のアートイニシアティヴ組織や活動の情報収集とアーカイヴを行っています。また、こうした自立型組織を運営している個人やアーティストたちと緩やかなネットワークを形成しています。国際的な芸術活動を支援していくためのプラットフォームを提供し、さまざまなコンテンツを創造しています。現在、キュレーターやアーティスト、研究者たちの集合体として運営しています。www.a-a-n.org

■Creative Hub 131とは?
AANは、クリエイターの共同ビルであるCreative Hub131の2階に事務所をシェアしています。本ビル内には、ファッションデザイナー、編集者、プロダクト・デザイナー、建築家、アーティスト、企業コンサルタント、ベンチャー農業家など様々な活動をしている人々や組織が同居しています。現在、ビル全体でのイベントが多発しています。

■NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Artsとは?
Creative Hub 131に隣接するビル「PUBLICUS」の地下にできたアートセンターの名称。AAN理事長嘉藤笑子が、同スペースにおいての企画の一端を担う。2015年1月~3月において、AAN主催の海外作家3名と日本人作家3名による二人展x3国際展を開催予定しています。同展覧会のインターンを募集しています。

■Art Autonomy Network[AAN]
Art Autonomy Network[AAN] 代表 嘉藤笑子
〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町13-1-2階“Creative Hub131”2階
Tel&Fax :03-6206-2767
E-mail: info@a-a-n.org, URL: http://www.a-a-n.org

■アクセス
JR馬喰町から徒歩4分、地下鉄 都営浅草線東日本橋駅から徒歩5分、都営新宿線馬喰横山駅から徒歩4分、営団日比谷線小伝馬町駅から徒歩3分。JR神田駅、秋葉原、浅草橋より徒歩15分程度
[PR]
# by a-a-n | 2014-10-31 23:58 | サポートスタッフ | Comments(0)
9月10日(水)AAキッチンはお休みです!
9月10日(水)のAAキッチンお休み!
9月17日(水)椿武による『芸術英語塾』体験談!
秋季講座の受講生募集中!この説明会に参加したひとは受講料から5000円キャッシュバックします!
9月24日『なじょも十日町by AAキッチン』2ヶ月ぶりのなじょも!
秋の味覚を引っさげて、堂々と再開します!
というわけで、ぜひ9月後半のAAキッチンにお越し下さい!
d0058440_10272443.jpg

[PR]
# by a-a-n | 2014-09-09 10:26 | Comments(0)
秋季講座「藝術英語塾2014」応募開始!
秋季講座「藝術英語塾2014」が始まります!!


Art Autonomy Network[AAN]では、秋季講座「藝術英語塾」をアーティストやキュレーター向け(A)「英語のプレゼンスキル」と一般教養向け(B)「World Art Tour(Heritage)」の2コースを開設します。講師陣は、国際的なアートの現場で活躍するアーティスト、キュレーター、ディレクターです。
(A)アートを通して英語を学び、英語を通してアートを学びます。海外留学やアーティスト・イン・レジデンス(AIR)といった具体的な目標に向けて実践的な学習を実現します。
(B)文化的な海外旅行を楽しむためにアート(美術館や世界文化遺産)を学び、熟知できるように英語力を高めていきます。
会場は、日本橋のクリエイターの集合体であるCreative Hub131のビルになります。 

d0058440_10124429.jpg
               

【例えばこんな人に最適なプログラムです】
◆アートが好き!英語も学びたい!と思っているひと
◆美術館や世界遺産を訪ねる海外旅行を予定しているひと
◆海外でたくさんアートに触れたいひと
◆海外留学を考えている方or予定しているひと
◆海外のアーティスト・イン・レジデンスに申請を予定or決定しているひと
◆国際展や海外アートフェアを予定or決定しているひと
◆アートを通じて自分を成長させたいひと

【講座日程・料金】
■Aコース: 2014年10月26日・11月9日・11月23日・12月7日・12月21日(前期)
2015年1月11日・1月25日・2月8日・2月22日・2月8日(後期)
隔週日曜日を基本とする。 全10回 各講座15:00-18:00
最終回は、受講生が英語による10分間のプレゼンを行います。
受講料: 32,500円(アーティスト・学生)※一般者も同額で受講が可能です。

■Bコース:2014年10月23日・11月6日・11月20日・12月4日
隔週木曜日を基本とする。全4回 各講座19:30-22:00
受講料:19,500円(一般)、17,000円(アーティスト・学生)

■A/B両講座受講の場合:特別割引をいたします。48,500円(一般・アーティスト)

■A/B会場:Creative Hub131 3階(日本橋大伝馬町13-1 3階「社員食堂」)
■募集定員:クラス12名 ※定員になり次第に締切りとなります。

◆会場:Creative Hub131 3階
〒103-0011
東京都中央区日本橋大伝馬町1 3-1-B1
最寄駅:営団日比谷線小伝馬町駅から徒歩3 分
J R 総武線快速馬喰町から徒歩4 分/
地下鉄都営浅草線東日本橋駅から徒歩5 分
都営新宿線馬喰横山駅から徒歩4 分/

MAP: http://1x3x1.jp/

<プログラム内容>
A【アーティストのプレゼンスキル】
1.オリエンテーション:ゴール設定/英語力判定/自己紹介から始める。
2.英語によるワークショップやミニテストを体験する。
3.世界の美術動向について英字新聞や文献などからアートシーンを読み解く。
4.留学・AIR・助成金の申請書の書き方とインタビューを実践する。
5.スラスラE-mailでコミュニケーションを行う。
6.英語ディスカッションで意思疎通の方法を学ぶ。
7.自分の作品やプロジェクトをしっかり伝える英語を学ぶ。
8.人前で英語によるプレゼンテーションを実践する。

B【World Art Tours; 世界遺産】
1.「アブ・シンベル宮殿」(エジプト)
2.「ヴェネティア水上都市」(イタリア)
3.「ムゼウムスインゼル:博物館島」(ベルリン)
4.「アントニ・ガウディ建築群」(バルセロナ)
*英語力を向上するワークショップやミニテストなどを取り入れます。
*世界の美術動向や文化遺産について英字新聞や文献から読み解いていきます。
*英語を活かしたホームワークでアートをより深く理解していきます。
*リーディング・スピーキング・ヒアリング・ライティング・ボキャブラリーなどを総合的に学びます。

◆チューター方式
受講生が対面授業と個人個人のスキルに合わせた成長型の学習方法(tutor style)を取り入れていきます。受講生の英語能力に差異があっても、授業の過程で個々の学習状況に合わせてフレキシブルに対応していきます。これまでの英語教育には見られない相互コミュニケーションを重視して進行していきます。毎回、簡単なホームワークを出して常時英語に触れる機会を増やしていきます。

d0058440_10122054.jpg


《講師》
A【井出玄 / Gen Ide】チューター
英語コミュニケーション・ラボディレクター ロンドン芸術大学CCWカレッジおよびLondon College of Fashion国際事業担当。大学では日本企業との国際産学連携プロジェクトを担当。日本の大学卒業後、米国の大学院で建築学修士。ゼネコン、地域振興シンクタンクなどを経て現職。内閣府国際青年育成交流事業(皇太子殿下ご成婚記念事業)日本派遣団副団長。

A/B【嘉藤笑子 / Emiko Kato】チューター 
Art Autonomy Network[AAN]ディレクター・キュレーター。1992-1993ロンドンシティ大学博物館美術館運営学修士(MA)取得。1994年Fruit Market Gallery(エディンバラ) 館長アシスタント。「美術手帖」英国特派員、テレビ番組「ロンドンアートリポート」コーディネター。帰国後は、インディペンデントな展覧会企画、アートプロジェクトを実施。書籍、情報誌、新聞など執筆多数。

A【栗山斉/Hitoshi Kuriyama】チューター
アーティスト 大阪教育大学教育学部教養学科文化研究専攻欧米言語文化(英語)コース卒業。同大学在籍中にロンドンに留学、日本語教育を学ぶ。東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術領域博士後期課程修了 博士号(美術)取得。現在、同大学助手として勤務。元中学校英語講師。国内外での展覧会やAIRプログラムなどに多数参加。
http://hitoshikuriyama.blogspot.com

A【ピーター・ベラーズ/Peter Bellars】 チューター/コメンテーター
日本在住28年の英国人アーティスト。コンセプチュアルでユーモア溢れる作品を制作している。教育システムからセックス産業まで、幅広いテーマを時にブラックユーモアを交えて扱う。これまで個展を6回開催し、参加した展覧会も多数。主な個展に「Par for the Course」「The Path to Understanding」、グループ展に「秋葉原TV1,2,3」「Sex and Consumerism. Contemporary art in Japan」などがある。また、アサヒイブニングニュースに美術批評を6年間寄稿。都内の大学で多数講座を持ち英語を教えている。

【お問合せ/お申込み方法】
E-mail(info@a-a-n.org)またはFax(03-6206-2767)にて。
お申込後に、事務局より詳細をご連絡いたします。件名に「芸術英語塾」と明記してください。
①名前、②連絡先(電話・携帯番号・E-mail)、③コース名A/B、④特別割引(両コース受講)
※アーティスト申請する場合は、事前に最新ポートフォリオの提出が必要です(簡単な審査を行います)。詳細について連絡するため希望者は必ずその旨を明記してください。
※講義内容や講師について、やむを得ず変更や中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※本プログラムは、振込終了後に受付完了となります。
※A・Bコースのなかでは、スナックやお茶をご用意いたします。
※参加対象:英語レベルは初心者から~中級者まで、海外旅行未経験者歓迎。

■お問合せ/お申込み方法
E-mail(info@a-a-n.org)またはFax(03-6206-2767)にてお申込みいただいた後に、振込先をご連絡いたします。振込終了後に受付完了となります。

Art Autonomy Network[AAN]
〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町13-1-2階“Creative Hub131”内
E-mail: info@a-a-n.org, URL: http://www.a-a-n.org
[PR]
# by a-a-n | 2014-09-09 10:11 | Comments(0)
8月27日(水)AAキッチンは休業です!
8月27日(水)のAAキッチンはお休みです。
いつも楽しみにしていただいている方々ごめんなさい!

8月の「なじょも十日町 by AAキッチン」を楽しみにしていてくれた皆様ごめんなさい。実際に十日町まで「へぎ蕎麦」を食べに行っちゃいます!
《十日町・津南:越後妻有リサーチ&鑑賞ツアー》
26日泊(1泊2日)の現地集合&解散だったら、行けますよ~。
もし、参加したい方は、24日までに連絡してくださいね。

d0058440_7205389.jpg

今回は、「なじょも十日町」を企画しているBabさんが現地で活躍なさっている地元の方々とのトークの機会を沢山用意しています。また、空き家や古民家の見学もあります。
日程:8/25〜27の日程
内容:十日町と津南の自然、古民家、施設、芸術作品などを巡り、リサーチ・鑑賞し、そして、James Turrellの光の館にも泊まるツアー。

8/25
バスまたは新幹線にて、11:00に越後湯沢到着。ピックアップ。
リサーチ・鑑賞スタート。
うぶすなの家、キナーレ、十日町博物館、空き家など
農家民宿泊

8/26
朝からリサーチ・鑑賞
宝泉寺、棚田、カールベンクスアソシエイツ、農舞台、古民家
光の館泊
花火鑑賞

8/27
リサーチ・鑑賞
なじょもん、ジオパーク、サンベリー、白羽毛
夕方十日町を出発、六日町もしくは越後湯沢からバスまたは
新幹線にて各自移動

往復高速バス利用の場合、
 費用 25,700円程度
 (宿泊費と東京の往復の交通費と現地での交通費と
  "大地の芸術祭の里 2014夏のパスポート代を含めた金額。
  食費・温泉等は別途)
[PR]
# by a-a-n | 2014-08-27 23:59 | リサーチ | Comments(0)
AA Kitchen シンガポールのアートの現場より:ヴィンセント&レン夫妻を迎えて
8月20日(水)のAAキッチンは、シンガポールからゲストを迎えて、インターナショナル・アジアンフードです。
アーティスト夫婦のおはなしと《遠足プロジェクト》でお馴染みの武谷大介氏に《遠足プロジェクト・アジア》という新しい展開についてもお聞きしましょう。

d0058440_972143.jpg


アートでいっぱいのエスニックナイトを一緒に過ごしましょう♫

「シンガポールのアートの現場より:ヴィンセント&レン夫妻を迎えて」

8月21日〜9月7日まで開催される『新宿クリエーターズフェスタ2014』にて旗揚げされる『遠足プロジェクト・アジア』参加アーティストであり、シンガポールで活動しているヴィンセント&レンご夫妻をゲストとしてお招きして、彼女たちの作品紹介とシンガポールの現代アートシーンについて語るひとときをぜひこの機会にお楽しみください。

【アーティストについて】
ツワージック・チン・チョー・レン(Twardzik Ching Chor Leng)は、既存のアートスペースの常識を超えたアートの可能性に興味を持っている。ステンレススチール、アクリル板、木材、商業用に大量生産されている家庭用備品などを使用した現代の建築の要素が彼女の作品の土台になっている。彼女の作品は、ショッピングモール、会社のオフィス、カフェ、地下道などに設置されることにより、一般市民が関わるような仕組みになっている。彼女は、ヨーゼフ・ボイスの言った「誰もがみなアーティストだ」という理念に強く共感している。http://www.twardzikching.com/

ヴィンセント・トァージック・チン(Vincent Twardzik Ching)は、ペインターである。彼は、目に留まるような表現ではなく、むしろ時間の経過とともに、ある意味自然と同じように、内面に響く作品とは何かを考えている。自然豊かな環境で育った影響もあり、微妙にトロピカル的、あるいはガーデン的さを感じさせる作品を発表している。それは、彼の制作の場でもあり、存在場所でもあるのだ。

日時:2014年8月20日(水)19:30-22:30
会場:Creative Hub131 3階
料金:1,000円(Food付き)、アルコール別途
住所:東京都中央区日本橋大伝馬町13-1
*参加予定のかたは、いいね!および予定にクリックしてくださいね。

<おおよそのメニュー>
    アジアン・エスニックを中心に
    夏野菜チャーハン
    チキンビーフン
    アジアン・スパイシー・サラダ
    フルーツポンチ
     ほか

アルコール:ハーブ・カクテル
       発泡酒、ワインほか
ソフトドリンク: きゅうり水やハーブティなど

<会場までのアクセス>
〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町13-1
* JP総武線快速馬喰町から徒歩4分
* 都営浅草線東日本橋駅から徒歩5分
* 都営新宿線馬喰横山駅から徒歩4分
* 日比谷線小伝馬町駅から徒歩3分
他、JR神田駅、秋葉原、浅草橋より歩いて15分程度

AAN: http://a-a-n.org/
Creative Hub 131 http://www.1x3x1.jp/

【遠足プロジェクトアジアとは?:Field Trip Project Asia】

遠足プロジェクトは、被災地への支援物資で未使用だったランドセルをアート作品化し、全国を巡回しながら支援の気持ちを繋ぎ、町の課題と向き合いながらネットワークを構築する移動式小型美術館です(現在カナダ巡回中)。

近年、世界各地にて様々な自然災害が引き起こされていますが、国際都市新宿から新たにアジア各国で活躍しているアーティスト達と遠足プロジェクトアジアを立ち上げ、様々なアジアの課題に目を向けて行きます。

http://fieldtrip.info/

第一次参加予定アーティスト:
イルワン・アーメット(インドネシア)、ニコラ・アンソニー(イギリス/シンガポール)、ヴィンセント・ツワージック・チン(シンガポール)、ステラ・リム・チ・ツェ(シンガポール)、アデレーン・デイザー(シンガポール)、ダニエラ・デルトラニ(シンガポール)、ペドロ・イノウエ(ブラジル)、川久保ジョイ(日本)、ユーリック・ラオ(シンガポール)、ジャスティン・リー(シンガポール)、ツワージック・チン・チョー・レン(シンガポール)、パリバルタナ・モハンティ(インド)、エッザム・ラーマン(シンガポール)、ティタ・サリナ(インドネシア)、ユージーン・ソー(シンガポール)、武谷大介(日本/カナダ)、ドゥドゥ・ツダ(ブラジル)、山本良浩(日本)、アンディー・ヤン(シンガポール)

Participating artists(stage 1):
Irwan Ahmett(Indonesia), Nicola Anthony(England/Singapore), Vincent Twardzik Ching(Singapore), Stellah Lim Chii Cze(Singapore), Adeleine Daysor(Singapore), Daniela Deltlani(Singapore), Pedro Inoue(Brazil), Yoi Kawakubo(Japan), Urich Lau(Singapore), Justin Lee(Singapore), Twardzik Ching Chor Leng(Singapore),Paribartana Mohanty(India), Ezzam Rahman(Singapore), Tita Salina(Indonesia), Eugene Soh(Singapore), Daisuke Takeya(Canada/Japan), Dudu Tsuda(Brazil), Yoshihiro Yamamoto(Japan), Andy Yang(Singapore)
投稿
[PR]
# by a-a-n | 2014-08-20 23:59 | Comments(0)
7月30日AAキッチン・スペシャル企画『くるみの部屋ミーティング』
d0058440_10354937.jpg

AAキッチン・スペシャル企画『くるみの部屋ミーティング』
アーティスト・山内崇嗣のアートストーリー。

山内崇嗣は、愛知県美術館で『くるみの部屋』(2014年4月17日~6月8日)と題された個展を開催しました。
展覧会『くるみの部屋」とは、胡桃にまつわる、自然、製造業、開催地である愛知県の地域について調査と記述の発表をしたものです。
胡桃のようなありふれたものでも、いろいろな角度から見渡せば、そこに知的な想像力や話題が存在し、それを基にアーティストが独自の調査や実験を繰り返した研究成果でした。
そこには、絵画や彫刻、陶芸作品、フローチャート、フィールドワークなど様々な断片が散りばめられ、アーティストが胡桃を通して社会とアート作品をつないでいくプロセスを提示したものでした。この展覧会で登場した胡桃のように、山内崇嗣が現代社会のなかでアートについてどのような観察と発見を試みているのか、アーティストの視点を通して今日の芸術を洞察していくスタディプログラム。

日時:2014年7月30日(水)19:30-22:30
会場:Creative Hub131 3階
料金:1,000円(Food付き)、アルコール別途
住所:東京都中央区日本橋大伝馬町13-1

*参加予定のかたは、いいね!および予定にクリックしてくださいね。


d0058440_10362877.jpg



<おおよそのメニュー>
     くるみパン(各種)のカナッペ
     胡桃入りチキンソテー
     夏野菜のサラダ
     ナスの味噌炒め
     ほか
※メニューは当日になって変更がある場合があります。ご了承ください。

アルコール:胡桃酒カクテル
       発泡酒、ワインほか
ソフトドリンク: きゅうり水やハーブティなど

<会場までのアクセス>
〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町13-1
* JP総武線快速馬喰町から徒歩4分
* 都営浅草線東日本橋駅から徒歩5分
* 都営新宿線馬喰横山駅から徒歩4分
* 日比谷線小伝馬町駅から徒歩3分
他、JR神田駅、秋葉原、浅草橋より歩いて15分程度

AAN: http://a-a-n.org/
Creative Hub 131 http://www.1x3x1.jp/

d0058440_10365537.jpg

~~~~~~~~~~~アーティストからのコメント~~~~~~~
やまうちです。愛知県美術館 APMoA Project, ARCH vol. 9 山内崇嗣 「くるみの部屋」の企画について、自分なりに能力を尽くし精一杯伝わるように手がけた展覧会で、ある程度の達成感もあります。
この展覧会について大きく二つの狙いを考えました。

一つ、話題のアプローチについて。県立の公共的な美術館での展示企画ということもあり、自分が一般のお客様を集客出来るアーティストと自負はしておらず、そのような環境で、どのような作品や事柄を用意して、様々なお客様に満足していただける作品や企画作りを考えました。
そのうえで、なんとなく知ってること、お住まいの郷土や、なじみある植物について再発見できるようなアプローチづくり、ちょっとした知的関心が深まるような展覧会作り。なるべく敷居が低く理解しやすい展覧会作りをおこなう。

二つ、芸術的な話題。様々な技術や密度の違う作品を等価に扱い、一つの世界観を作ること。展示されてた作品は、20年ぐらい前の自分なりに古い作品や、美術館で瞬時に作ったもの、長い時間かけて作ったもの、高価な素材の作品、安価な素材の作品がありました。そういう上で、自分なりの世界観をまとめるキー作りに苦心しました。それが、作品のモチーフや、描き方、素材の扱いに影響していきました。
現在の我々は、何かを理解したいとして、検索で瞬時に理解できることと、長い間観察してやっと理解できることも、同時にあると感じています。そういう物の知り方が大事で面白いと思うとき、ものの作られ方も何か変わってくる影響してくると感じています。そういうことを伝えられる展覧会づくりがしたいなと思いました。
しかし、そういうことは、なぜ重要で?どんなふうに制作して?どのくらいの方に?どのように受け取られたか?想像すると可成り難しいこととも感じますが、自分には、それを行う必要はあると考えました。
[PR]
# by a-a-n | 2014-07-30 23:59 | Comments(0)
冨井大裕展『繊維街 日本橋』@NICAいよいよ開始!
冨井大裕個展 Motohiro Tomii Solo Exhibition
『繊維街 日本橋』 Fabric Town in Nihonbashi
名古屋・長者町と東京・日本橋の繊維街を結ぶ既製品衣服を使った彫刻作品。
Three dimensional works by Motohiro Tomii, an artist using ready-made fabric cloths which are purchased in the two different fabric towns between Chojamachi, Nagoya and Nihonbashi, Tokyo.
d0058440_9313671.jpg


「繊維街 日本橋」The Fabric Town in Nihonbashi
冨井大裕個展 

このたび、Art Autonomy Network[AAN]は、NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Artsの開館準備プログラムとして冨井大裕個展『繊維街 日本橋』を開催いたします。本展は、2013年に名古屋市長者町にあるN-Markギャラリーで開催した「繊維街」の姉妹展という位置づけになります。展覧会タイトルに付けられた『繊維街』は、東京と名古屋に現存する“繊維街”から名づけられました。本展は、冨井作品を通してふたつの地域をつなぎ相互交換しながら交流していく構造を包含しています。
 『繊維街 日本橋』は、東京を拠点に活動している冨井が、ふたつの繊維街で手に入れた既製服を用いた作品展になります。作家は、これまでも「衣服」を活用した作品を制作していますが、その多くは既製品である洋服や小物であり、実際にアーティストが着用していた衣服も含まれています。今回は、基本的な手の作業によって、もともとの服のかたちを変容させながら、新しいかたちを追求する作品になります。
 歴史と文化を誇る日本橋が都市再生を試みているように、新アートセンターの幕開けにふさわしく、アカデミックな視座を保ちながらラディカルな手法と構造をもつ造形表現で知られる冨井大裕の東京初公開の作品をご覧いただきたく思います。

日時:2014年5月25日~6月14日(水曜日~日曜日)12:00-19:00
定休日:月曜日・火曜日(ただし6月8日(日)は休館、最終日18:00まで)
   
会場:NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町1 3 - 1 PUBLICUS地下 
入場無料

<アクセス>
最寄駅:営団日比谷線小伝馬町駅から徒歩3 分
J R 総武線快速馬喰町から徒歩4 分/
地下鉄都営浅草線東日本橋駅から徒歩5 分
都営新宿線馬喰横山駅から徒歩4 分/

Date:25thMay-14th June 2014, 12:00~19:00
Venue: :NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
Address: 13-1 Basement PUBLICUS, Odenmacho Nihonbashi, Chuo-ku, TOKYO
Admission Free

[関連イベント]
①「くされ市」
江戸時代から続く”べったら市”のオリジナル名を復活させて、地域の新しいお祭りとしてブロック・マーケットを開催します。Creative Hub131のブースもあります♪
日時:5日25日(日)11:00-19:00 
会場:日本橋大伝馬町恵比寿通り特設会場ほか
主催:べったら市地域振興会
※イベント情報・MAPをNICAにて配布します。

②AANクリエイション・クロストーク
日時:6月1日(日)15:00-17:00
冨井大裕(アーティスト)x 塩田純一(新潟市立美術館館長)
ナビゲーター:嘉藤笑子(本展キュレーター)
入場料:1000円
定員:30人
会場:NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts

主催: Art Autonomy Network[AAN]
企画・制作:Art Autonomy Network[AAN]
協力:ユミコチバアソシエイツ、㈱N-Studio
d0058440_9321515.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<冨井大裕プロフィール>
1973年新潟県生まれ、東京都在住。既製品に最小限の手を加えることで、それらを固定された意味から解放し、色や形をそなえた造形要素として、「彫刻」のあらたな可能性を模索する。近年の参加展覧会に、「横浜トリエンナーレ2011」(横浜美術館、2011年)、「MOTアニュアル2011」(東京都現代美術館、2011年)、「水と土の芸術祭2012」(万代島旧水揚場、新潟、2012年)、「マンハッタンの太陽」(栃木県立美術館、2013年)など。また、2008年よりアーカススタジオにて、作品が朽ちるまで続く実験的な個展「企画展=収蔵展」を開催、Twitterにて毎日発表される「今日の彫刻」などと併せ、既存の展示空間や制度を批評的に考察する活動でも注目を集める。

Motohiro Tomii,Born in Niigata in 1973, He is currently living in Tokyo. He adds a minimum touch to the ready-made objects in order to release the object from the fixed definition then explore new possibility of "sculpture" which holds color or shape as a formative element. For him, creating artwork is “a quest for a quality of incomprehensibleness.” He aims to reflect this into his creativeness. Recent major exhibitions include; Manhattan in Pinhole – Thermodynamics of the Sun, Tochigi Prefectural Museum of Fine Arts (2013), Water and Land – Niigata Art Festival 2012, Bandaijima site, Niigata (2012), MOT Annual 2011, Museum of Contemporary Art Tokyo (2011), Yokohama Triennale 2011, Yokohama Museum of Art (2011). Since 2008, he has been holding this solo exhibition, Special Exhibition = Permanent Collection Exhibition at ARCUS Studio in Ibaraki, in which he carries out the experimental show that is not finished until the work rust away. Along with everyday-updated Today's sculpture series on his Twitter, he works as a critic to consider the existing exhibition space or system.
 
■嘉藤笑子Emiko Katoプロフィール
Art Autonomy Network[AAN]ディレクター/キュレーター。日本橋大伝馬町のクリエイター集合体”Creative Hub131"に拠点を置き、多種多様なアート事業を展開し、国内外のアートネットワークを手掛ける。沖縄、横浜、東京・向島など地域のなかのアートプロジェクトを数多く手掛けている。向島学会理事(2005年~)/神山アーティスト・イン・レジデンス(徳島県神山町)の評価委員(2006年~)継続中。著書・訳書・カタログ執筆など多数。現職は、跡見学園女子大学/武蔵野美術大学兼任講師。http://a-a-n.org/

Emiko Kato,Director/Curator of Art Autonomy Network[AAN], currently working on the lecturers of Atomi University, and Musashino Art University. She starts AAN in 2005, and been organizing the variety of art events and building up the network among abroad and domestic art groups and individuals, and archiving the materials for the diversity of art activities at Creative Hub131 in which AAN office is based. She has been making the community based art projects in the different regions; Okinawa, Yokohama, Mukojima in Tokyo, etc. A Member of Association of Mukojima studies (2005-), Member of Evaluation committee for Kamiyama Artists in Residence(2006-).

■塩田純一プロフィール
1950年東京生まれ。東北大学文学部大学院修士課程美学・美術史学専攻修了。栃木県立美術館、世田谷美術館主任学芸員、東京都現代美術館学芸部長、東京都庭園美術館副館長、青森県立美術館美術統括監を経て、2011年から新潟市美術館長。美術評論家。2012年から、愛知県立芸術大学客員教授、多摩美術大学客員教授。1999年ヴェネチア・ビエンナーレ日本館コミッショナーを務める。主な展覧会企画に、「デイヴィッド・ナッシュ 樹のいのち 樹のかたち」(1984)、「イギリス美術は、いま」(1990)、「都市と現代美術 廃墟としてのわが家」(1992)、「リアル/ライフ イギリスの新しい美術」(1998)、「ギフト・オブ・ホープ」(2000)、「アルフレッド・ウォリス」(2007)、「舟越桂 夏の邸宅」(2008)、「ニイガタ・クリエーション‐美術館は生きている」(2014) など。著書に「イギリス美術の風景」(ブリュッケ、2007)。

Profile
Junichi Shioda, born in 1950 in Tokyo, Japan, is an art critic, and is currently the director of Niigata City Art Museum since 2011. He has been a visiting professor at Aichi Prefectural University of Fine Arts and Music and Tama Art University since 2012. He worked for the Tochigi Prefectural Museum of Fine Arts and the Setagaya Art Museum as a Curator. He was a Chief Curator at the Museum of Contemporary Art, Tokyo, an Assistant Director at the Tokyo Metropolitan Teien Art Museum, and an art director general at the Aomori Museum of Art. He was a commissioner of the Japanese section in the Venice Biennale in 1999. His representative works of the exhibitions were “Niigata Creation- Museum in Motion” in 2014, “Summer Villa:The Sculpture,Drawings,Prints of Katsura Funakoshi in Art Deco Space” in 2008, “Alfred Wallis” in 2007, “The gift of hope” in 2000, “Real Life/New British Art” in 1998, “The Urban Environment and Art in Japan My Home Sweet Home in Ruins” in 1992, “British Art Now:A Subject View” in 1990, and “David Nash Ki no inochi, Ki no katachi ” in 1984. His book, “The Scene of British Art,” was published in Bruecke in 2007. He earned Master of Arts Degree in aesthetic and art history from the faculty of arts and letters, Tohoku University.
[PR]
# by a-a-n | 2014-06-14 19:00 | Comments(0)



オルタナティブと呼ばれるようなアートの活動をアート・アーカイブの構築などでネットワークしていく団体のブログです。
by a-a-n
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
AAN@協働ステーション中央..
at 2017-11-15 14:54
「藝術英語塾の放課後ゼミ v..
at 2017-10-06 15:51
三者視点!「ドイツ芸術祭:ミ..
at 2017-08-06 23:55
HISスタディツアー「3都市..
at 2017-07-30 15:16
アートニュース・リーディング..
at 2017-05-28 23:59
カテゴリ
全体
サポートスタッフ
イベント
ドキュメント
アーカイブ作業
ポートフォリオミーティング
その他
活動歴
エデュケーション
リサーチ
大江戸町人アカデミー
展覧会
アートコミッション
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
検索
最新のコメント
スペインのプラド美術館に..
by desire_san at 23:17
イラストは、Vectcu..
by a-a-n at 15:55
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書の書き方 at 14:02
受講参加希望します。第5..
by 吉筋和子 at 16:02
受講参加希望します。第5..
by 吉筋和子 at 16:01
朝子様>メッセージ、あり..
by a-a-n at 20:18
こんにちわ。 4月に満..
by ASAKO at 14:45
とても魅力的な記事でした..
by 株のポートフォリオ at 16:36
あけましておめでとうござ..
by スタービーチ at 10:33
賢く利用すれば絶対お得な..
by ペニーオークション at 14:04
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧