<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
2月~3月インターン/ボランティア急募
AANでは、私どもと一緒にアートプロジェクトの実施をしていくインターンやボランティアを募集しております。AANは、アーカイヴ構築と並行して国際展(Drifting Images日韓写真交流展を2月24日~3月10日実施)、地域活性化プロジェクト(日本橋界隈の地域系イベント「アートシンクロ展」3月2日~11日)、食や人を介してつながる交流事業<フード・コミュニケーション・ラボ>など、さまざまな活動を実施しています。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

<募集>
インターン生(5名程度)
ボランティア(10名程度)
募集締切:2012年3月11日まで随時
AANのE-mail(info@a-a-n.org)まで以下を明記のうえ送付してください。
件名に「スタッフ募集について」と入れてください。
名前:
所属(学生は学校名、会社名ほか):
連絡先(携帯電話・E-mail.):
インターンかボランティアか希望を書いてください。

希望者は、AANインターン/ボランティア説明会にご出席ください。
2012年1月29日(日)と2月4日(土)14:00~16:00
※その後、実際の活動ミーティングがあります。(自由参加)
会場:東京都中央区日本橋大伝馬町13-1
Creative Hub131 2階 AAN事務所にて
問合せ先:090-6023-3313(嘉藤)
Email: info@a-a-n.org

条件:18歳以上、高校生不可。
   近隣居住者・経験者歓迎。
   アートプロジェクト・展覧会運営に興味があるひと、
   国際交流、文化交流、フードコミュニケーションに興味があるひと。
   地域・ひと・アートを結ぶことが好きな人。
   詳細は面談時に説明。
待遇:無償(インターン生には優遇あり)
期間:随時~(可能限り2012年3月末まで)
仕事内容:
・広報・記録
・ブログ、ホームページ更新(ツイッターなでの情報発信含む)
・イベント事業の運営(受付・会場設営・事務ほか)
・展覧会の準備、監視業務など
・ゲストやアーティストの対応(英語・韓国語できるひと歓迎)
・ドキュメント(スチル、ビデオ撮影)
など

スキル(以下のできる方は歓迎します)
ワード、エクセルを操作できる方
インターネットでの情報発信にたけている方。
グラフィック・デザインのできる方。
       映像・音響機器の操作ができる方。
コミュニケーション能力のある方ができる人
       外国語(韓国語・中国語・英語ほか)ができるひと

※自己管理ができるひと、モチベーションの高いひとを希望します。
※イベント準備、開催日程に参加できるひとを希望します。
※応募書類は、本目的以外には利用いたしません。
※ボランティアは、1日のみの参加から受け付けます。

■AANとは?
国内外のアートイニシアティヴ組織や活動の情報収集とアーカイヴを行っています。また、こうした自立型組織を運営している個人やアーティストたちと緩やかなネットワークを形成しています。国際的で自律的な芸術活動を支援していくためのプラットフォームを提供し、さまざまなコンテンツを創造しています。現在、キュレーターやアーティスト、研究者たちの集合体として運営しています。

■Creative Hub 131とは?
AANは、クリエイターの共同ビルであるCreative Hub131の2階に事務所をシェアしています。本ビル内には、ファッションデザイナー、編集者、プロダクト・デザイナー、建築家、アーティスト、企業コンサルタント、ベンチャー農業家など様々な活動をしている人々や組織が同居しています。現在、ビル全体でのイベントが多発しています。URL:www.1x3x1.jp

■Art Autonomy Network[AAN]
Art Autonomy Network[AAN] 代表 嘉藤笑子
〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町13-1-2階“Creative Hub131”2階
Telephone :03-6206-2767
E-mail: info@a-a-n.org, URL: http://www.a-a-n.org

■アクセス
JR馬喰町から徒歩4分、地下鉄 都営浅草線東日本橋駅から徒歩5分、都営新宿線馬喰横山駅から徒歩4分、営団日比谷線小伝馬町駅から徒歩3分。JR神田駅、秋葉原、浅草橋より徒歩15分程度
[PR]
by a-a-n | 2012-01-24 22:06 | Comments(0)
『ASAKUSA写真観光』 写真ワークショップ 2日目
昨日に引き続き、ワークショップ2日目です。
2日目の今日は実際に写真を撮る作業に移りました。

10時から始まり、
30分間の説明の後、いざ!ASAKUSA写真観光へ!

天気は曇り空、外にいるのが少し辛い気温でした。
みなさんいい写真撮れたでしょうか。

お昼が過ぎ、みなさんぽつぽつ戻ってこられました。
下の写真は中里さんが過去にやられたワークショップのポストカードです。
d0058440_20375296.jpg


そろそろ、好評会の準備です。
先生の横にいらっしゃるのは助手の方です。
SDカードを頂き、撮影データをパソコンに入れていきます。
d0058440_20451528.jpg


好評会です。
お1人お1人と今日の撮影のポイントを振り返りながら、
中里さんは写真の中にあるその人の「ライン」を提示していきます。
同じものを撮っていても、それぞれ切り取り方が全く異なりました。

「行ってみて出会ったものを撮る人。」
  「ドキュメンタリー目線で撮る人。」
「人の手がどこかに入っている人。」
  「観光地からもれていくような建物を撮る人。」

いろんな人の写真を見ていると
観光地だけではないASAKUSAの新しい顔が見えてきました。
d0058440_20554336.jpg


「何を撮っていいかわからない。」
「なんとなく撮ってみた。」

こんな風に、
制限枚数を大幅にこえて集まった沢山の写真が
中里さんの見事な好評によって
8枚のポストカードへつながっていきます。
d0058440_21165027.jpg

シャッターを上げると
外も真っ暗でした。
長丁場の1日大変お疲れ様でした。

次回は来月の18日です。
時間がたっぷりあるので、
もう1度浅草に足を運んでみてはいかがでしょうか。


(もりもと)



【次回詳細】

●第3日目「ポストカードでメールアートをしよう!!」メールアートと講評
日程:2012年2月18日(土)15:00-18:00
会場: [AAN]東京都中央区日本橋大伝馬町13-1-2階〝Creative Hub131”
第3日目は、各自が制作した8枚組ポストカード(97㎜x145㎜)を持参し、講評会を行います。そして、ソウルで制作したポストカードと東京で制作されたポストカードが、往復書簡となって往来します。それが、二つの都市をつなぐ旅する作品(メールアート)となります。さらに制作したポストカードの展覧会(会場:マキイマサルファインアーツ)についてガイダンスを行います。当日は同ビル内で18:00~21:00において、日韓交流事業の一環で、韓国作家2名を迎えて交流会を行います。

●「ASAKUSA写真観光」の展覧会を完成しよう!! 展覧会と交流会イベント
日程:2012年2月24日(金)~3月10日(土)(一部6日まで)
会場:マキイマサルファインアーツ、Art Lab AKIBA(二会場)
※上記展覧会の全日程に参加する必要はありません。詳細は、授業内で説明します。
講師:中里和人が出品する〝Drifting Images日韓交流写真展″会場の一部に自分たちのポストカードを特別に展示します。ポストカード展示や展覧会運営について、実際に学びながら観客・受講生・参加アーティストたちが交流していきます。
[PR]
by a-a-n | 2012-01-15 20:33 | イベント | Comments(0)
『ASAKUSA写真観光』 写真ワークショップ 初日!
今年の冬は、特に寒く感じられます。

さてこの度は、わたしたちの『ASAKUSA写真観光』ワークショップに
定員を上回るご応募をいただき、ありがとうございました。

昨年8月から続く~Drifting Images 写真による日韓交流事業~の
一環である、この『ASAKUSA写真観光』が本日、いよいよ開幕致しました。

このワークショップは、浅草のまちをテーマに各自の目線で写真撮影をし、それを8枚組のポストカードにして、同様なワークショップをすでにおこなった韓国・ソウルとの交流(メールアート)したり、展覧会をしたりすることを体験するプログラムです。


初日の今日は、
浅草にあるLwP asakusa(ループ・アサクサ)様で
【「写真観光」を体験しよう!スライドショーとトーク】
という講義の日でした。

お申し込みの総勢22名の方がお集まりになり、会がスタートしました。

d0058440_8412797.jpg

各自簡単な自己紹介をいただいたのち、
講師の中里和人(なかざとかつひと)先生から
今回どんなことをやるのかというお話と、
スライドを使っての古い写真絵はがきの紹介や、先生の今までの作品のご紹介と説明がありました。

***

まずこのワークショップのタイトルについて、
ふつう『ASAKUSA観光写真』となりそうなところを、
『ASAKUSA写真観光』としているのはなぜか?というお話がありました。
(たしかに私自身何度か間違えたことがあります・・・)

これは、
単なる浅草の観光写真を撮るワークショップではなく、
‘わたしの目でみた’‘わたし的発見のまなざし’をもとに撮られた写真を制作してみよう、
という意味なのだそうです。

今回のワークショップの成果として完成される8枚組のポストカードに、
どんな風に‘自分の世界’が表現できるか・・・話を伺っているだけでもワクワクしてきます。

実際に先生は昨年のソウルも含めて、谷根千(谷中・根津・千駄木)や三重県などすでに5回ほどこういったポストカードの写真ワークショップをなさっているということで、
その過去作品のお話もしてくださいました。

***

さて、休憩を挟み、今度はスライドを使っての講座です。

お店のシャッターを閉めていただくと、
中が小さな映画館のようになり、そこでストーブを囲みつつ
先生のスライドショー&トークが始まりました。

まずは、古い、昭和初期くらいからの時代のポストカードコレクションの上映です。

d0058440_84854100.jpg
当時一般的であった、モノクロに人工着色した鮮やかなポストカードや、












d0058440_850761.jpg
謎の探検家(?!)といわれている福島県の菅野力男のポストカード。






















d0058440_8504122.jpg
それからニュースを伝えるためのポストカード。

など、今と違って郵便が人と人をつなぐ、人に何かを伝える貴重な手段であった時代の、
面白い資料をみせていただきました。

***

つぎに、先生の作品のご紹介です。

先生はたくさんの写真集をだしていらっしゃいますが、
その代表作『キリコの街 中里和人写真集』(中里和人 写真・著 ワイズ出版、2002年)や、
各地の小屋を題材にした『こやたちのひとりごと』(中里和人 写真・谷川俊太郎 文 ビリケン出版、2007年)
などの撮影のお話、

そして、今回韓国(ソウル)でも作品を制作なさったという
d0058440_8515341.jpg

<Rシリーズ>(全く異なる場所でそれぞれにあるカーブの道を、左右対称につないでいくシリーズ)や、
<路地>
<東亰(とうけい)※江戸から明治になったとき、政府が記号的につけた「東の京」に反発した旧江戸市民が京に横一本を入れてつけた造語>
<4つの町>
<ULTRA>
など、そのすべてが‘特別な場所・特別な条件’で撮られたものではなく、わたしたちが普段みている景色なのに、こんなにも不思議で、詩的で、ハッとするような写真が撮れるんだ・・・と感じるような作品を、撮影時の楽しいお話を伺いつつ拝見しました。

***

そんなことであっという間の3時間が過ぎました。

皆さん熱心で、たくさん質問をなさっていたのが印象的でした。

さて、明日はいよいよ撮影日。
それぞれの‘浅草(ASAKUSA)’を、楽しみながら発見してきてくださいね。

(林)

講師:中里和人先生/1956年三重県生まれ。1979年法政大学文学部地理学科卒業。写真集に上記紹介のほか『湾岸原野(六興出版)』『小屋の肖像(メディアファクトリー)』『路地(清流出版)』『東亰(木土水)』『R(冬青社)』『4つの町(清流出版)』『ULTRA(日本カメラ社)』などがある。
2003年第15回写真の会賞受賞。2005年さがみはら写真新人奨励賞受賞。現在、東京造形大学教授。
公式ウェブサイト http://www.nakazato.info/

会場:LwP asakusa(ループ・アサクサ)  台東区の履物問屋街の一角にあった「富士サンダル」というサンダル問屋さんの古いお店を利用して、人やまちをつないでいる場所です。
http://lwp-a.jugem.jp/
[PR]
by a-a-n | 2012-01-14 22:32 | イベント | Comments(0)
「ASAKUSA写真観光」写真ワークショップ締め切りのお知らせ
年末年始のあわただしいなか、多くの皆様にお申し込みをいただき、
ありがとうございました!

嬉しいことに、満員御礼をもって
今回の募集は締め切らせていただきます。

参加なさりたいと思いつつ、まだお申し込みを頂いていなかった皆さまには大変申し訳ございませんが、
このワークショップのご報告は、
またメールblogから差し上げますので、そちらをどうぞお楽しみになさってください♪


ワークショップまであと1週間余り。

とにかく晴れになりますよう、
今からテルテル坊主を吊るしておきましょうか?!
[PR]
by a-a-n | 2012-01-06 03:03 | イベント | Comments(0)
「ASAKUSA写真観光」写真ワークショップ参加者募集中!
満員御礼 

写真ワークショップの受付は終了しました。


Art Autonomy Network[AAN]は、「Drifting Images写真による日韓交流事業」の一環で、写真によってソウルと東京をつなぐポストカードを活用したワークショップを行います。
「ASAKUSA写真観光」は、浅草のまちをテーマに撮影から展覧会までトータルに学ぶ写真ワークショップです。1月は、写真に関する基礎講義を受けて、実際に浅草のまちを散策しながら撮影します。2月は、自分で撮影した写真をポストカードを制作して、参加者のみなさんと展覧会を開催するものです。
現在、参加者を募集中です。ぜひともご参加をお待ちしています~~。

<AAN事務所に電話がつきました!>Tel&Fax:03-6206-2767
※とはいえ、E-mailでお問合せをしていただくのが確実だと思います。O^^O

■「ASAKUSA写真観光」写真ワークショップ ≪参加募集中≫
“旅するアート”貴方だけの浅草を見つけて写真で旅する観光体験を実践します。
この写真ワークショップは、「Drifting Images日韓交流写真展」の参加作家のひとりである中里和人氏を講師に迎えて、浅草を舞台に撮影したものをポストカードに制作して、ソウル市と郵便でつなぐメールアートを体験するものです。参加者は、まちの撮影から展覧会の開催までトータルで体験しながら学ぶことができる画期的なプログラムです。

日程(3日間+more):2012年1月14日(土)/15日(日)/2月18日(土)
会場:LwP asakusa(ループアサクサ)/AAN@Creative Hub131(2月18日のみ)
    中央区日本橋大伝馬町13-1-2階〝Creative Hub131″内
参加費用:3500円、学割3000円(高校生以上)
定員:20名(初心者から経験者まで)
講師:中里和人(東京造形大学教授)※プロフィール参照

《応募方法》
応募締切:2012年1月5日(木)必着
応募方法:Fax/E-mailにて[お名前・年齢・職業(学校名)・住所・電話(携帯電話・連絡可能なもの)・E-mail]を明記のうえ、下記の申込先に「『ASAKUSA写真観光』写真ワークショップ参加希望」を件名にして申し込んでください。
A. [E-mailによる申込み]
Art Autonomy Network[AAN] info@a-a-n.org
B. [FAXによる申込み]
台東区役所文化産業観光部文化振興課 台東区芸術文化支援制度担当
FAX:03-5246-1515

●第1日目2012年1月14日(土)15:00-18:00
「写真観光」を体験しよう!スライドショーとトーク
会場:LwP asakusa
第一日目は、「ASAKUSA写真観光」の基礎講座となります。講師・中里和人がソウルで撮影した最新作品や過去作品のスライドショーを行い、写真家の仕事について学びます。その後、本写真ワークショップのオリエンテーションと成功術を講義します。

●第2日目「浅草のまちを撮影しよう!!」撮影と講評(雨天決行)
日程:2012年1月15日(日)10:00-18:00
会場:LwP asakusa
第2日目は、実際に浅草を散策して、最大20枚の写真を撮影します。そのとき従来の観光とは異なる視点で浅草を再発見し、自分だけのオリジナル・ストーリーを紡いでいきます。撮影後は、すぐにデジタルデータをパソコンに取り込んでスライドによる講評会を開きます。ここで選んだ浅草の写真をポルトカード8枚組セットに自宅で作成します(2月までの宿題)。

●第3日目「ポストカードでメールアートをしよう!!」メールアートと講評
日程:2012年2月18日(土)15:00-18:00
会場: [AAN]東京都中央区日本橋大伝馬町13-1-2階〝Creative Hub131”
第3日目は、各自が制作した8枚組ポストカード(97㎜x145㎜)を持参し、講評会を行います。そして、ソウルで制作したポストカードと東京で制作されたポストカードが、往復書簡となって往来します。それが、二つの都市をつなぐ旅する作品(メールアート)となります。さらに制作したポストカードの展覧会(会場:マキイマサルファインアーツ)についてガイダンスを行います。当日は同ビル内で18:00~21:00において、日韓交流事業の一環で、韓国作家2名を迎えて交流会を行います。

●「ASAKUSA写真観光」の展覧会を完成しよう!! 展覧会と交流会イベント
日程:2012年2月24日(金)~3月10日(土)(一部6日まで)
会場:マキイマサルファインアーツ、Art Lab AKIBA(二会場)
※上記展覧会の全日程に参加する必要はありません。詳細は、授業内で説明します。
講師:中里和人が出品する〝Drifting Images日韓交流写真展″会場の一部に自分たちのポストカードを特別に展示します。ポストカード展示や展覧会運営について、実際に学びながら観客・受講生・参加アーティストたちが交流していきます。

【注意事項】
(1)1月15日(日)撮影日は、デジタルカメラを持参すること。
インスタントカメラやアナログカメラなどフィルムで撮影したいひとは、講師からの講評を当日に受けられない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
(2)受講することが決定した人には、こちらから連絡が入ります。募集人数が多数の場合は、抽選になりますので、ご注意ください。
(3)本プログラムに必要な実費(交通費、食事代、ポストカードの用紙やプリント代、郵便代(韓国行き)、フィルムおよび現像代など)は、自己負担になります。
(4)展覧会および郵送したポストカードは原則的に返却されません。
(5)その他
○個人の中傷、誹謗に関わるようなもの、公序良俗に反する作品は、お断りいたし
ます。
○政治的または宗教的普及活動を目的にするものは、お断りします。
○販促キャンペーンなどの営利目的とするものは、お断りします。
○個人情報の扱いに留意いたしますが、ポストカードの展示に[お名前、性別、年齢など]を、発表する可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
※詳細は、別紙「ASAKUSA写真観光」写真ワークショップのチラシをご覧ください。
※「Drifting Images日韓交流写真展」(ソウル展・東京展)の詳細は、別紙をごらんください。

《中里和人(なかざと・かつひと)プロフィール》
●1956年三重県生まれ。1979年法政大学文学部地理学科卒業。写真集に『湾岸原野』(六興出版)、『小屋の肖像』(メディアファクトリー)、『キリコの街』(ワイズ出版)、『路地』(清流出版)、『東亰』(木土水)、『R』(冬青社)、『4つの町』(清流出版)、『ULTRA』(日本カメラ社)など。共著に『夜旅』文/中野純(河出書房新社)、写真絵本『こやたちのひとりごと』文/谷川俊太郎(ビリケン出版)、『セルフビルド』文/石山修武(交通新聞社)などがある。2003年第15回写真の会賞受賞。2005年さがみはら写真新人奨励賞受賞。現在、東京造形大学教授。http://www.nakazato.info/

主催:Art Autonomy Network[AAN]
共催:The center of visual art boda、マキイマサルファインアーツ
協力:㈱ドラマチック、銀座芸術研究所、Lucite Gallery、深瀬記念視覚芸術保存基金
助成:台東区芸術文化支援制度
   国際交流基金
   公益財団法人 野村財団

※FaNメンバー神明 篤志さんの「ASAKUSA写真観光」のチラシが出来上がりました!!
とてもかわいいイラスト付きです。お店やギャラリーにおいてもいいよ~という方もぜひともご連絡ください。
[PR]
by a-a-n | 2012-01-05 10:05 | Comments(1)
謹賀新年2012
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

旧年中はArt Autonomy Network[AAN]に暖かいご支援をいただきましてありがとうございました。写真による日韓交流イベントという大がかりな国際事業を展開を実施することができました。
そして、引き続き2012年1月~3月までイベントが目白押しです。
お時間が合う方、お近くにお越しの方、AANのイベントに参加してみたい方は、どうぞ次の機会にご来場ください。
本年度もみなさまにお世話になると思いますが、どうぞ暖かいご声援、ご支援をお待ちしています。

AANスタッフ一同より

<AAN2012年スケジュール>

(1)2012年1月14日・15日・2月18日「ASAKUSA写真観光」写真ワークショップ(申込締切1月5日まで)
会場:LwP Asakusa、Art Autonomy Network[AAN]@Creative Hub131

(2)2012年2月19日(日) 「ポートフォリオ・ミーティングvol.07
会場:Art Autonomy Network[AAN]@Creative Hub131
プレゼンエントリー料(定員10名):2000円、 入場料:500円
コメンテーター[予定]:野口玲一(三菱一号館美術館学芸員)、片岡真実(森美術館・チーフキュレーター)

ジャンル・年齢・地域に関係なく広く公募によって選出されたアーティストが、実践で活躍するキュレーターやアーティストを前に自らの言葉によって自作を語る公開型プレゼンテーションを行います。スライドショーや映像作品の上映、パフォーマンスなどを含んだ内容でアートプログラムとして十分に堪能できるイヴェントになっています。専門家であるコメンテーターが、教育現場(美大・専門学校など)の講評と異なる基軸で批評していく刺激的な機会を提供しています。また、観客にとっては、現代アートの入門になるだけではなく、アーティストを知るための人間観察となるユニークなプログラムです。プレゼン希望者は、E-mail:info@a-a-n.orgまで。


(3)韓国アーティストのショートステイ・プログラム
期間:2012年2月10日~2月27日
ジンウォン・ハン、スンミン・カンという二人のアーティストが、韓国・ソウルから来日し、東京・浅草を中心にリサーチを行い、それぞれが新作を制作します。制作された作品は、「Drifting Images:写真による日韓交流事業」に発表します。滞在期間中に食を伴う交流イヴェントを行います。(2月15日、2月18日、2月22日ほか)


(4)日韓アーティストトークと江戸幻燈機による夜会
日程:2012年2月25日(土)18:00-21:00
会場:ルーサイト・ギャラリー
入場料:1000円(一般)、定員:30名

写真家・中里和人が江戸時代の幻燈機を復元し、当時の町民たちが楽しんだという江戸カラクリ絵図を夜会のなかで再現します。同時に「Drifting Images:写真による日韓交流事業」に参加しているアーティストたちのトークと交流会を行います。


(5)Drifting Images 日韓写真交流展:Korea x Japan Exchanging Exhibition
日程:2012年2月24日(金)~3月10日(一部6日まで)
第1会場:マキイマサルファインアーツ 2月24日~3月6日
第2会場:Art Lab AKIBA 2月24日~3月10日
参加作家:大串祥子、栗山斉、中里和人、ジンウォン・ホン、スンミン・カン


(6)『アート・シンクロ展(Art Synchronicity)~アートが世界をつなぐもの~』
●期間:2012年3月2日(木)~3月11日(日)(10日間)
●会場:Creative Hub 131、日本橋大伝馬町界隈(町内会との協働)
●展示作家候補:池田晶紀(東京)、Eat&Art TARO(東京)、上原耕生(茨城)、佐藤直樹(東京)、新野圭二郎(東京)、東泉一郎(東京)、福原志保・Georg Tremmel /BCL(東京/オーストリア)、前川宗睦(名古屋)、松下徹(茨城)、武藤勇(名古屋)、村上慧(東京)、山内崇嗣(東京)、山上渡(長野)、山下拓也(名古屋)ほか

アート・オウトノミー・ネットワーク[AAN]は、これまで小さな組織やオルタナティブな活動に目を向けて、彼らのパーソナルな視点や行動が、心の通ったコミュニティ形成に大きく関わっていることを実感として体得してきました。小さいながらも誠心誠意にお互いを認め合うアート事業を推進しているアーティストやキュレーターたちと、世界共同のプラットフォームを形成していこうと我々は微力ながら考えてきました。今回、こうした共有意識をもった人々とともに世界同時発生的なメッセージを打ち出す展覧会を開催しようと思います。これを機会に、アートによって世界がつながることを実感できる国際間ネットワークを試みたいと願うものです。


7)フード・コミュニケーション・ラボ「フィルム・ア・ラ・ターブル~映画と食卓と語らいと」
CH131「社員食堂」では、それぞれのメンバーが<フード・コミュニケーション・ラボ>というコンセプトによって食を通じたコミュニティを形成してきました。今回、「フィルム・ア・ラ・ターブル」というプログラムでは、「食・環境・つながり」に関わる映画について、プレゼンターの想いを共有しながら鑑賞し、普段着の食事会をしながら、さまざまな人々が語らいをしていくものです。
●日程:2012年3月3日(土)~10日(土)のうち2日間18:00~21:00
●会場:Creative Hub131「社員食堂」
●入場料: 1,000円(ごはん付き) 

※そのほか毎週月曜日@シュハリカフェ、不定期火曜日@N STUDIO食堂、毎週水曜日@AAキッチン、毎週木曜日@未来食堂は、<フード・コミュニケーション・ラボ>をコンセプトに展開している通年のキッチン・プログラムです。


8)シンポジウム「Central East of Tokyoを振り返る。そしてNEXT」(未定)
Central East of Tokyo(CET)という大がかりな都市型コミュニティイベントが2002年から8年間にわたって継続的に開催されてきました。これまでCETによって空きビルや空き店舗が、クリエイター拠点に生まれ変わり、その後の流れではギャラリーやスタジオ、オフィス、ショップなど、新たなビジネス拠点も誕生してきました。空洞化した東東京をリノベーション事業によってCETは、この地域に多大な影響を与えてきました。今回、2010年をもって一段落したCETについて本格的に振り返り、今後の街の行方や次につながるCET以降の動向について、CETを牽引した当事者を交えて語っていくものです。

●日程調整中:3月2日~11日のうち1日
15:00~18:00 その後交流会 (予定)

●会場:Creative Hub131
●入場料:1000円  交流会(別途ドリンク&フード有料)
●パネリスト調整中

Art Autonomy Network [AAN]
住所:東京都中央区日本橋大伝馬町13-1“Creative Hub 131”2階
Tel&Fax: 03-6206-2767 E-mail:info@a-a-n.org URL: http://a-a-n.org/
※上記イベントの内容が変更がある場合があります。事前にご確認のうえお出かけください。
※上記スケジュールの詳細については、E-mailにてお問合わせください。
[PR]
by a-a-n | 2012-01-03 10:18 | Comments(0)
新年になりました。
d0058440_0391823.jpg
新年になりました。

ちらりと振り返ると、
年末は結構バタバタでしたが・・・
<回想録>
◇12月17日(土):Creative Hub 131ビル全体の大掃除。日ごろの感謝を込めて、各階お掃除がんばりました。夕からは、Ch131のメンバー、近藤ヒデノリさんのヴェネチア・ビエンナーレ報告会も兼ねてのゆるゆる忘年会。
◇12月28日(水):今年最後のAANキッチン。・・・なのに、ごめんなさい。それぞれの年末の予定の都合がつかずに、スタッフが参加できませんでした。結果、嘉藤代表の孤軍奮闘だったかと思いますが、聞くところによると、各地の蕎麦の競演による賑やかな忘年会♪となったようでした。
◇12月29費(木):拠点のあるエリアで、2003年より毎年開催されてきたアート・デザイン・建築の複合イベント「CET(セントラルイースト東京)」の関係者を中心に開かれた『暴年会』に、FaNの方々と一緒に参加してきました。オールナイトなことはわたしにとって『暴』そのものでしたが、この日本橋、人形町、神田、秋葉原地域のエネルギーを体感した、記念すべき夜でした。
・・・といったような具合でした。

☆☆☆

そして、年改まり、2012年辰年。

わたしたちAANでは、
イベントが目白押しです!

□1月14日(土)・15日(日)&2月18日(土) 『ASAKUSA写真観光』(写真ワークショップ)
会場:LwP Asakusa, ArtAutonomy Network @ Creative Hub 131

□2月19日(日) 『ポートフォリオ・ミーティング Vol.07』(詳細調整中)
会場:ArtAutonomy Network @ Creative Hub 131

□2月10日(金)~2月27日(月) 『韓国アーティストのショートステイ・プログラム』(詳細調整中)

□2月25日(土) 18:00~ 『日韓アーティストと江戸幻燈機による夜会』
会場:ルーサイト・ギャラリー

□2月24日(金)~3月10日(土) 『Drifting Images 日韓写真交流展』
会場:マキイマサルファインアーツ、Art Lab AKIBA

□3月2日(木)~3月11日(日) 『アート・シンクロ展 ~アートが世界をつなぐもの~』(仮称)
会場:Creative Hub131, 日本橋大伝馬町(町内会との協働)


『ASAKUSA写真観光』はすでに以前のBlogでご紹介していますが、
またこれからもどんどんこれらのイベントのご紹介をしていきます。

どうぞ今年もよろしくお願い致します!



新年っぽくしようと、
実家(諏訪)で眺めた初日の出の写真とともに、新年最初のblogでした。
(林)
[PR]
by a-a-n | 2012-01-03 00:40 | サポートスタッフ | Comments(0)



オルタナティブと呼ばれるようなアートの活動をアート・アーカイブの構築などでネットワークしていく団体のブログです。
by a-a-n
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
アートニュース・リーディング..
at 2017-05-28 23:59
「ドクメンタ&ミュンスター芸..
at 2017-05-20 23:59
2017年春夏コース『藝術英..
at 2017-03-26 00:00
「装飾東京 OrNamenT..
at 2017-03-22 16:02
藝術英語塾Presentat..
at 2017-03-12 23:59
カテゴリ
全体
サポートスタッフ
イベント
ドキュメント
アーカイブ作業
ポートフォリオミーティング
その他
活動歴
エデュケーション
リサーチ
大江戸町人アカデミー
展覧会
アートコミッション
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
検索
最新のコメント
スペインのプラド美術館に..
by desire_san at 23:17
イラストは、Vectcu..
by a-a-n at 15:55
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書の書き方 at 14:02
受講参加希望します。第5..
by 吉筋和子 at 16:02
受講参加希望します。第5..
by 吉筋和子 at 16:01
朝子様>メッセージ、あり..
by a-a-n at 20:18
こんにちわ。 4月に満..
by ASAKO at 14:45
とても魅力的な記事でした..
by 株のポートフォリオ at 16:36
あけましておめでとうござ..
by スタービーチ at 10:33
賢く利用すれば絶対お得な..
by ペニーオークション at 14:04
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧