<   2011年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
11月30日(水)、きょうのAANキッチンごはん、テーマは‘マシッソヨ!(おいしい!)’
11月30日(水)、今日のキッチン報告です。

気がつけば、今年もあと1ヶ月。
この時期、いつも疲れがたまります。
今年はいろいろあったから特に・・・かな。

そんな時は、
「あったまる」+「元気がでる」=Korean Food!ということで、
笑子代表からの韓国土産の差し入れ食材を使って
盛りだくさん、具だくさんの韓国ごはんができあがりました。


***
本日のメニュー:
◆もやし&大根で超おなかにやさしいコンナムルクッパ(大豆もやし雑炊)
◆原料はさつまいもだった・・・の春雨を使ったチャプチェ(春雨と野菜炒め)
◆大根を最後まで大切に使ったきんぴら
◆おみやげ対決!(本場キムチv.s.本場千枚漬け)
☆おまけのマッコリ♪


こんなあったか&元気メニューを囲み、
今日は、Creative Hub 131のメンバーで韓国の‘食’ネタで
盛り上がりました。


チャプチェの春雨は韓国産のちょっとねずみ色のもの。これはさつまいもが原料。
じゃあふつうの春雨は?・・・というと、
緑豆(りょくとう)というもやしもできる豆だったり、
じゃがいもだったりするそうです。
こんなに長いこと口にしてきたのに、
初めて知ったことです。

それから、
韓国でステンレス製の食器が多いのはなんでだろう?とか、
食べ方、飲み方、いろんな違いがあるのはどうして?とか・・・。
そんな素朴だけど深い話をしながら、
マッコリの力も手伝って、
帰るときにはホカホカ温まって元気になれた夜でした。


マシッソヨ!(おいしかった!)


(林)




d0058440_11171844.jpg
[PR]
by a-a-n | 2011-11-30 23:47 | その他 | Comments(0)
協働ステーション中央様主催 「集客力・認知度アップの文章術」後半後記
もりもとさんに続き、
11月22日に行われた広報基礎講座の後半のことを少しご報告します。

前回同様、まずは参加者が同じ団体同士にならないよう
5,6人のグループテーブルに着きました。

わたしは幸い、前回と一緒の班でした。
集まったメンバーは、
企業、公共施設、ボランティア団体、マンション管理人、そして
わたしたちのようなNPO法人などさまざまな立場です。

そのなかのお一人(マンション管理人さん)が、
前回班内で「情報(字)が多すぎて、読む気にならない」と
指摘されていたマンションだよりを、第2回目の今回、一新して持参なさいました。

A4にびっしりと隙間無く書かれていた文字がなくなり、
代わりにイラストが入り、要点が小見出しになって、
一目で伝えたいことがわかる、
とてもいいおたよりになりました。

この方の事例には、
講師の石井栄子先生が何度も繰り返し強調していた、
*「わかりやすさ(見出しを拾っていけば内容が判るもの)」
*「読者第一主義」
*「大事なことを一番目立たせる」
というようなことが、すべて実践されていたようです。

使い方次第で、
見る人の興味を増幅も半減もさせる・・・という、
こわいけれど魅力的な‘ことば’の力を、
改めて感じました。

今回集まった方々にとっての
必要とされる集客対象・認知対象はそれぞれ違いますが、
こんなふうに異業種の人たちが‘広報’というキーワードで集まり、
机を並べて勉強しあった経験は、すごく貴重です。


今回、この講座を企画なさった
協働ステーション中央さんでは、
このようにいろんな講座やイベントを企画してくださっているようなので、
またたびたび顔を出させていただこうと思っています。

***

広報実践、がんばってみよう!


(林)
d0058440_147074.jpg

[PR]
by a-a-n | 2011-11-22 23:58 | その他 | Comments(0)
中央区 恊働のための広報講座 11月15日(火)
こんにちは。インターンのもりもとです。

本日は、先日参加した広報講座(NPO向け)のお話です。

第一回目のテーマは
「こうすれば伝わる!文章力向上の処方箋」
5、6人のグロープで机をかこみ、
自分たちの団体のチラシ、ビラを使って、
半ば宣伝のような形でプレゼンをし、
意見をいただいて、直すという2時間でした。

いろんな分野のNPO団体が集まるので、
みなさん目新しいことばかりで、自分も知りたいし、こっちも紹介したいで、
講師の先生や進行役の方そっちのけで夢中になって話していました。

そんな中で
①自分が伝えたいことと、相手が知りたいことが違う。
②結構、読みとばされる。
③1つのことば・単語からイメージすることが人によって違う。

などを発見しました。

この日は沢山の出会いもあったんです。
同じグループの、NPO法人ジョイントT.M(カウンセリングボランティア)さん
幼稚園の理事長さん、環境教育のNPOの方、介護サービスのNPOの方ありがとうございました。みなさんの勢いのあるトークからは使命感や自信を感じました。本当に素敵でした。何かの機会にコラボレーションできるといいですね♪

目標ができました!
AANの知名度をもっともっとあげていきたいです!
「NPO法人AANで活動しています。」
「あ、聞いたことあります。」くらいに。
AANイベントにもっともっとお客さんを呼びたいです!
「大きな会場を貸し切りましたね。」と言われるくらいに。

広報担当の高場さん頑張りましょう!広報の力は無限大です!笑


第二回目は来週の火曜日です。それでは、本日はこのへんで。


(も)



『恊働ステーション 中央』
中央区から事業委託を受け、区と社会貢献活動団体をむすぶ、拠点・コーディネーターの役割をしている組織です。場所は小伝馬町駅から歩いて3分のところです。
協働ステーション(http://www.genki365.com/chuoku/cs-c/cs-c.html)
[PR]
by a-a-n | 2011-11-19 20:36 | その他 | Comments(0)
11月16日(水)、きょうのAANキッチンごはん、テーマは‘ありあわせでほっこり’
11月16日(水)AANキッチンのご報告です。

寒くなりました。
そして、寒さと共に肌が乾燥するようになりました。
これは日ごろの不摂生と暴飲からきているものと自省しつつ、
‘からだにやさしい’を求め、足はAANキッチンへ。

・・・

この日はそんなに人数が多くないこともあり、
冷蔵庫に残っている‘ありあわせ’を駆使することになりました。

これって実は
料理の技のうちで一番難しいことだとよく思うのですが、
さすが!AANキッチン最強の「司令塔」のもと、
見事な‘ありあわせでほっこりメニュー’が完成しました。

***
本日のメニュー:
◆おきつねさんのぶっかけきしめん(お好みでつゆだく可)
◆薄切り大根と砂肝の歯応えで味わう炒め物
◆梅ちゃん風里芋の味噌絡め
◆白菜とお肉のとろり煮込み



よく
「カレーは大勢分つくるのがおいしい」と言いますが、
今日初めて、
「きしめんは大勢でつつくのがおいしい」ということを知りました。

カレーもきしめんも両方とも、
大量ゆえの風味の具合があるのかもしれませんが、
一番のポイントはやっぱり‘みんなで楽しく’ってところなんでしょうね。
d0058440_3154778.jpg



凩吹く帰り道でしたが、
おなかのなかにカイロ入れているような暖かさがありました。

(林)
[PR]
by a-a-n | 2011-11-16 23:50 | その他 | Comments(0)
OrNamenTTokYo 第2日目In/Tangibilities
OrNamenTTokYoの第2日目は、街歩きから1週間たった11月11日でした。
金曜日ということもあって、どの程度集まるのかしらと思っていましたが、結構な人数でした。
しかも天気予報でさんざん12月中旬ぐらいの寒さになると言っていましたが、どんぴしゃの冷たい雨の日でした。みんな凍え死にそうな表情で多摩川の河原に降りていきました。

d0058440_1010239.jpg


あまりの寒さに、最初の作業は「続行するか、日程を変えて行うか」という挙手でした。ここまで来て止めるより、やってしまえという気持ちが勝ったのでしょうか。とにかく早くやってしまおう!ということで、ワークショップは始まりました。
今日のお題は、「私たちの日常を形作り、また起こりうる日常を「実践(プラクティス)」によって見出すためにIn/Tangblitiesという共感/地域性/構造体を形にしてみる。」というものです。

d0058440_10211797.jpg

d0058440_10282185.jpg


目の前あるものは、黒い風船(ハロウィーンのリサイクル?)、シルバーの風よけシート9枚、テープ(工事用の黒と黄色の柄、青、赤など鮮やかモノがたくさん)、タコ糸、はさみなど。
とにかく風船を膨らませてみる。そうすると両手がふさがって作業ができない。あたりまえのことだけど「それじゃ、風船をどこかに固定しよう」ということから始まりました。そして、寒いんだから風よけを作ろうと自然となるわけで、「協議」なんてしなくても、たちまちみんなでシルバーシートをガムテープでつなぎ合わせました。大きくなったシートは、強風でぶんぶんとちぎれそうになっているけれど、そんな踊るシートをみんなで支えながら大きな風船?凧?になった姿に、だんだんとテンションがあがってきました。

d0058440_10262048.jpg

d0058440_10285524.jpg

d0058440_10302960.jpg


打ち合わせなんてまるでいらなくて、誰かがシートのなかに入るとみんなが中に入る。大きなバルーンのなかで、ほっと一息。びゅうびゅうと吹いている風の世界とは、完璧に隔離されてシェルターは完成しました。とても単純な作業だったのに、とても素敵な空間が出来上がりました。

d0058440_103526.jpg

d0058440_10573121.jpg

d0058440_10354742.jpg


そして、傘の代わりにシートをかぶって駅まで行こうと誰かが提案し、これも自然な成り行きでみんなで雨に濡れないようにシートをかぶって移動しました。決して難しいことをしているわけではないし、複雑な作業はなかったけれど、あっという間に完全なcommonsが出来上がっていたように思います。
こうして、みんなの共同作業は順調に進み、そして寒い寒い夜は飲みに行こうという自然な流れになったのでした。残念ながら飲み会には私は参加しませんでしたが、「協議」とか抜きでも十分に共同体って可能じゃないかと思わせてくれるワークショップでした。

In/Tnagiblitiesって、どうやって訳すか、何を伝えたいのかって、始める前はいろいろ悩みましたが、こうやって体感してみることで、理解しあえることはあると実感しました。それこそ「Practis」じゃないでしょうか。そして、言葉にださなくてもcommonsを意識できると思うのでした。
ありがとう。verina & merce。そして、冷たい雨の中で頑張った参加者のみなさん。
私たちって共生感ってうまれちゃいましたよね???

d0058440_10434775.jpg


嘉藤
[PR]
by a-a-n | 2011-11-15 10:44 | ドキュメント | Comments(0)
OrnamenTTokyo remix, 谷中・向島街歩き
ご報告遅くなりました。

OrnameTTokyo第一日目, が11月6日(日)、開催されました。当日は朝から雨が降ったりやんだりの肌寒いお天気でした。
午後1時、日暮里駅で待ち合わせ。ぽつぽつと参加者が集まり、総勢20名でさあ出発です。
d0058440_17395174.jpg

第一部、谷中街歩きは、建築家の岸健太さんが案内してくださりました。
日暮里駅を出るとすぐに谷中墓地です。墓地をバックにまずは岸さんから概要の説明です。
d0058440_17415925.jpg

墓地脇の坂をいったん上ると、もう「谷中ぎんざ」が見えます。
d0058440_17424988.jpg

雨の日曜日なのに、商店街には人がいっぱいです。
手焼きせんべいや自家製コロッケなどでいきなり腹ごしらえの方も続出しました。
d0058440_1744925.jpg

商店街の後はぐんぐん住宅街の中に入っていきます。
路地を抜けると今度は静かな商店街にでました。
様々なタイプのギャラリーがあるのも「谷中らしさ」でしょうか。
d0058440_1745358.jpg

d0058440_17463325.jpg

静かな商店街の後は、また商店街。一つの街にこんなにたくさん商店街があるのは珍しいですね。
d0058440_17504421.jpg

商店街だけでなく、もちろんお寺とお墓もたくさんあります。
d0058440_17522458.jpg

こんな不思議な基地?!や、お寺幼稚園の入り口にはバイキンマンが・・・!
d0058440_17532359.jpg

↑バイキンマン像と↓お地蔵さんが同じように設置されている。まさに装飾東京。
d0058440_17541595.jpg

いったいこのネットは何?鼠除け?Verinaさんも興味津々です。
d0058440_17551355.jpg


この後、芸大脇を通り、谷中墓地を通り抜け再び日暮里駅に戻りました。
(写真がなくてすみません)

日暮里駅から京成線で、曳船駅へ向かい、引き続き第二部、向島街歩きです。
第二部向島街歩きは、向島学会の曽我高明さんを中心に、同学会理事の清水永子さん、墨東まち見世のスタッフの方々もお手伝い下さいました。ありがとうございました。 
       
d0058440_17565669.jpg

曳船駅周辺は再開発により、高層マンションと昔ながらの住宅密集地が隣り合わせにあります。住宅街には銭湯や、小さな稲荷さん、そしてその向こうには物干し場が見える昭和な光景です。
d0058440_1802065.jpg
d0058440_181165.jpg

路地裏、住宅の玄関先には草木花々が植えられています。向島の路地園芸です。
d0058440_182589.jpg
d0058440_183475.jpg

d0058440_185110.jpg
 
d0058440_1854561.jpg

物干し場にも園芸、生垣にも園芸。

曽我さんのお話によると、個々のお宅の園芸が、昔からご近所づきあいのコミュニケーションツールになっているそうです。咲いた花の感想や、苗や種の交換がご近所で行われ、親交が深まるそうです。そしてこの向島の路地園芸をアートプロジェクトとしたのが、アーティストの村山修二郎さんです。墨東まち見世にもアートプロジェクトとして参加され、三回目の今年は東北へ鉢植えを送るプロジェクトをされました。

その後、八広にある元ソース工場を新たにアトリエとして再生した、「SOURCE」を訪ねました。古い建物は若手のアーティストが制作、発表の場として使用しています。
d0058440_1865271.jpg
 
d0058440_18151361.jpg

工場は制作の熱気にあふれ、見事再生していました。


そしてもう一ヶ所訪れた「float」は元々プレス工場だった空間を利用したオルタナティブスペースです。「float」さんは今まさにリノベーション中で、ギャラリー、イベントスペース、カフェとして運営していくための空間作りをしています。その作業をイベントとして公開、また一般の方の参加を募っていっしょに空間づくりを体験してもらっています。
d0058440_1816987.jpg
d0058440_1817491.jpg

素敵な空間になるといいですね。

とっぷりと日も暮れた中、その後、キラキラ橘商店街を見学しつつ通り抜け、東武小村井駅で解散、それぞれの帰路につきました。

後日、主催者Verinaさんから頂いたメールでは、はじめは雨でどうなることかと思ったが、却って雨模様の東京のほうが東京らしい様子を見られたような気がする。今回は様々なジャンルのクリエーター(サウンドアーティスト、映像作家、建築家、アニメーター、編集者、セオリストなど)が、それぞれの見方で待ち歩きをし、しかも歩きながら意見交換を積極的に行えたのが良かった、との感想でした。

同行していた私も、風景の中の表層的な部分(鼠除けネットなど)に対する意見から、再開発による景観の変化と人々の意識の変化の関係、有機物(植物)と人コミュニケーションの関連性についてまで様々な意見が聞こえていました。
都市と再構築性(remix)をテーマとした、今回のモバイルラボ=可動式研究機関としては大成功だったのではないかと思いました。

藤原
[PR]
by a-a-n | 2011-11-13 18:42 | 活動歴 | Comments(0)
11/12 OrNamenTTokyo : housingのイベントのウラがわ報告
11/12のイベントにご参加いただきました皆様、改めてありがとうございました。
想像を超える盛況に、スタッフ一同嬉しい気持ちでおります。

ところで。
皆さんにご覧いただけなかった(一部の方はご覧いただいていましたね?)キッチンの様子をちょこっとご報告させていただきます。

今回、最後に召し上がっていただいた「特製カレー」をつくったのは、前にも『浅草ジャンクション!』の報告blogで話題にしたアトリエ空鼠(soranezu.blogspot.com/ )の
小山一平さんと村上慧さんでした(以下、一平シェフ&村上シェフと略します)。

彼らは、当日12時頃から会場横のキッチンにて着々と準備を進めていました。
我々スタッフは受付やバックス業務をしながらチラ見と味見をしていただけなのですが、二人の手際よさには脱帽でした。

ところで、そんな最中にちょっとした<できごと>が2つありました。
1つは、一平シェフ&村上シェフにより、4階:シュハリさんの無農薬野菜から出てきたと思われる青虫くんが無事ゴミから救出され、ごはん(葉っぱ)のお土産まで持たされて窓から逃がしてもらえたということです。これはちょっと感動してしまいました。

もう1つは、<できごと>というより<事件>でした。わたしたちスタッフがキッチンの場所で何かを話そうと口を開けた瞬間、猛烈に喉を刺激する何かを感じ、しばらく話せなかったのです。訳がわからず、一瞬「!?」という不安と恐怖が頭をよぎりました。しかし、その犯人はすぐそばにいました。カレ-用のスパイスだったのです。一平シェフ&村上シェフは慣れているのか全然平気でしたし、カレーの中に入ると、ちゃんと良い香りと味になっていたので問題はなかったのですが、いやぁびっくりしました。

そんな珍事がありつつも、無事30人分以上はありそうな「特製カレー」は完成しました。お味はご参加の方のあっという間の‘完食’を拝見すれば、一目瞭然!

そうそう。肝心の‘特製’の秘密をこっそり見抜こうと思ったのですが、そのタイミングを逸してしまいました。ごめんなさい。ただ、ジャガイモをひたすら剥いてつぶしていたことと、アボカドがあったこと、それから、数多のスパイス類があったことがたぶんこの‘特製’のヒントです。できればいつか、一平シェフ&村上シェフに「特製カレー講座」を開いてほしいものです。

最後に、わたしたちスタッフからも今回、「バリスタ・真知」と、「魅惑のディッパー(造語:ディップ調合師?)・さゆり」が誕生しましたので、幾久しくどうぞよろしくお願い致します。

※写真では、せっかくの「特製カレー」が右脇のほうにちっちゃくなってしまいましたが、しっかりメインしてましたよ♪

(林)



d0058440_1724750.jpg

[PR]
by a-a-n | 2011-11-13 17:18 | イベント | Comments(0)
中央区まるごとミュージアム2011.10.30
d0058440_19352713.jpg
d0058440_19344972.jpg
d0058440_1932188.jpg
d0058440_19314595.jpg
d0058440_19284563.jpg
はじめまして!初登場です。
インターンのもりもとです。

普段は大学で経営学を学んでいます。
アートの匂いがするところには、どこでも
行ってしまうフットワークの軽さが、「とりえ」です。
まだまだ半人前ですが、どうぞよろしくお願いします♪

さてさて、遅ればせながら
【中央区まるごとミュージアム2011】のレビューを書きます。

朝の10時にCH131の一階に机を並べて
まったりとスタートしました。

「まったり」というのは本当にその通りで、
天気もよく、目の前のオフィス群からは物音一つ聞こえず、受付の机にトンボが遊びにくるくらい平和な空間でした。休日と平日でがらりと雰囲気が変わることを、平日のサラリーマンの皆さんは知っているのでしょうか?

午前中にもかかわらず、6階のお絵描きイベント目当てにお客さんがちらほらと来てくださりました。他にも飛び込みで月島からきたご夫婦、パパと僕というお客さんもいらっしゃいました。さすが、いろんなお客さんが来てくださるのは、「中央区」「まるごと」のおかげですね。

しかし、オープンスタジオと唱いながらエントランスが曖昧だったり、
段差の激しい階段があったりと、かなりハードルの高いビルだったと思います。
それでも、興味を持って見学して頂いて感謝の気持ちでいっぱいです。

131の皆さんは自由にいつも通り作業をされていましたが、
もう少し丁寧に案内もできるとよかったかなと反省しております。

CET(セントラル・イースト・トウキョウ)エリア(つまご近所ですね)では、
●Helmets Labo
●Co-Net by battanation
●OM CHAN TONE
●LORO BICYCLES
が活版印刷のワークショップやら、カレーの食べ放題&ライブなど
面白いベントをやっておられました。

来年はぜひとも偵察がてらお邪魔して、ついでにお客さんをこちらに引き込みましょう!!!

【ランチ】
ランチは加藤さん、武藤さんとお店で中華料理をいただきました。
休日なのでほとんどやってないですね〜。
開拓しなくては!
グルメ雑誌で馬喰町、人形町のお店情報を集めておきますね。


【アーカイブ作業】
午後は届いていた白いボックスを組み立てて、元の茶色のボックスと入れ替える作業をしました。
作業が進むごとに、室内の雰囲気だんだんと変わっていきました。
ぬくもりのある、森のようなオフィスから、洗練された知的なオフィスへ!
一からこのオフィスを作ってきた嘉藤さん、海老澤さんには感慨深いものがあったようです。
一新したオフィスでは、お仕事が捗りそうですね。

【全体会議】
お久しぶりの全体会議でした。
毎日メールのやり取りを激しく繰り返しておりますが、
やはり顔をあわせての会議にはかえられませんね。
これから季節AANのオフィスは確実に寒くなりますので!
大人数で集まって身を寄せ合って会議をしましょう笑


つたないブログで失礼しました。
メンバー紹介、近所のお店情報などバラエティを増やしてまいりますので
今後ともどうぞお見守りください!

(も)
[PR]
by a-a-n | 2011-11-03 23:53 | Comments(0)
AANキッチン、きのうの晩ごはん
d0058440_1658924.jpg11月2日(水)、昼間はぽかぽかでも夜になるとぐっと冷え込む、そんなこの頃です。
みなさま、いかがお過ごしですか?

寒暖の差が激しいと、それだけ木々の色付きもキレイになると聞いたことがありますが、
人間はなかなか対応に困ります。
そんな夜には温かな野菜をたっぷり食べましょう!


ということで、昨夜ご用意したのはこのメニュー。
***
本日のメニュー:
◆あっさり野菜とベーコンのパスタ
◆冷蔵庫に長居した野菜たちの共演によるコンソメ仕立てのスープ
◆たっぷり生野菜に柚子とチーズのトッピングサラダ
◆大好評!ピーマンの和風炒め
◆柿×カッテージチーズ v.s.  ドライトマト×カッテージチーズ とバゲット

この日はどうも食堂に集まる人が少なそうだったので、
Creative Hub131の人と顔を合わせる度に「ごはんできますよ~」と声をかけていたら、
あれよあれよという間に総勢10数名にもなりました!

ちょっと慌ててしまいましたが、
そんなときに工夫するのもまた大勢のご飯ならでは。

速攻で大好評のピーマン和風炒め(第2ラウンド)などで無事皆さんの
お腹を満たすことができました・・・かな?
満たしきれなかった方は是非来週いらしてください。→倍量で?!お待ちしてます。

***

それにしても
「おいしかった!」というひとことは、
ほんとうに嬉しいです。

おいしかったら、
家でも、お店でも、
ちゃんと伝えようと思った・・・そんな夜でした。


また、今晩も冷え込みそうです。
風邪には気をつけてくださいね。

(は)
[PR]
by a-a-n | 2011-11-03 16:58 | その他 | Comments(0)
『OrNamenTTokyo(オーナメント・トーキョー): Mobile lab』を開催します!
青く澄んだ空に、刷毛ですっと引いたような雲がさわやかな日が続いている東京です。
街路樹も、それぞれに美しい色を纏っています。

さてこの度、東京におけるオルタナティヴな都市生活を新たに模索する、ユニークなワークショップ「OrNamenTTokyo」が行われます。 

「OrNamenTTokyo」とはヨーロッパ、東京を拠点に国際的な視野で芸術活動を行っている様々なアーティスト、建築家そしてセオリスト達が集い、研究調査・社会活動・都市/空間計画、芸術活動のそれぞれの領域を越え、日々広がり続ける、都市空間・知的空間、そして新しくあらわれるネットワーク(つながり)の中で、私たちが感じている「距離感」を消滅させることを目的にしています。

私たちは日常や常に変化していく環境の中で、何らかの共有性を持つことで‘つながり’を感じています。この‘つながり’を強化していくには、オルタナティヴな建築や地理(地球)学を模索することもひとつの方法です。それは、「小型であること、透明性があること、過小性や異種性、国際性」を意識したものであること、さらには「モバイル・ラボ=可動式研究機関」という場の提供です。
このモバイル・ラボは、様々な人々が自律的で混ざり合う状況や場を提供します。

今回の「OrNamenTTokYo」のモバイル・ラボは、次の3つから構成されます:
A remix-都市を歩く
B in-tangibilities-共感/地域性/構造体を形にしてみる
C housing-デイスカッション(徹底討論)

そしてこれら3つのトピックについて、以下のとおり特別ゲストや専門家を招いて実践的なワークショップが行われます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
OrNamenTTokyo(オーナメント・トーキョー): Mobile lab 日程
a.remix      11月6日(日)13:00-17:30@都内街歩き(谷中・向島)
b.in-tangibilities  11月11日(金)14:00-16:00@公園
c.housing 11月12日(土)14:00-18:00@AAN/CH131
このイベントは英語によって進行され、通訳は付きませんので、あらかじめご了承ください。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
※c. housing(11月12日(土))のイベントのみ事前予約が必要です。 現在、残席わずかです!ご興味あるかたは、AANまでE-mailにてお申込みください。
<プログラムc. housing 居住性、(プレゼンテーションとデイスカッション)について>
日程: 2011年11月12日(土) 14:00~18:00
会場:Creative Hub131, 3階「社員食堂」
定員:20名
参加料:1000円
※終了後に交流会18~20時:キャッシュドロップによるドリンク&フード

●参加ご希望の方は、AANのEmail(info@a-a-n.org)まで以下を明記のうえ送付してください。
名前:
所属(学生は学校名、会社名ほか):
連絡先(携帯電話・E-mail.):
[PR]
by a-a-n | 2011-11-03 16:28 | イベント | Comments(0)



オルタナティブと呼ばれるようなアートの活動をアート・アーカイブの構築などでネットワークしていく団体のブログです。
by a-a-n
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新の記事
アートニュース・リーディング..
at 2017-05-28 23:59
「ドクメンタ&ミュンスター芸..
at 2017-05-20 23:59
2017年春夏コース『藝術英..
at 2017-03-26 00:00
「装飾東京 OrNamenT..
at 2017-03-22 16:02
藝術英語塾Presentat..
at 2017-03-12 23:59
カテゴリ
全体
サポートスタッフ
イベント
ドキュメント
アーカイブ作業
ポートフォリオミーティング
その他
活動歴
エデュケーション
リサーチ
大江戸町人アカデミー
展覧会
アートコミッション
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
検索
最新のコメント
スペインのプラド美術館に..
by desire_san at 23:17
イラストは、Vectcu..
by a-a-n at 15:55
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書の書き方 at 14:02
受講参加希望します。第5..
by 吉筋和子 at 16:02
受講参加希望します。第5..
by 吉筋和子 at 16:01
朝子様>メッセージ、あり..
by a-a-n at 20:18
こんにちわ。 4月に満..
by ASAKO at 14:45
とても魅力的な記事でした..
by 株のポートフォリオ at 16:36
あけましておめでとうござ..
by スタービーチ at 10:33
賢く利用すれば絶対お得な..
by ペニーオークション at 14:04
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧