カテゴリ:活動歴( 1 )
OrnamenTTokyo remix, 谷中・向島街歩き
ご報告遅くなりました。

OrnameTTokyo第一日目, が11月6日(日)、開催されました。当日は朝から雨が降ったりやんだりの肌寒いお天気でした。
午後1時、日暮里駅で待ち合わせ。ぽつぽつと参加者が集まり、総勢20名でさあ出発です。
d0058440_17395174.jpg

第一部、谷中街歩きは、建築家の岸健太さんが案内してくださりました。
日暮里駅を出るとすぐに谷中墓地です。墓地をバックにまずは岸さんから概要の説明です。
d0058440_17415925.jpg

墓地脇の坂をいったん上ると、もう「谷中ぎんざ」が見えます。
d0058440_17424988.jpg

雨の日曜日なのに、商店街には人がいっぱいです。
手焼きせんべいや自家製コロッケなどでいきなり腹ごしらえの方も続出しました。
d0058440_1744925.jpg

商店街の後はぐんぐん住宅街の中に入っていきます。
路地を抜けると今度は静かな商店街にでました。
様々なタイプのギャラリーがあるのも「谷中らしさ」でしょうか。
d0058440_1745358.jpg

d0058440_17463325.jpg

静かな商店街の後は、また商店街。一つの街にこんなにたくさん商店街があるのは珍しいですね。
d0058440_17504421.jpg

商店街だけでなく、もちろんお寺とお墓もたくさんあります。
d0058440_17522458.jpg

こんな不思議な基地?!や、お寺幼稚園の入り口にはバイキンマンが・・・!
d0058440_17532359.jpg

↑バイキンマン像と↓お地蔵さんが同じように設置されている。まさに装飾東京。
d0058440_17541595.jpg

いったいこのネットは何?鼠除け?Verinaさんも興味津々です。
d0058440_17551355.jpg


この後、芸大脇を通り、谷中墓地を通り抜け再び日暮里駅に戻りました。
(写真がなくてすみません)

日暮里駅から京成線で、曳船駅へ向かい、引き続き第二部、向島街歩きです。
第二部向島街歩きは、向島学会の曽我高明さんを中心に、同学会理事の清水永子さん、墨東まち見世のスタッフの方々もお手伝い下さいました。ありがとうございました。 
       
d0058440_17565669.jpg

曳船駅周辺は再開発により、高層マンションと昔ながらの住宅密集地が隣り合わせにあります。住宅街には銭湯や、小さな稲荷さん、そしてその向こうには物干し場が見える昭和な光景です。
d0058440_1802065.jpg
d0058440_181165.jpg

路地裏、住宅の玄関先には草木花々が植えられています。向島の路地園芸です。
d0058440_182589.jpg
d0058440_183475.jpg

d0058440_185110.jpg
 
d0058440_1854561.jpg

物干し場にも園芸、生垣にも園芸。

曽我さんのお話によると、個々のお宅の園芸が、昔からご近所づきあいのコミュニケーションツールになっているそうです。咲いた花の感想や、苗や種の交換がご近所で行われ、親交が深まるそうです。そしてこの向島の路地園芸をアートプロジェクトとしたのが、アーティストの村山修二郎さんです。墨東まち見世にもアートプロジェクトとして参加され、三回目の今年は東北へ鉢植えを送るプロジェクトをされました。

その後、八広にある元ソース工場を新たにアトリエとして再生した、「SOURCE」を訪ねました。古い建物は若手のアーティストが制作、発表の場として使用しています。
d0058440_1865271.jpg
 
d0058440_18151361.jpg

工場は制作の熱気にあふれ、見事再生していました。


そしてもう一ヶ所訪れた「float」は元々プレス工場だった空間を利用したオルタナティブスペースです。「float」さんは今まさにリノベーション中で、ギャラリー、イベントスペース、カフェとして運営していくための空間作りをしています。その作業をイベントとして公開、また一般の方の参加を募っていっしょに空間づくりを体験してもらっています。
d0058440_1816987.jpg
d0058440_1817491.jpg

素敵な空間になるといいですね。

とっぷりと日も暮れた中、その後、キラキラ橘商店街を見学しつつ通り抜け、東武小村井駅で解散、それぞれの帰路につきました。

後日、主催者Verinaさんから頂いたメールでは、はじめは雨でどうなることかと思ったが、却って雨模様の東京のほうが東京らしい様子を見られたような気がする。今回は様々なジャンルのクリエーター(サウンドアーティスト、映像作家、建築家、アニメーター、編集者、セオリストなど)が、それぞれの見方で待ち歩きをし、しかも歩きながら意見交換を積極的に行えたのが良かった、との感想でした。

同行していた私も、風景の中の表層的な部分(鼠除けネットなど)に対する意見から、再開発による景観の変化と人々の意識の変化の関係、有機物(植物)と人コミュニケーションの関連性についてまで様々な意見が聞こえていました。
都市と再構築性(remix)をテーマとした、今回のモバイルラボ=可動式研究機関としては大成功だったのではないかと思いました。

藤原
[PR]
by a-a-n | 2011-11-13 18:42 | 活動歴 | Comments(0)



オルタナティブと呼ばれるようなアートの活動をアート・アーカイブの構築などでネットワークしていく団体のブログです。
by a-a-n
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
AAN@協働ステーション中央..
at 2017-11-15 14:54
「藝術英語塾の放課後ゼミ v..
at 2017-10-06 15:51
三者視点!「ドイツ芸術祭:ミ..
at 2017-08-06 23:55
HISスタディツアー「3都市..
at 2017-07-30 15:16
アートニュース・リーディング..
at 2017-05-28 23:59
カテゴリ
全体
サポートスタッフ
イベント
ドキュメント
アーカイブ作業
ポートフォリオミーティング
その他
活動歴
エデュケーション
リサーチ
大江戸町人アカデミー
展覧会
アートコミッション
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
検索
最新のコメント
スペインのプラド美術館に..
by desire_san at 23:17
イラストは、Vectcu..
by a-a-n at 15:55
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書の書き方 at 14:02
受講参加希望します。第5..
by 吉筋和子 at 16:02
受講参加希望します。第5..
by 吉筋和子 at 16:01
朝子様>メッセージ、あり..
by a-a-n at 20:18
こんにちわ。 4月に満..
by ASAKO at 14:45
とても魅力的な記事でした..
by 株のポートフォリオ at 16:36
あけましておめでとうござ..
by スタービーチ at 10:33
賢く利用すれば絶対お得な..
by ペニーオークション at 14:04
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧