カテゴリ:イベント( 88 )
トーキョーワンダーサイト本郷 トークイベントにゲスト出演!

AANディレクターが参加するイベント告知です。
本日です!!

7月6日(土)15:30~17:00
アーティストトークのゲストとして嘉藤が参加します。
18:00~18:20橋本匠パフォーマンス
17:00~19:00交流会
会場:トーキョーワンダーサイト本郷
入場無料
アーティスト:早川正、小林あずさ、西村有、三瓶玲奈
ゲスト:嘉藤笑子(AANディレクター)


パフォーマンスや交流会もあるようなので、ぜひ見に来てください。
展覧会は、7月6日~26日11:00-19:00に開催しています。
本日が無理でも展覧会をぜひご覧ください。
http://www.tokyo-ws.org/hongo/
[PR]
by a-a-n | 2013-07-06 11:47 | イベント | Comments(0)
●アトリエとキッチンのマルシェ●ご来場ありがとうございました!
こんにちは!
AANインターン生の立花です。

6月8日㈯、9日㈰にアトリエとキッチンのマルシェが開催されました。
多くの方にご来場いただき、ありがとうございました!

AANからは

■アーティストグッズ販売(2階事務所出口あたり):両日11:00~18:00
■勝正光さんの似顔絵屋さん(2階事務所内):8日(土)14:00~18:00、9日(日)11:00~18:00
■Tomo さんの陶芸ワークショップ(6階):9日(日)13:00~17:00

の3つで参加しました。


グッズはどれも、クリエイターさんたちの
手の温度が伝わってくるものばかりでした!

ワークショップや勝さんの似顔絵屋さんでは
実際にアーティストさんたちの話を聞きながら
触れることのできる参加型のアートでしたから
参加してくださったみなさんも
思い思いに楽しんでいらっしゃいました。

写真はTomoさんの陶芸ワークショップ。


まずはTomo先生のレクチャー。
d0058440_23413151.jpg


















つくってみよう!
d0058440_234143100.jpg






















みなさん真剣です。
d0058440_23415235.jpg



















すてきな作品たち。
d0058440_2351593.jpg



















焼き上がりが楽しみ!
d0058440_2342122.jpg


















最後に改めまして、みなさまご参加ありがとうございました!
[PR]
by a-a-n | 2013-06-10 18:09 | イベント | Comments(0)
6月8日(土)・9日(日)は【アトリエとキッチンのマルシェの日】です♪
6月8日(土)・9日(日)は【アトリエとキッチンのマルシェの日】

私たちArt Autonomy Network[AAN]がシェアするハブスペース「Creative Hub131(中央区日本橋大伝馬町13-1)」では、来月6月8日(土)・6月9日(日)の2日間『アトリエとキッチンのマルシェ』というアートマーケットを開催します。

舞台はCreative Hub 131のシェアアトリエとキッチン兼食堂(社員食堂Lab)。
物語のある雑貨やアク セサリーを製作する「アトリエ」と、特製スイーツやドリンクをつくる「キッチン」が外部から集まり、お客様と直接顔を合わせて作品を販売します。

毎回テーマを設定し、それに合った出店者を集めるこのマルシェ。今回のテーマは「あのひとの世界の眺めかた」。
“隣のひとの視点を知ることで、世界がいつもより豊かに彩られていく”というコンセプトのもと、独特の世界観や物語を持った製品を集め、着眼点や制作時の舞台裏などつくり手の「まなざし」も伝えながら販売します。また、新たな視点で物事を見るための実験的なワークショップも開催します。

【アトリエとキッチンのマルシェ 概要】
■マルシェ■
日時:6月8日(土)・6月 9日(日) 両日とも11:00~18:00
会場:Creative Hub 131(日本橋大伝馬町13-1)
   http://1x3x1.jp/
JR総武線快速馬喰町から徒歩4分、地下鉄 都営浅草線東日本橋駅から徒歩5分、都営新宿線馬喰横山駅から徒歩4分、営団日比谷線小伝馬町駅から徒歩3分、
他、JR神田駅、秋葉原、浅草橋より歩いて15分程度 
入場料:無料

■Party■
‘アトリエとキッチンのマルシェ’の出店者も集う、賑やかで楽しいパーティです。料理担当は、お馴染みスパイスの魔術師、Shippoterryさんです。
(http://shippoterry.minibird.jp )
日時:6月8日(土) 19:00~21:00
会場:Creative Hub 131(日本橋大伝馬町13-1)-3階(社員食堂Lab.)
   http://1x3x1.jp/
JR総武線快速馬喰町から徒歩4分、地下鉄 都営浅草線東日本橋駅から徒歩5分、都営新宿線馬喰横山駅から徒歩4分、営団日比谷線小伝馬町駅から徒歩3分、
他、JR神田駅、秋葉原、浅草橋より歩いて15分程度 
パーティ参加料:@2,500円(1ドリンク付)
予約:事前にご予約ください
(131marche@gmail.com 宛に、お名前・ご参加人数・メールアドレスか携帯電話等当日つながるご連絡先をご記入のうえ、タイトル「6/8パーティ参加」としてご連絡ください)

【AAN担当ブース&ワークショップ】
■アーティストグッズ販売ブース:Cretive Hub 131-2階■
AANのポートフォリオ作家によるオリジナルグッズ(キーホルダー、ポストカードほか)を販売します。
各作家のポートフォリオと併せてご覧いただきながら、グッズ選びを楽しんでみてはいかがですか。
日時:6月8日(土)・6月 9日(日) 両日とも11:00~18:00
会場:Creative Hub 131-2階
d0058440_8123281.jpg

(前回のAANブースの様子)

■勝正光さんの似顔絵屋さん■
2009年の「わくわく混浴アパートメント(別府現代芸術フェスティバル2009‘混浴温泉世界’関連プログラム)」以来大分県別府に移住。現在はアーティスト集合拠点である「清島アパート」にて鉛筆によるドローイング制作をメインとした幅広い活動をしている勝正光さんが、この2日間、似顔絵屋さんになります。
勝さんは、気さくに誰にでもニコニコお話してくれる方です。
そんな勝さんと現代アートの楽しい会話をしながら、とっておきの「似顔絵」を描いてもらいませんか。
時間:6月8日(土)14:00~18:00
   6月9日(日)11:00~18:00
場所:Creative Hub 131-2階 
似顔絵代:おひとり1,000円
予約:不要
d0058440_8104982.jpg

(勝さんの似顔絵屋さんイメージ)

■Tomoの陶芸ワークショップ‘GIFT’■
AANのスタッフTomo Kobayashiは、米国でアートを学んだアーティストです。
Tomoといっしょに‘自分ではない誰かにあげたいGift’をテーマに器などをつくってみませんか。
後日、わたしたちAANのごはん会(AAキッチン:毎週水曜夜開催)で一緒にごはんをたべながら、みなさんの完成した作品を鑑賞しましょう。
そのあとは・・・好きな人にプレゼントするのも、ご自身で愛用されるのもご自由です。
陶芸初心者の方、大歓迎!
時間:6月9日(日)13:00~17:00(予定)
場所:Creative Hub 131-6階
参加費用:おひとり2,000円
(材料代、指導料、焼成費及び‘受渡し食事会(AAキッチン)’の参加費要込、但しアルコールは別料金)
☆予約:事前にご予約ください
(info@a-a-n.org宛に、お名前・ご参加人数・メールアドレスか携帯電話等当日つながるご連絡先をご記入のうえ、タイトル「6/9陶芸ワークショップ」としてご連絡ください)
※当日は、講義と粘土によるかたち作りまで。乾燥後に焼成を行います。
その後、同ビル内3階で毎週水曜夜に行っているごはん会(AAキッチン)にて完成お披露目会&食事会をいたします(日にち等詳細は各自にお知らせします)。完成された陶芸作品はその時にお持ち帰りいただきます。
【注意】完成された陶器は、液体をいれるもの(カップ、スープ皿)には不向きな材質ですので、用途は考えてお使い下さい。
d0058440_8114176.jpg

(Tomoの作品例)



主催:アトリエとキッチンのマルシェ運営事務局
共催:Creative Hub 131
詳細: http://1x3x1.jp/131marche/
AANお問い合わせ:(E-mail)info@a-a-n.org
(電話/FAX共) 03-6206-2767
[PR]
by a-a-n | 2013-05-19 08:15 | イベント | Comments(0)
AAN Coming special events! <FEEEEL MARKET>, <Portfolio Meeting>
FEEEEL MARKET
~ Art and Flea Market where new sensation awaits~.

FEEEEL MARKET is a two day cultural event merging art performance, flea
market, cafe/sweet shops and book shops all together! It is a place you
could find unique and interesting goods with various sensuous experiences.
The reason so many EEEEs are included here is that we want to bring up and share different ideas such as Emotion, Eternal, Expression, Experience, Emergence, Exhibition... etc., through our event! We hope you to find many EEEEE feelings! This energetic festival will take place at Creative Hub 131, the communal building lunched in July 2011, which is shared and managed by artists, designers and people from diverse backgrounds.

Date: March 9/10 (Sat/Sun), 2013
Time 1:00pm~6:00pm
Location: Creative Hub 131 (13-1 Oodenmachou Nihonbashi Chuo-Ku Tokyo)
Admission Fee:Free of charge
**39 art day party on the same day!!**
Date: March 9, 2013
Time: 6:30pm~9:30pm
Location: Creative Hub 131- 3rd Floor (Shine Shokudou)
Admission Fee: 1,500 yen (including foods and welcoming drink as a service)

~AAN Portfolio Meeting vol.8~

AAN Portfolio Meeting vol.8 is a publicly open presentation by artists since
2007. The artists will bring their portfolios and present their works

in front of professionals as curators and directors of the various

fields of contemporary art. It is an
amazing chance for anybody from those who have just become interested in
contemporary art to seasoned art lovers to hear a direct voices of the
artists in person.

Date: March 10, 2013
Time: 2:00pm~ 6:00pm
Location: Creative Hub 131- 5th Floor
Admission Fee: 1,000 yen (including a cup of drink and sweets)

Critics: Hori Motoaki(Chief Curator of Tokyo Opera City Gallery)
Shingo Yamano (Director of Koganecho area management Center)

d0058440_13145326.jpg

[PR]
by a-a-n | 2013-03-11 00:06 | イベント | Comments(0)
鳩の街SWEETS[屋台ストリート(墨田区向島)
d0058440_1610261.jpg
昭和レトロな商店街「鳩の街商店街」に1日限定のSWEETS屋台が並びます。
手作りクッキーやオリジナル焼き菓子など約15店舗が出店予定です。
Creative Hub131からは、AANとシュハリが屋台をだしますよ。
ぜひ遊びに来てくださいね。

日程:2013年2月2日(土)13:00-16:00 小雨決行(荒天2月3日に順延)
場所:墨田区向島5丁目 鳩の街通り商店街
http://hatonomachi-doori.com/access.html
◇最寄り駅
・東武伊勢崎線「曳舟」駅下車徒歩約10分。
・東武伊勢崎線「東向島」駅からは徒歩約15分。
・京成線「京成曳舟」駅からは徒歩約15分。
・半蔵門線「押上」駅からは徒歩約20分。
・区内循環バス停「鳩の街通り商店街入り口」より徒歩約3分。

★鳩の街通り商店街ツイッター
https://twitter.com/hatonomachi
★鳩の街通り商店街フェイスブック
http://www.facebook.com/hatonomachi
★公式サイト
http://hatonomachi-doori.com


幅2.5mぐらしかない細い道幅の商店街にアーティスト制作の屋台が並ぶ予定です。通りにはおしゃれな「こぐまカフェ」や紙工房「堂地堂」、イベントスペース「こすみ書房」などの見どころもありますよ。ぜひ、遊びに来てね。

<関連イベント>
『ちっちの紙芝居』@「はとホットミニ公園 13:00~、14:00~(全2回約30分)200円(お菓子付き)
『Eat &Art Taroの焼菓子座談会』@こすみ図書14:30~(1時間程度)800円(お菓子+コーヒー付)
『ジャズ演奏』予定
※鳩の街商店街・空き店舗展覧会(空き物件を探している方には必見です)

主催:鳩の街通り商店街振興組合・屋台ストリート実行委員会
協力:屋台制作[樋口裕一(スミカ造形美術)、吉川晃司(スタジオまめちょうだい)、空間演出:墨東文庫編集室、CASA Project

問合せ:03-3612-9495(立花美容室)
※写真は、在る日の鳩の街商店街です。本イベントとは直接に関係はありませんのでご了承ください。

d0058440_16101923.jpg

[PR]
by a-a-n | 2013-02-03 23:55 | イベント | Comments(0)
大江戸町人アカデミー第2回 遠足 《忠臣蔵外伝・吉良の首》
季節は冬。年の瀬もひと月後に迫って参りましたが、年の瀬と問われると、少し前の時代にはよく連想された単語に‘忠臣蔵’がありますが、みなさんは‘忠臣蔵’を御存じですか?
今回は、この”忠臣蔵”をテーマを新しい視点で見直す<遠足>を行います。

これまで日本橋旧大伝馬町に江戸時代から続く ‘べったら市’(毎年10月19日・20日)を、新しい視点から盛り上げていこうと始まった『大江戸町人アカデミー(全5回)』。その後の《特別編》では、先月19日・20日の本番に行われた‘べったら市ツアー’、また先週11月3日、4日には、「中央区まるごとミュージアム2012
(http://www.city.chuo.lg.jp/event/culture/marugoto/index.html)」とあわせた『フィルム・ア・ラ・ターブル(江戸版)』などのイベント等、多くの方々に江戸の時代や日本橋(大伝馬町)界隈のまちを知ってもらったり、楽しんでもらったりすることができました。ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

いよいよ本講座の最後のイベントは、遠足《忠臣蔵外伝・吉良の首》になります。”忠臣蔵”は、すでにご存じの方が多いとは思いますが、江戸中期の元禄15(1702)年12月14日深夜に起こった無届の仇討ち事件の総称です。江戸城の松乃大廊下において播磨赤穂藩主の浅野長矩が高家旗本吉良義央(上野介)を切りつける刀傷事件を機に派生した討入り殺傷事件です。殿中の刀傷事件は、赤穂藩だけに責任が負わされ、藩主の浅野長矩(内匠頭)は即日切腹、さらに藩は取り潰されました。これを不服に思った大内内蔵助率いる赤穂浪士らが約2年をかけてその復讐計画を練り、義士四拾七士によって実行されたのが、俗に言う「元禄赤穂事件」です。この討入りで吉良上野介の首を討取り、本懐を遂げたのが12月15日未明となります。そして、しらじらと凍みる暁のなかを義士たちは泉岳寺を目指して歩き始めたのでした・・・

平和のただ中にあった江戸中期において、この事件は江戸市中にかなりの衝撃を与え、それ以後、現在に至るまで、書籍・芝居(人形浄瑠璃・歌舞伎等)・舞台・ドラマ・映画などの数多くの作品になるほどのインパクトを持ち続けています。

今回の遠足では、これまで描かれてきた赤穂浪士の武勇伝”忠臣蔵”ではなく、討ち入りによって殺害された吉良上野介の立場から忠臣蔵を再考いたします。

―――――◇――――――◇――――――◇

~旧暦12月15日早朝に、討ち入りを果たした赤穂の浪士一団は吉良上野介の首を白布に包み、槍・長刀に吊るして、泉岳寺への道を歩き始めたそうです。上杉家からの追手を気にし、「首」を舟で運ぼうかと船頭を探そうとすると、彼らの異様ないでたちゆえに船頭たちに逃げられ、またその日はちょうど大名たちが江戸城へ登城する日でもあったことから、道での面倒が生じないように、川べり、海近くの道を行くことにした~という史実が残っています。この史実に基づき、今回は、赤穂浪士たちの道程に同行していた寡黙な《吉良の首》を主人公にした《遠足》を行います~

d0058440_10445160.jpg

d0058440_1045135.jpg

(写真は昨年2011年12月に行われた《遠足-泉岳寺の近代-》の様子:文化資源学会HPより)

日程:12月15日(土)10:00スタート(目的地到着17:00頃予定)
案内人:有賀沙織(脚本家・プロデューサー)
    山内直樹(編集者、吉良上野介役兼務)
募集人数:25人(事前予約制)
参加費:1500円
集合場所 吉良屋敷跡(墨田区両国3丁目本所松坂公園)
                       http:/ www.city.sumida.lg.jp/matizukuri/park/kunai_park_annai/sumida_park/park01.html
JR総武線 両国駅西口より徒歩8分
都営大江戸線 両国駅A5出口より徒歩5分
注意事項:
・定員になり次第、締め切らせていただきます。
・雨天決行を基本としますが、悪天候の場合は中止致します。
・申し込み後に担当者から詳細をご連絡致します。
※《遠足》後に親睦会(別途有料)を企画しております。討ち入り後に赤穂浪士九名を預かった、水野忠之邸跡地(三田)あたりの飲食店を予定しておりますので、ご希望の方は併せて「親睦会参加」の旨お知らせ下さい。
申込方法: info@a-a-n.org またはFax:03-6206-2767に
「お名前・御参加人数・後住所・ご連絡先(Tel&Fax・携帯番号・E-mailアドレス)」を明記のうえ、上記連絡先までお送り下さい。

//案内人の紹介//
◇有賀沙織(あるがさおり)
KASSAY代表 有賀沙織(あるがさおり) 中央区日本橋在住。脚本家・プロデューサー.東宝演劇アカデミー劇作家養成講座で劇作を学び,東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究専攻文化経営学修士課程で菊田一夫と商業演劇を研究。大学院在学中にKASSAY有限責任事業組合を設立。各地で演劇公演を企画し上演。過去の作品に、石川県小松市に伝わる伝説より『やすな』や歌舞伎の名作『一谷嫩軍記』に材を得た朗読劇『直実』,忠臣蔵を吉良上野介の視点から描いた『吉良きらきら』、江戸市井の美人を描いた『笠森お仙』(原作:面影小町伝)がある。
◇山内直樹(やまうちなおき)
編集者。文化誌『iS』の編集に携わっていた。共著『インド』(実業之日本社)、企画『広重「五十三次」を歩く』(NHK出版)、編『ぬっとあったものと、ぬっとあるもの』(ポーラ文化研究所)など。

<運営体制>主催: Art Autonomy Network (アート・オウトノミー・ネットワーク)
共催:Creative Hub131
後援:中央区日本橋大伝馬町
助成:平成24年度中央区文化助成対象事業
協力:文化資源学会

[PR]
by a-a-n | 2012-12-15 10:00 | イベント | Comments(0)
フィルム・ア・ラ・ターブル 「大江戸町人アカデミー<特別編>」 開催!
d0058440_0235462.jpg

《映画》と《食》を皆で一緒に堪能する素敵な一夜、第2回「フィルム・ア・ラ・ターブル」を開催します。
今回は、歴史・文化から地域を掘り下げる勉強会「大江戸町人アカデミー」の特別編として
<江戸>をテーマに選ばれた映画を紹介します。

ひとくちに<江戸>といっても、時代・場所・文化・風俗などいろいろな切り口がありますが、
...今回のプログラムはどんな切り口で<江戸>に興味をもっている方にも、見逃せないプログラム。

フィルム・コンシェルジュの選んだ<江戸>をイメージする映画数本のダイジェストをご案内、
その後ご参加の皆さんの多数決で1本を選び、鑑賞します。
ひとつのスクリーン、さらに映画を彩るトッピングともいうべきオリジナルのおいしい食事を皆さんで共有することで、きっと皆さんの心にひとつの繋がりができることと思います。
ちなみに、フィルム・コンシェルジュの選んでいる映画、どうやら時代劇とは限らないみたいですよ。
秋の夜長を、この素敵な機会を通して一緒に楽しく過ごしましょう。
ご来場を心よりお待ちしています。


案内人:梅崎聡子(フィルム・コンシェルジュ)
Creative Hub131の6階をシェアするFaN(Fin and Next: CET=セントラルイースト東京=東東京を中心にアート・デザイン・建築の複合イベントを行ってきた団体から生まれたグループ)のメンバー。<コンシェルジュ梅崎より皆様へ>~今回のテーマは「江戸」ですが、かならずしも‘時代劇’だけの背レクトでないのが、ア・ラ・ターブル流。さまざまな視点から「江戸」を再考できるイベントになればと思っています~

料理:(満腹法人)芸術栄養学
普段はOLをしている、東京農業大学を一昨年に卒業した3人の管理栄養士(砂金諒子、末次聡美、宮澤かずみ)のユニット。
『食を再発見することで人はもっと幸せになれる。』という大きな目標をもちながら、
美味しく、たのしく、みんなで食べる場を演出しています。
大人の食育・考える調理実習+体感する食事会(ラボ)・ケータリングなど活動内容は
幅広く、そしてその範囲も日本にとどまりません。
さて、今回はどんな食の演出をしてくれるのでしょうか。

入場料 2,000円(お食事つき)、ドリンク別途(@250円~)
日程 2012年11月3日 19:00~22:00
定員 25名様
会場 Creative Hub 131 - 3階(社員食堂)

***そしてその翌日は・・・***
<AANアーカイヴ(スタジオ)オープン>
日時:11月4日(日) 13:00-17:00
入場料:無料(但し喫茶(お菓子付き)は500円)
会場:Creative Hub 131-2階(AAN事務所)
「中央区まるごとミュージアム2012」に合わせてAANのアーカイヴを公開します。10月と同様に「芸亭茶房」として、スタッフによる抹茶+菓子サービスを行い、まるごとミュージアムを体験するお客様のインフォメーションセンターとしても機能していきます。会※「中央区まるごとミュージアム2012」の内容は以下のURLにてご確認ください。http://www.city.chuo.lg.jp/event/culture/marugoto/index.html


イベントの申込み方法:AANのEmail:info@a-a-n.org またはFax:03-6206-2767に希望する講座日と参加人数、名前・住所・連絡先(Tel&Fax・携帯番号・E-mailアドレス)を明記のうえ、上記連絡先までご連絡下さい。
※各イベントの定員になり次第に締め切り致します。
※申込み後に担当者から各参加に詳細の連絡をお入れ致します。
<運営体制>主催: Art Autonomy Network (アート・オウトノミー・ネットワーク)
共催:Creative Hub131
後援:中央区日本橋大伝馬町
助成:平成24年度中央区文化助成対象事業
協力:FaNほか
広報担当:林美貴、大澤美菜(AAN)

■Creative Hub131へのアクセス
営団地下鉄日比谷線小伝馬町駅から徒歩3分、都営浅草線東日本橋駅から徒歩5分、都営新宿線馬喰横山駅から徒歩4分。JR馬喰町から徒歩4分、神田駅、秋葉原駅、浅草橋駅より徒歩15分程度
[PR]
by a-a-n | 2012-11-03 19:00 | イベント | Comments(0)
緊急告知: 9/25夜、Per Hüttner(アーティスト)によるラウンドテーブル]
海外アーティストによるコンテンポラリーアートのプレゼンを聞こう!
d0058440_956496.jpg

今年の5月に来日し、AANを訪問したPer Hüttner(パ・フットナー)が、再来日します。現在、2013年に開催予定のスウェーデン芸術大学のプロジェクトを推進するために奔走中ですが、今回は、ひとりのアーティストとしてロンドンのチゼンヘール・ギャラリーで開催した「I am a curator」というプロジェクトを日本の若手キュレターやアーティストとディスカッション形式にプレゼンをしたいということで、緊急にフットナー氏を交えてAANラウンドテーブルを開催するものです。

「アーティスト自身が作品をつくらないけれども、作品を展示する機会を他者に与えていくことで、自らの作品は完成されていく」という批評的なコンテクストを展開した。これは、リレーショナルアートなのか、プロセスワークなのか、実験的なパフォーマンスなのか、新たなアートの領域を見つめるPer Hüttnerのコンセプトをシェアしましょう。


本プログラムは、ほぼ英語でのやりとりになりますので、英語を聞きたい・話したいという方にもいい機会になると思います。
なお、インド/パキスタンへの‘スパイスの旅’を終え帰国したばかりのShippotteryこと杉田志保さんによるインド料理が食べられます。


”I am a curator” (2003) 会場:チゼンヘール・ギャラリー(ロンドン)とは?

ロンドンのオルタナティヴスペース”チゼンヘール・ギャラリー”は、実験的なアートプロジェクトを積極的に行うことで知られている。国内外の優れたアーティストを国内外から招へいして、コンテンポラリーアートの可能性を広げるユニークな事業を展開してきた。ここで発表した作品が、海外の大型美術展で展示をされたり、発表したアーティストに新たなチャンスが与えられるケースが頻繁に起きている。http://www.chisenhale.org.uk/

さて、Per Hüttnerは、この機会にアート・イン・プログレス(時間の経過によって変化していく一般参加型で進行する事業)を展開した。フットナー自身が、参加作家であり、展覧会を作るために招へいされた訳だが、このプロジェクトでは、ワン・アーティストによるワン・プロジェクトを基本に、一般参加者が、初めての体験として展覧会をつくることを実践した。最終的に17か国におよぶ70名のひとびとが30個の展覧会を開催した。ここでは展覧会をつくるためのワークショップを体験をし、美術品を対峙しながら考察を深めていくが、展覧会のためのマニュアルがあるわけではない。それぞれが、それぞれの視点で新たな展覧会を作って行くものである。一般参加者は、展覧会はどのように創られているのかを主体的に関与しながら、美術作品とはなにか、展覧会とは何か、アーティストの役割とは何か、などの命題に向き合いながらアーティストの立場からキュレーターの仕事とは何かを考察していくものであった。http://www.perhuttner.com/projects/iamacurator/index.php

日時:9月25日(火)夜19時~22時まで
場所:Creative Hub 131-3階(社員食堂ラボラトリー):中央区日本橋大伝馬町13-1
参加費(食事代含む): おひとりさま1,000円
     ※アルコールは別途有料(250円/1本)となります。

URGENT CALL FOR THE PUBLIC:
 ”I am a curator" A ROUNDTABLE with Per Hüttner 

AAN will have a roundtable with Per Hüttner from France who will come in Tokyo for developing his current major project: the OuUnPo meeting in 2013. In this time, he wishes to meet a variety of people who are interested in discussing with him on his previous project: "I am a curator" at Chisenhale Gallery (East end of London), and other his project. He believes that these projects would be inspired people and encourage them to find a dialogue of new projects on their aspects. http://www.perhuttner.com/projects/iamacurator/index.php

GUEST SPEAKER: Per Hüttner
DATE: 25th September 2012, 19:00-22:00
ADMISSION FEE: 1,000 yen including Indian food (cook by Shiho Sugita)
PLACE: 3rd floor, Creative Hub131
13-1 Odenmacho Nihonbashi Chuo-ku, TOKYO
MAP: http://1x3x1.jp/
Organised by Art Autonomy Network[AAN] http://a-a-n.org/
[PR]
by a-a-n | 2012-09-25 23:59 | イベント | Comments(0)
陶芸お披露目&加賀料理
東京は残暑続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
日中はまだ夏のようですが、
夜、鈴虫の声が聞こえてくると、秋の訪れを感じますね。

さて、前日のお知らせとなってしまいましたが、
明日はスペシャルAAキッチンでございます!

6月、アーティスト山内崇嗣さんによる陶芸ワークショップで作成した作品が焼き上がり、
お披露目会をすることになりました!

また、つい最近まで山内さんが参加していた展覧会の場所が「金沢」
ということで、海鮮品豊富な加賀食材による加賀料理会となります♪

陶芸お披露目&加賀料理の会
9月12日(水)19:00頃~
場所:Creative Hub 131 3階
お食事代:1,000円 

☆アルコールは1本250円となります

ワークショップ参加の方々の個性あふれる陶芸作品は見ものですよ!
加賀料理もお楽しみに~。

↓陶芸ワークショップのヒトコマ
d0058440_21342584.jpg

皆様のご参加をお待ちしています。

(大澤)
[PR]
by a-a-n | 2012-09-11 21:42 | イベント | Comments(0)
《食通》エクステンションツアー  中津川へGo! その2
2日目の朝です。

実は5時に起きて<鰻の仕掛け>の結果をみに行く、という
「隠れオプション」がありました。

皆さん寝る前にそれを聞いて意気込んでいたのですが、
そこに泊まった10人程度の人のなかで
実際そのオプションに参加できたのは、TAROさんひとりだけ。
TAROさん、前の晩も決して早寝ではなかったはずなのに、さすがです!

というわけで、その<仕掛け>の様子はTAROさんから伝え聞くしかないのですが、
‘川通(かわつう)’の13歳の男の子が
川案内から鰻の仕掛けまで全部を案内してくれたのだとか。

結果的には、漁はボウズ(=収穫ゼロ)だったらしいのですが、
驚くほど単純な仕掛けで鰻をとる方法にTAROさん、びっくりしていました。

それにしてもそんな少年がいるなんて・・・中津川、頼もしい。

***

ところで、
夏の山の朝は気持ちいいものです。

特に「曽我家離れ」での目覚めは、とても快適でした。

ドアを開けたら(この時期には不思議ですが)ウグイスが鳴いていたので、
あまりの気持ち良さに家を全面開け放ってしまいました。
d0058440_6345078.jpg


こんなことができる環境、すごくうらやましいです。

こういう環境にいると、
自然とお腹もすいてきます。

d0058440_6391149.jpg

d0058440_6332673.jpg


****

さて、前日の二日酔いも中津川の空気と日射しで癒えた一行、
本日はほぼ終日かけてのオプショナルツアーとなります。

大変お世話になった曽我家を後に、
一行はそのまま中津川の皆さんの車に便乗し
(本日は高山さんのご友人、西尾さんの車も出して頂きました)、一路西へ・・・瑞浪(みずなみ)市陶(すえ)町へ・・・。

そこにはわたしたちAANが一角をシェアしているCreative Hub131のエクゼクティブ・ディレクターで、
アーティストの新野圭二郎さんのアートプロジェクト「全人類対話場」の制作現場があります。

道中は山また山ですが、夏の緑はとても美しく、
空と、山と、また時折見える川のコントラストが壮大です。
しかも城好きな参加者(杉さん)によると、
このあたりは城址の宝庫とか。

途中で1回、山岡という場所にある道の駅(おばあちゃん市)に立ち寄りつつ、
さらに山深き陶(すえ)町へ・・・中津川からは車でほぼ1時間半強の道のりでした。
***

一行が車を降り立った場所はこういうところ。

d0058440_6375467.jpg


一面山林です。

そしてその山のひとつが、なんと新野さんの作品の制作現場でした。
その山は、約7万5千平米、東京ドーム1個半ぶんの広さがあります。想像できますか?・・・

新野さんはそこに世界のありとあらゆる著名な人たちを招き、
まさに《全人類》が対話を行えるような舞台(=作品)を制作計画中です。

実際東京でそのお話を聞くよりも、
その場にいて聞くほうが臨場感ありました。
きっとその場にいた人たちの頭には、
それぞれの「完成図」がさまざまに想像されたことと思います。
d0058440_6435797.jpg

d0058440_64577.jpg


※この場に行かれなかった方がたへ、
この間のCreative Hub131の1周年イベントで公開された、
その「完成模型図」がこちらです。
d0058440_6412115.jpg


***

ところでこの場所は、かつては日本の代表的な陶磁器メーカー、ノリタケ(Noritake)の
大きな工場があったところでした。

新野さんの制作現場(山)の対面にあるちょっとした高台に、
長細い木造の小学校の校舎みたいな建物がありました。
それは新野さんによると、ノリタケの社員寮(食堂・お風呂等)だったそうで、
まるで山のなかの分校舎のようです。
d0058440_6424429.jpg

d0058440_6472632.jpg

近くには蓮の花の咲く池もあり、面白い場所だねーとその辺をみんなで散策していると、
新野さんに山を貸してくださっている‘お父さん’がふらっと登場されました。

これには新野さんもびっくり。

早速そこから‘お父さん’こと橋本さんに案内していただき、
先ほどの社員寮、
d0058440_6483656.jpg

d0058440_6504792.jpg

そしてすぐ近くにある
大きなノリタケの工場跡も見学させてもらうことが出来ました。

d0058440_6493026.jpg

この方が‘お父さん’です。

この工場跡。まだなかに資材は残っているものの、スケール感がすごい!
d0058440_6521896.jpg

d0058440_653322.jpg

d0058440_6544694.jpg


そんな広大な工場を、
「みんなで美術館にでも使ったらどうかな」
と気軽におっしゃっる‘お父さん’はそんな心の大きな方でした。

そして、わたしたちが工場内の規模、設備、いろんなことに感嘆しながらみているのを、
楽しそうにみていらっしゃいました。

最後に、
「都会は電車が数分に一度来るのに、みんなエスカレータを走っているでしょう。
 そういう人たちの心の安らぎになるようなことを、何かしたいと思っているんだよねぇ」
としみじみ語って下さったのがとても印象的で、
わたしは久々に人の言葉でホロっときました。
d0058440_6552927.jpg


<‘お父さん’また遊びに来ます!>

きっとみなさん、同じ思いだったはずです。

***

さて、そんなこんなで時間が押せ押せになってしまいました!
一行は急いで車に分乗させていただき、また一路中津川市内へと・・・。

そして、お昼をかなりまわった頃、
一行は中津川に到着しました。

お昼はどうしましょう?ということで、
中津川の方から
「せっかく‘食’のイベントで来たのだったら、
是非中津川のB級グルメ(お店の方、ごめんなさい!)も試してほしいな」
という言葉をいただき、駅の近くの『五十番』さんを訪れました。

中津川市に育ったみなさん(特に男性?)にとっては、特になつかしいお店のようです。
メニューのほとんどが500円以下。
そしてこのボリューム!!
d0058440_6563449.jpg

(↑あまりボリューム感が感じられない写真でごめんなさい、でも本当に大盛り!という感じでした。)

ほとんどのメンバーが、このお店の名物、マヨネーズ入りの塩焼きそばを試していました。
すごい量だったのですが、ほぼ皆さん完食!

それにしてもこういう青春の思い出の店、
誰の記憶のなかにも少なからずあるのではないでしょうか。
ずっと続いてほしいものです。

***

ところで、ここからまたCreative Hub 131の仲間、
「社員食堂Lab.」の代表、笠原さんが合流しました。

なにやら賑やかになる予感?!・・・

本来ならばそこから一路、旧中山道(なかせんどう)の宿場町である馬籠(まごめ)に向かうはずでしたが、
皆さんの「ここまで来たからは、中津川での<食通>の聖地に立ち寄りたい」
というたっての希望により、
落合という旧中山道の宿場町にあたる一角に向かいました。

その名も、LABORATORY。宿を提供していただいた中津川メンバー、
曽我さんと曽我さんのお母さんが経営されている工房兼レンタルスペースです。
d0058440_658899.jpg


風格ある入口を入ると、
土間の奥からすぅーーーっと涼しい風が感じられる様でした。
天井が高くて、梁も立派。
この建物は、旧庄屋さんだったそうで、
すでに築200年なのだそうです。

その重厚な日本建築に、
曽我さんのシルバーアクセサリーや、お母様の藍染めなどの織物、
そのほか陶芸や漆器、ガラス製品などが
とても居心地よさそうに陳列されています。
d0058440_2051752.jpg

d0058440_20606.jpg


わたしたちは、靴を脱いでお店の奥へ。
すると、きちんと手入れをされたお庭がみえ、そのお庭を独り占め
するような位置に、中津川の<食通>ツアーの現場がありました。
d0058440_7058.jpg


かつては宿場の旦那さんたちが集って
俳諧でも楽しんでいたような・・・いい場所でした。

しばし皆さん、そこで佇んでおられました。

玄関まで戻ってくると、
曽我さんのお母さんが
お茶と茹でたてのトウモロコシを用意していてくださいました。

ずっといたい・・・そんな空間。

みんな離れがたくも、帰る時間が迫っています。
泣く泣くお母さんの笑顔に見送られて、
その場を去りました。

d0058440_763693.jpg

曽我さんのお母さん。

***

さて、そこを出発してさらに車で20分程度移動し、
今回のオプションの最終地、馬籠(まごめ)に到着しました。

ここはそもそも長野県だったのですが、
2005年から岐阜県中津川市に編入されました。
長野県出身のわたしには、そんなことでとても身近に感じる
場所でした。

急な坂が特徴です。この坂を人を乗せた馬が通っていたのでしょうか。
昔は人も馬も、みな健脚だったのだろうなぁ・・・と
ヘロヘロになりながら我々も坂を上っていきました。
d0058440_2073745.jpg


坂の途中には、木造の水路を使った水車もあり、
昔はこのような風景があちこちにあり、
水力で臼をひいたり、日常生活に使われていたのでしょうね。
智恵のある暮らし・・・今の私たちの生活のどこかに、参考にしたいことです。
d0058440_773383.jpg


・・・などと思いつつ、皆さんの体力は限界間近。
太陽もなかなかかぎってくれません。

そこでふと入った喫茶「四方木屋(よもぎや)」さん。
実は、その近くにある藤村記念館のゆかり、藤村のご長男のご家族が
経営しているお店でした。

そこで我々は・・・藤村の生い立ちの話やあれやこれや・・・
とんでもない話を繰り広げていたのでした。
内容は・・・割愛しましょう(笑)。
d0058440_2082335.jpg

・・・

d0058440_79635.jpg

その四方木屋さんの前で、
お店の奥様に入っていただき、記念の1枚。

その後、藤村記念館に行く人あり、
もっと上まで上る人あり、
それぞれに馬籠を楽しんだ後、
いよいよお別れの時間となりました。

***
お土産タイムもなんとかあり、
滑り込みセーフとはいかないまでも、
ギリギリで高速バスに乗り込みました。

3連休の最終日ということもあり、
帰りの高速バスは言うまでもない渋滞に巻き込まれましたが、
皆さん無事で帰ることができ、
120%満足の<食通>ツアーでした。

本当に、中津川の皆さん、TAROさん、本当にありがとうございました。
東京-中津川間の<食通>イベントは終了してしまいましたが、
これからも何かのかたちで
ずっとつながっていけたらいいですね。

最後に前の日に河原で撮った
記念の1枚を・・・。
d0058440_7102752.jpg

(TAROさん、高山さん、新野さん、冨重さん、竹内さん、杉さん、小木曽さん、伊藤さんご夫妻、
 大鶴さん、佐藤さん、松井さん、武藤さん、ヨウさん、嘉藤、林・・・そしてどこかに
 写っているかな・・・??翌日参加の西尾さんと敬太さん)

マタイキタイナ。。。

(林)

***
さいごのさいごに。
《食通》in 中津川ツアー にご参加の皆さんのプロフィールも兼ねてご紹介♪

中津川の皆さんの《食通》レポート:
http://laboratorydb.wordpress.com/

Eat & Art TAROさん(東京):
http://eat-art.s2.bindsite.jp/
☆現在「越後妻有トリエンナーレ」にて
<越後妻有フード記
http://www.echigo-tsumari.jp/calendar/event_eat_and_art_taro_tsumari_foodki
開催中です(スケジュールは上記URLにてご確認ください)。

高山さん(中津川):
http://www.grounddesign.jp/
http://www.architectsunion.net/

曽我さん(中津川):
クラフトショップ LABORATORY
岐阜県中津川市 落合831(旧中山道 落合宿の中ほど)
電話:0573-69-3562

佐藤さん(中津川):
www.suiheiya.com/

新野さん(東京):
http://www.keijironiino.com
☆現在、Creative Hub 131(中央区日本橋大伝馬町13-1)の1階に、アートプロジェクト「全人類対話場」の進行を公開中です。

笠原さん(東京):
http://www.miraitv.com/

武藤さん(名古屋):
http://transit-building.com/
http://www.n-mark.com/
[PR]
by a-a-n | 2012-07-16 23:26 | イベント | Comments(0)



オルタナティブと呼ばれるようなアートの活動をアート・アーカイブの構築などでネットワークしていく団体のブログです。
by a-a-n
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
三者視点!「ドイツ芸術祭:ミ..
at 2017-08-06 23:55
HISスタディツアー「3都市..
at 2017-07-30 15:16
アートニュース・リーディング..
at 2017-05-28 23:59
「ドクメンタ&ミュンスター芸..
at 2017-05-20 23:59
2017年春夏コース『藝術英..
at 2017-03-26 00:00
カテゴリ
全体
サポートスタッフ
イベント
ドキュメント
アーカイブ作業
ポートフォリオミーティング
その他
活動歴
エデュケーション
リサーチ
大江戸町人アカデミー
展覧会
アートコミッション
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
検索
最新のコメント
スペインのプラド美術館に..
by desire_san at 23:17
イラストは、Vectcu..
by a-a-n at 15:55
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書の書き方 at 14:02
受講参加希望します。第5..
by 吉筋和子 at 16:02
受講参加希望します。第5..
by 吉筋和子 at 16:01
朝子様>メッセージ、あり..
by a-a-n at 20:18
こんにちわ。 4月に満..
by ASAKO at 14:45
とても魅力的な記事でした..
by 株のポートフォリオ at 16:36
あけましておめでとうござ..
by スタービーチ at 10:33
賢く利用すれば絶対お得な..
by ペニーオークション at 14:04
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧