カテゴリ:展覧会( 5 )
ダイアローグIV「遠隔関係」展@NICA開催のお知らせ
English text is as follows.
AAN企画は、国際写真展をNICAにて開催します。
キュレーションをAANディレクターおよびNICA企画委員である嘉藤笑子が担当します。
アメリカの写真家ダナ・フリッツは、この展覧会期間中に日本におりますので、ぜひ会いに来てください。

DIALOGUES IV “Distant Affinity゛
対話4「遠隔関係」

国際現代写真展
2016年6月7日-6月18日
NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Arts


国際現代写真展「DIALOGUES(対話)」は、国内外アーティストふたりを一組とする展覧会シリーズです。このダイアローグ展の特徴は、お互いのアイデアやスキルを活かしながら、各々の既存の作品を見極め尊重し、世界発信に向けたアートシーンを築いていくものです。本展は、写真作品によるダナ・フリッツ(アメリカ)と高田洋三(日本)がタッグを組んで開催します。
ダナ・フリッツは、ネブラスカ大学で写真芸術を教えながら、個人作家として長年にわたり写真制作を行ってきました。また、高田洋三は、2016年2月に札幌大通地下ギャラリー500m美術館賞で「グランプリ」に受賞し、現在、日本における最も注目される現代写真家になります。
本展をきっかけに継続的な写真を通した文化交流が可能となり、国際ネットワークを繋げていきます。

<展覧会情報>
◎日程:2016年6月7日~18日
◎開館時間:11:00‐18:00 
◎定休日:6月12日(日)・6月13日(月)
◎入場無料
◎クロス・トーク@NICA
参加アーティスト2名 x キュレーター嘉藤笑子
特別ゲスト:中里和人(写真家・東京造形大学教授)
日程:6月11日(土)16:00-18:00 
入場料:1,000円
★6月11日(土)18:00‐20:00 懇親会(オープニングパーティを兼ねます)

◎会場:NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
NICA住所:東京都日本橋大伝馬町13-1-PUBLICUS NIHONBASHI地下1階
◎アクセス
●最寄駅:営団日比谷線小伝馬町駅から徒歩3 分/J R 総武線快速馬喰町駅から徒歩4 分/
地下鉄都営浅草線東日本橋駅から徒歩5 分/都営新宿線馬喰横山駅から徒歩4 分/     

d0058440_106185.jpg


高田洋三、東京
高田洋三は、ドキュメンタリーでありながら、絵画的であり、どこか非現実的な風景をつくりだす。社会がつくる風景と、そこにつくられる私たちの日常のリアリティを、写真がつくる虚構の世界を通して観察しているような、アイロニーとユーモアを交えた視点をもっている。クラウド・ミュージアム2013(名古屋)、札幌国際芸術祭2014に参加。第4回 札幌500m美術館賞2016 グランプリ受賞。

Yozo Takada, Japan
Yozo Takada photographs the landscape and human manipulation of it with irony, humor and a quiet sensitivity. Without any manipulation, his documentary-style photographs amplify the fictional potential of the real world and ask viewers to consider their place in society. His work has been included in many exhibitions in the U.S. and Japan including the Sapporo International Art Festival, 2014. Recently, he has won the 4th Sapporo 500m Gallery Award in 2016.


ダナ・フリッツ, ネブラスカ
ダナ・フリッツは、現在ネブラスカ‐リンカーン大学の芸術学部教授。これまで自然環境をテーマに写真作品を制作している。最近では、アメリカ全土やフランス、中国、日本などで60以上の展覧会に出品している。日本では、PlaceM(東京)や豊田市美術館(愛知)の展覧会に参加している。また、アメリカ、フランスの美術館に収蔵されていて、アーティスト・イン・レジデンスにも数多く参加している。

Dana Fritz, Nebraska, USA
Dana Fritz is Professor of Art at University of Nebraska-Lincoln. Her photographs focus on the ways we shape and represent the natural world. In the last decade, her work has been in over 60 exhibitions in the U.S., France, China and Japan including Place M and Toyota Municipal Museum of Art. Fritz has been awarded artist residencies at Villa Montalvo (California,) PLAYA (Oregon,) and Biosphere 2 (Arizona.)

d0058440_1062779.jpg


<問合せ先>
Art Autonomy Network [AAN]
住所:東京都中央区日本橋大伝馬町13-1, Creative Hub131-6F
E-mail:info@a-a-n.org

主催:Art Autonomy Network[AAN]
共催:NICA: Nihonbashi Institution of Contemporary Arts

DIALOGUES IV “Distant Affinity゛
7⁻18 June 2016
at Nihonbashi Institute of Contemporary Arts

The International Photography Exhibition: DIALOGUES IV “Distant Affinity”, is the fourth exhibition of DIALOGUES as the series of contemporary art exhibitions curated by Emiko Kato, Art wAutonomy Network[AAN].
The exhibition is held in NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts in order to provide the opportunity of the international contemporary arts in the central Tokyo.
Dana Fritz (Nebraska, USA) and Yozo Takada (Tokyo, Japan,) the two participating artists, bring their work together to create an exhibition that will engage global ideas about the past, present and future. Fritz and Takada use photography as their creative method and it serves as the main medium for this exhibition.

Artists: Dana Fritz (Nebraska,USA) × Yozo Takada (Tokyo)
Date: Tuesday, 7th June- Saturday, 18th June 2016 (10 days)
Closed on 12th June Sunday, 13th June Monday
Open Hours : 11:00 – 18:00
Opening reception : 11th June, Friday 18:00 – 20:00
◎Admission Free  
◎Cross talk (artists x curator) : 1,000yen
11th June 16:00-18:00
Special Guest: Kazuto Nakazato (Photographer, Professor of Tokyo Zokei University)

NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
Nihonbashi Institute of Contemporary Arts[NICA]is situated in a historical area called
Nihonbashi. Since 2015 NICA, an alternative art space, provides the opportunity to experience contemporary arts in the central Tokyo. NICA hosts international projects such as workshops, exhibitions, symposia, and talk evets. Nihonbashi district has been a large mercantile centre since Edo period (17th -19th Century) to the present day. Nihonbashi developed as Japan’s predominant financial district in Tokyo. The town name “Nihonbashi” is actually derived from the particular “bridge” itself. It is well known that the bridge was a starting point of five major routes (Godaikaido) since the Edo era. The bridge has attracted many people and lots of artists depicted the bridge in their art works. It is obvious that the role of bridge, one of the forms of construction, is to connect and combine the various links.
And, in fact, the bridge has become symbol inspiring the creation and development of art projects throughout its historical and cultural circumstances.
[PR]
by a-a-n | 2016-06-18 23:59 | 展覧会 | Comments(0)
第3期DIALOGUES展「はしのまち」2月27日開始!
English texts is following as below,
DIALOGUES展 ~ダブルスx3連続国際展~
★第3回展2015年2月27日(金)-3月14日(土)
サム・ストッカー(イギリス・東京) x 近藤恵介(東京)


「はしのまち」
27th Feb.-14th March 2015

d0058440_10565017.jpg

日本橋の地名は、その名のとおり<橋>から来ています。この橋が江戸時代から町の要所として五代街道の起点になっていることは多くの人がご存知でしょう。そして、その存在は人々を魅了し続け、多くの芸術作品に取り上げられてきました。<橋>という構造物が結ぶことや繋ぐことの役割であることは明白です。そして、実際に多くの人々の歩みを歴史のなかで繋いできた存在なのです。
今回は、橋の新解釈ともなる軽やかな建築的な側面と絵画的な側面が、アーティストの作品となって結び繋がることになるでしょう。

★オープニング・レセプション
2015年2月27日(金)18:00-20:00
会場:NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
パフォーマンス:上運天純一、池田哲、ジャック・マリーン、アキレス・ハッジ、レネ・ヴァン・ムンステ
ル、サム・ストッカーなど。
※入場には、パスポート(500円)が必要です。

<展覧会情報>
◎各展覧会:10日間
◎開館時間:11:00‐18:00 初回金曜日18:00‐20:00(オープニング・レセプション)
◎定休日:日曜日・月曜日・火曜日(週休3日間)
◎入場料:500円(全展共通パスポート/期間中は再入場可)
◎クロス・トーク(参加アーティスト x キュレーター):1,000円(パスポート割引500円)
※1月17日、2月7日、2月28日(全て土曜日16:00‐18:00)

★スペシャル・イベント「はしを探るアートのはなし」
2015年2月28日(土)14:30-18:00

日本橋は、その様相をさまざまに変えながら400年間という歴史を刻みながら近世と近代、そして現代までを繋ぐかけはしとなってきました。そこでメタファーとしての<橋>を探してみましょう。例えば浮世絵に描かれた「江戸百景」や「熈代勝覧」といった栄華を極めた時代や、明治以降の錦絵で描かれたモダンな街並みや情景を現代の街並みと重ね合わせて歩きましょう。その方法は、歴史家や専門家の知識や視点というよりアーティストやキュレーターが気になる<はし>を探していく作業になります。みなさんと一緒にそれぞれの気づきを共有しましょう。

【第1部】日本橋ウォーキング14:30-16:00
集合:「日本橋」麒麟の像の前(最寄駅:東西線日本橋駅、銀座線三越前駅)@14:30
※定員20名(まち歩きのみ):事務局メール(info@a-a-n.org)まで申込ください。
※日本橋からNICAまで街歩きを実施。「はしのまち」鑑賞後にトーク会場へ。
※雨天決行(荒天中止)
ガイド:近藤恵介&サム・ストッカー、丹羽良徳(アーティスト)、スザンナ・ハートリッチ(アーティスト)、緒方恵一(NPOアートフル・アクション代表理事)、嘉藤笑子

【第2部】クロス・トーク16:00−18:00
会場:Creative Hub131 3階「社員食堂」
入場料:1,000円(ウォーキング参加費含む)、パスポート+ワンドリンク付
パネリスト:街歩きのガイド全員
※クロス・トークから参加可能、時間内に展覧会をご覧いただけます。

★クロージング・パーティ
日時:2015年3月14日(土)18:00-20:00
会場:NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
入場料:1,000円(パスポートのある方は500円)+ドリンク&フード付き

PART 3サム・ストッカー(Sam Stocker) イギリス/東京
1977年英国ロンドン市生まれ。英国レディング大学美術学部を卒業後、エディンバラ・カレッジ・オブ・アートにてポストグラデュエートディプロマを取得。現在、東京藝術大学大学院に在籍中。ストッカーは、空間を構成する構造や形態を読み解き、そこに関わる室内外の要素、建具や支持体、付随する構成物のすべてを読み替えていくことで、新たな構造体を創出していく手法をとっています。それは、室内に限らず野外においても同様な手法を用いていますが、最近では、より広がりを見せていて街全体や遠隔区域を結び付けていくような、”環境”ともいえる大きなスケールをひとつの構造体に変換させていく試みを行っています。ストッカーは、絵画を専攻したことで、限られた2次元の世界に新たな基軸を加えていくことに可能性を見出しているのかもしれません。それによって、これまで「インスタレーション」と呼ばれてきた作品とは異なるコンテクストを提供し、新たな表現に取り組んでいるといえるでしょう。
http://www.samstocker.com/

PART3 近藤恵介(東京)
Keisuke Kondo(Tokyo)

1981年、福岡県生まれ。東京藝術大学で日本画を学んだ近藤は、その保守的な校風にそぐわない現代的な絵画を制作してきました。やまと絵などの古画から引用した大胆な構図のなかに、作家自身の日常生活に近しいものや今日的な表現を併置させています。近年では絵画という平面領域を拡張しようと、画中にインスタレーション的空間を招き入れ、その「場」を跳躍台として、絵画的な身振りから人間の営み全体を考えます。そのことは、新しい「日本画」を独創することとも通底していると言えるでしょう。
http://aanet.exblog.jp/21527558/

Art Autonomy Network [AAN] 2015
“DIALOGUES”
Doubles x 3 parts exhibitions


主催:Art Autonomy Network[AAN]
協力:NICA: Nihonbashi Institution of Contemporary Arts, N STUDIO,Inc.
後援:カナダ大使館、ブリティッシュ・カウンシル
助成:文化庁平成26年度文化庁優れた現代美術の海外発信促進事業
グレイトブリテン・ササカワ財団

Art Autonomy Network [AAN] 2015
“DIALOGUES”

Doubles x 3 parts exhibitions
The International Contemporary Art Exhibition “DIALOGUES” is the three separated
exhibitions by six emerging artists who are paired for each exhibition.
By having two artists as a combination, it will encourage and challenge each artist to
enhance his/her knowledge and skills to create one original program that will lead to global
art scene. Through out the exhibition, we are having new challenges.

● Each exhibition is a combination program of two domestic and international artists who
meet each other for the first time for this exhibition.
● Each exhibition is created based on communications between two artists.
● Each artist create new works to represent “Nihonbashi” through his/her perspective.
● The people who involves in each process create each exhibition.
■The 3rd Exhibition: “Bridge Town” (Hashi no Machi)

Sam Stocker(London/Tokyo) x Keisuke Kondo(Tokyo)

The town name “Nihonbashi” is actually derived from the particular “bridge”
It is well known that the bridge was a starting point of five major routes (Godaikaido) since
Edo era. The bridge has attracted many people and lots of artists depicted the bridge in
their art works. It is obvious that the role of bridge, one of the forms of construction, is to
connect and combine. And, in fact, it has connected and witnessed many people’s way in
its history.

Part3: 27th Feb. – 14st March. 2015 (10 days)
Every Wednesday, Thursday, Friday, Saturday
Venue: NICA: Nihonbashi Contemporary Arts
Address: PUBLICUS B1 13-1 Odemacho Nihonbashi Chuo-ku, Tokyo
Admission:500yen (passport valid for all parts)
Open Hours: 11:00-18:00

★Opening Reception: 27th Feb. 18:00-20:00
Performances: Junichi Kamiunten, Satoshi Ikeda, Jack McLern courtesy of The Container,
Aquiles Hadjis, Rene Van Munster, Sam Stocker

★Researching into Nihonbashi through Walking/Artists Talk: 28th Feb. 14:30 – 18:00
Nihonbashi (Nihonbashi Bridge) over the Nihonbashi River is a symbol of the area
Nihonbashi. Nihonbashi Bridge has appeared as a bridge that connects the modern and
contemporary history with its history of 400 years. So now, let us find a “bridge” as a
metaphor. As you walk, try capturing the flourishing era as depicted in the Ukiyoe prints, as “One Hundred view of Edo” and “Kidai shoran”, and modern street scenery depicted in the Nishikie prints of Meiji era in Today’s scenery. That is “bridge finding” of artists and
curators in different perspectives from that of historians and specialists. Shall we make
share what you find?

【Part I】Walking Nihonbashi
Meeting Place at the statue of Kirin at Nihonbashi @14:30-16:00
Please contact us to make book for the walking only: info@a-a-n.org
After viewing of the exhibition[Bridge Town]at NICA, continue into the talk.

【Part II】Cross Talk: Artists x Curator
Venue: Creative Hub 131 3rd Floor. (13-1 Odenmacho Nihonbashi Chuo-ku, TOKYO)
Charge: 1,000yen for Passport+ One drink (incld. walking programme)
Special Guests: Yoshinori Niwa(artist),Susanna Hertrich(artist),Keiichi Ogata(NPO Artfull
Action) as same as the walking programme.

★Closing Party: 14th March 18:00-20:00
1,000 yen (incld. Passport, Food & drinks)
Curator: Emiko Kato
Organiser:Art Autonomy Network[AAN]
Cooperation: NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts, N STUDIO Inc.
Supporter: British Council Tokyo, Canada Embassy
Grant: the Agency of Cultural Affairs, Great Britain Sasakawa Foundation
URL: http://nicatokyo.com/
[PR]
by a-a-n | 2015-03-20 01:00 | 展覧会 | Comments(0)
国際美術展「ダイアローグ」展の開催のお知らせ
English texts are following as below.

新春、AANは1月16日~3月16日にかけて大掛かりな国際展を開催します。「ダイアローグ」展と題された本展は、3回に分けて国内外のアーティストによる二人展となります。各回、海外作家と日本人作家の競演による新たな試みをどうぞお楽しみください。
 また、会場は、NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts(ニカと呼んでください)という新しいアートスペースです。
こちらもお披露目をかねて1月16日にグランドオープニングパーティを開催しますので、そちらもどうぞ気にかけてくださいね(ご招待者のみですので、あらかじめご了承ください)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
DIALOGUES展 ~ダブルスx3連続国際展~

2015年1月16日(金)-3月14日(土)
会場:NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
入場料:500円(全期パスポート)


国際現代美術展「DIALOGUES(対話)」は、国内外アーティスト6名による連続3期をふたり展とすることで、お互いのアイデアやスキルを活かしながら従来の作品とは異なる創造的領域を創出し、世界発信に向けたアートシーンを築いていきます。そのなかでは、いくつか新しい試みをしています。
―新しく出合った海外と日本のアーティストがダブルスを組んで展覧会を開催します。
―相互コミュニケーションを大切にした作品づくりを行います。
―アーティストの視点で考える「日本橋」がアート作品になります。
―いろんな人が関わることでひとつの展覧会になります。

■第1回展 2015年1月16日(金)-1月31日(土)「ひかりのまち」
シャーロット・マクグワン=グリフィン(イギリス・ベルリン) x 栗山斉(茨城)
■第2回展 2015年2月6日(金)-2月21日(土)「かわのまち」
 ジョン・ササキ(トロント) x 森田浩彰(東京)
■第3回展2015年2月27日(金)-3月14日(土)「はしのまち」
サム・ストッカー(イギリス・東京) x 近藤恵介(東京)

<展覧会情報>
◎各展覧会:10日間x 3会期
◎開館時間:水曜日~土曜日(週4日間)
11:00‐18:00 初回金曜日18:00‐20:00(オープニング・レセプション)
◎定休日:日曜日・月曜日・火曜日(週休3日間)
◎入場料:500円(全展共通パスポート/期間中は再入場可)
◎クロス・トーク(参加アーティスト x キュレーター):1,000円(全期パスポート付き)
※1月17日、2月7日、2月28日(全て土曜日16:00‐18:00)
★2015年1月16日(金) 18:00‐21:00 グランドオープニング・パーティ

●NICA住所:東京都日本橋大伝馬町13-1-PUBLICUS NIHONBASHI地下1階
●最寄駅:営団日比谷線小伝馬町駅から徒歩3 分/J R 総武線快速馬喰町から徒歩4 分/
地下鉄都営浅草線東日本橋駅から徒歩5 分/都営新宿線馬喰横山駅から徒歩4 分/      

主催:Art Autonomy Network[AAN]
協力:NICA: Nihonbashi Institution of Contemporary Arts, ㈱N Studio
後援:カナダ大使館、ブリティッシュ・カウンシル
助成:文化庁平成26年度文化庁優れた現代美術の海外発信促進事業
グレイトブリテン・ササカワ財団

<問い合わせ>
Art Autonomy Network [AAN]
住所:東京都中央区日本橋大伝馬町13-1, Creative Hub131-6F
Tel&Fax:03-6206-2767 E-mail:info@a-a-n.org

★第1回展 2015年1月16日(金)~1月31日(土)
第1回展「ひかりのまち」
16th Jan-31st Jan 2015,
Opening Reception: 16th January 2015
日本橋に降り注ぐひかりは、江戸時代に町中の日本家屋から仄かにこぼれていた障子のあかりでしょうか。それとも近代になってから繁華街に煌くネオンのあかりでしょうか。そんな風にシンプルに語れるわけではないのですが、時代を超えてひかりはそこにあることを伝えてくれるでしょう。
今回は、それぞれの作家が普遍的に活用しているネオン管と和紙のインスタレーションによる競演をお楽しみください。

Charlotte McGowan­Griffin(London/Berlin)
シャーロット・マクゴワン‐グリフィンは、ロンドンに生まれたイギリス人であり、ゴールドスミス・カレッジで修士を取得したのちベルリンを活動拠点にしています。1999年から紙の切り絵を中心に作品を制作しています。彼女にとって切り絵は、引き算や足し算といった矛盾を伴う創作といえるでしょう。それは、ときに切り落とす/剥ぎ取るといったネガティヴな表現と捉えていました。しかし、最近では「切り入れる」といった紙を取り込む工程として、より伝統的な技術を含む創作行為であると考えています。いまでは紙による大型のインスタレーションに変化してきています。

d0058440_17155693.jpg

d0058440_17161389.jpg


栗山斉(茨城)
Hitoshi Kuriyama(Ibaraki)
1979年 兵庫県生まれ。2011年 東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術領域博士後期課程修了 博士(美術)。
「無」と「存在」について作品制作を通じて探求。近年では「0=1」という独自の仮説を打ち立て、「無」と「存在」が同等であることを作品によって現象的に実証する試みを行っています。主な活動に、「宇宙の中の私の宇宙」eNarts(京都)、「data and vision」AKI gallery(台北)、「0, 1, and visions」Venice Projects(ベニス)、「第54回ベニスビエンナーレcollateral event Glasstress」ムラーノ島旧ガラス工場(ベニス)、「Drifting Images」BODA(ソウル)、「What Dwells Inside」S12 Galleri og Verksted(ベルゲン)など。http://hitoshikuriyama.blogspot.com

d0058440_1717148.jpg

d0058440_17171668.jpg


英文です。

“DIALOGUES”
Doubles x 3 parts exhibitions
16th January -14th March 2015
Venue : NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts

The International Contemporary Art Exhibition “DIALOGUES” is the three separated exhibitions by six emerging artists who are paired for each exhibition. By having two artists as a combination, it will encourage and challenge each artist to enhance his/her knowledge and skills to create one original program that will lead to global art scene. Through out the exhibition, we are having new challenges.
● Each exhibition is a combination program of two domestic and international artists who meet each other for the first time for this exhibition.

● Each exhibition is created based on communications between two artists.

● Each artist create new works to represent “Nihonbashi” through his/her perspective.

● The people who involves in each process create each exhibition.



Part 1: Friday, 16th Jan- Saturday, 31st Jan 2015,
“Light Town” (Hikari no Machi)
Charlotte McGowan-Griffin (Berlin/London) x Hitoshi Kuriyama (Toride)
16th Jan-31st Jan 2015,

What is the light you see in Nihonbashi?  Is it the dim light from Japanese paper screen in Edo era? Or is it the glittering neon lights in today? It is not so simple to talk about lights like that, but you make feel the existential lights throughout the ages in the history.
In this exhibition, you will enjoy the collaboration of art works using neon tubes and Japanese traditional paper.


Part 2 Friday, 6th Feb.- Saturday, 21st Feb 2015
“River Town” (Kawa no Machi)
Jon Sasaki (Toronto) x Hiroaki Morita (Tokyo)
6th Feb.-21st Feb 2015

The city of Edo was evolved and known as “river town”. There are Nihonbashi River and Kamejima River in Nihombashi area, and there are many disappeared rivers such as Sakura River and Shinkawa (river). Soon after the establishment of the Edo Shogunate, the rivers were maintained and used as water transportation where many merchant ships were going by. Those ships played important role to bring not only the merchandise but also culture and wealth to the area.
Having gone through the traumatic disasters such as earthquake and WWII, the rivers much changed as well as the city.
In the exhibition, two artists will collaborate to search the river and to shoot documentary videos cruising underwater by the self-controlled camera. See what happens……find something historical objects, so on ?


Part 3 Friday, 27th Feb.- Saturday, 14th March 2015
“Bridge Town” (Hashi no Machi)
Sam Stocker (England/Tokyo) x Keisuke Kondo (Tokyo)

The town name “Nihonbashi” is actually derived from the particular “bridge”. It is well known that the bridge was a starting point of five major routes (Godaikaido) since Edo era. The bridge has attracted many people and lots of artists depicted the bridge in their art works. It is obvious that the role of bridge, one of the forms of construction, is to connect and combine. And, in fact, it has connected and witnessed many people’s way in its history.


- Exhibitions : 10days each x 3 sessions / Wednesday thru Saturday (4days)

- Open hours : 11:00 – 18:00 (Opening reception : 18:00 – 20:00 on First Fridays

- Closed on Sunday, Monday, Tuesday

- Admission : 500yen (exhibition ticket valid for all sessions is given)

- Cross talk (artists x curators) : 1,000yen (500yen with exhibition ticket)

l January 17th, February 7th, February 28th (Saturdays from 16:00 to 18:00)

* Grand Opening Party : Friday, January 16, 2015, 18:00 – 21:00


■Charlotte McGowan­Griffin(London/Berlin)

Charlotte McGowan­Griffin is a British artist born in London. After earning Master degree at Goldsmith College, she has based in Berlin.
Paper cutting, a process of creation by subtraction, entails a paradox whereby form is usually delineated by what is removed or cut away – its negative counterpart. While She has worked with this medium/process since 1999, she has more recently focused on a process she calls “cutting in”, as opposed to the more traditional technique of “cutting out”. The technique rarely involves the removal of paper, and leads to large-scale sculptural works and installations, often temporal in nature.



Hitoshi Kuriyama(Ibaraki)

Hitoshi Kuriyama was born in 1979 in Hyogo, Japan. He earned a Ph.D. in Inter-Media Art from Tokyo University of the Arts (2011). In his works, he explores equivalency in conflicting ideas such as “existence” and “non-existence” or “creation” and “destruction,” and demonstrates them from a scientific perspective. He has theorized the hypothesis “0=1” and attempts to prove it through his works. He has participated in numerous exhibitions worldwide such as “data and vision” Aki gallery (Taipei), “0,1, and visions” Venice Project (Venice), “GLASSTRESS 2011” collateral event of the 54th Venice Biennale (Venice), “Drifting Images” BODA (Soul), and ”What Dwells Inside” S12 Galleri og Verksted (Bergen).

Organisation: Art Autonomy Network[AAN]
Supporters:NICA: Nihonbashi Institution of Contemporary Arts, N Studio Inc.
Sponsorship:Canadian Embassy, British Council, Tokyo
Subsidy: Cultural Affairs of Japan, Great Britain Sasakawa
[PR]
by a-a-n | 2015-03-17 00:00 | 展覧会 | Comments(0)
”DIALOGUES”ダブルスx3連続国際展
DIALOGUES展 ~海外+日本ふたり展x3連続国際展~

2015年1月16日(金)-3月14日(土)
会場:NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
入場料:500円(全期パスポート)

AANは、日本橋に新しく開館したNICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Artsを世界水準のアートセンターにすべく新たな感性と斬新なメッセージ性を追求した国際展を企画します。21世紀におけるグローバル化が進行する文化芸術の世界において、真に国際的舞台で活躍できるアーティストを継続的にご紹介していくものです。今回は、「DIALOGUES」展として、国内外のアーティスト2名がダブルスを組み、プロセスを通して1つの展覧会を作り上げていく方法で3回連続に国際展を開催していきます。3つの展覧会は、本展キューレーター・嘉藤笑子(AAN)によって選出された国際派のアーティスト6名で、本展覧会を機会に初めて顔合わせていくことになりますが、新たな領域に向かうべくコミュニケーションをベースに進行していきます。

■第1回展 2015年1月16日(金)-1月31日(土)「ひかりのまち」
シャーロット・マクグワン=グリフィン(イギリス・ベルリン) x 栗山斉(茨城)

■第2回展 2015年2月6日(金)-2月21日(土)「かわのまち」
 ジョン・ササキ(トロント) x 森田浩彰(東京)

■第3回展2015年2月27日(金)-3月14日(土)「はしのまち」
サム・ストッカー(イギリス・東京) x 近藤恵介(東京)

<展覧会情報>
◎各展覧会:10日間x 3会期 水曜日~土曜日(週4日間)を開廊
◎開館時間:11:00-18:00 初回金曜日18:00-20:00(オープニング・レセプション)
◎定休日:日曜日・月曜日・火曜日(週休3日間)
◎入場料:500円(全展共通パスポート/期間中は再入場可)
◎クロス・トーク(参加アーティスト x キュレーター):1,000円(パスポート割引500円)
※展覧会期間の第1週目土曜日を基本とする。
★2015年1月16日(金) 18:00-21:00 グランドオープニング・パーティ
d0058440_0591215.jpg

d0058440_104613.jpg

[PR]
by a-a-n | 2015-03-14 00:00 | 展覧会 | Comments(0)
冨井大裕展『繊維街』
冨井大裕個展 Motohiro Tomii

『繊維街』 Fabric Town


名古屋・長者町と東京・東日本橋の繊維街を結ぶ既製品衣服を使った立体作品。
Three dimensional works by Motohiro Tomii, an artist using ready-made fabric cloths which are purchased in the two different fabric towns between Chojamachi, Nagoya and Nihonbashi Chuo-ku, Tokyo.
Curator: Emiko Kato

会期:2013年9月7日(土)~9月14日(土)13:00~19:00
会場: N-MARK B1ギャラリー(長者町トランジットビル地下1階)
入場無料

Date: 7th Sep-14th Sep 2013, 13:00~19:00
Venue: N-Mark
Admission Free

[オープニング・イベント]
9月7日(土)13:00-14:00アーティストトーク
パネリスト [冨井大裕・嘉藤笑子・武藤勇]
住所:名古屋市中区錦2-11-13 長者町トランジットビル 2F

アーティスト:冨井大裕
キュレーター:嘉藤笑子

<関連イベント>
「くうちゅう美術館 キックオフ・ミーティング」
日程:9月6日(金)18:00-22:00
基調講演:嘉藤笑子(Art Autonomy Network[AAN]ディレクター)
ケータリング:Eat and Art TARO
会場:くうちゅう美術館(テレビ塔2F/3F 名古屋市中区錦3丁目6-15先)

「ポートフォリオ・ミーティングvol.9 Nagoya」
9月7日(土)14:00-18:0
プレゼン作家:10名(公募)
コメンテーター:嘉藤笑子(キュレーター)・冨井大裕(アーティスト)・石崎尚(愛知県立美術館学芸員)
会場:トランジットスタジオ(長者町トランジットビル2F)
定員:30人程度
入場無料
※プレゼン希望のアーティストは、N-markまでご連絡ください。

文化庁委託事業「平成25年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁、Art Autonomy Network[AAN]
共催:クラウドミュージアム準備委員会(くうちゅう美術館)/N-mark
企画・制作:Art Autonomy Network[AAN]
協力:ユミコチバアソシエイツ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今回、東京のAANからのお誘いで、名古屋のN-markのスペースにて展覧会を行うことになった。AとかNとかアルファベットの略称が行き交うメールでのお誘いだったが引き受けることにした。このAとNにはお互いの拠点が繊維街の中にあるという共通項があるとのこと。そこで、この繊維をキーワードに二つの場所を作品と展示で繋ごうということらしい。何故、私がそこで誘われたのかについては、聞いてもなかなか答えてくれない。とはいえ、私が既製品を使っていて、服を用いた作品も作っていたからという単純なことではないらしい。この辺の真意はトークまでお預けということか。ともかくも私の方は、服や布の作品を作りたいと思っていたので、渡りに舟ということでお引き受けさせて頂いた。展覧会タイトルは「繊維街」であるが、私が作りたいものは、布であり服であり、それでありながらそれでないなにかである。
″There will be my solo exhibition, which will be held at N-mark, an art space in Nagoya, which I was offered by AAN, Art Autonomy Network in Tokyo. The offer came to me through e-mails in which abbreviations like “A” and “N” were simply going back and forth, and I did not really understand the whole idea of this exhibition. Anyway, I have decided to take up this invitation. I have heard that these “A” and “N” have a common point that both of their bases are located in a district of fiber wholesale dealer, then the idea may be meant to connect these two bases through the exhibition of my works with a keyword “fiber”. I have not yet successfully got an answer from them to my question why I was chosen. It does not seem simply because I have used ready-made articles in my works and made works with clothes. Looks like the real reason has been put on hold until the talk show scheduled during the exhibition.
I wanted to make some works with clothes and cloth, so it was a very good timing to take this opportunity to put that into practice. The exhibition title is “Fabric Town” but what I want to present are clothes, cloth and similar things but not quite the same.″
Motohiro Tomii

d0058440_18551557.jpg


<冨井大裕プロフィール>
1973年新潟県生まれ、東京都在住。既製品に最小限の手を加えることで、それらを固定された意味から解放し、色や形をそなえた造形要素として、「彫刻」のあらたな可能性を模索する。近年の参加展覧会に、「横浜トリエンナーレ2011」(横浜美術館、2011年)、「MOTアニュアル2011」(東京都現代美術館、2011年)、「水と土の芸術祭2012」(万代島旧水揚場、新潟、2012年)、「マンハッタンの太陽」(栃木県立美術館、2013年)など。また、2008年よりアーカススタジオにて、作品が朽ちるまで続く実験的な個展「企画展=収蔵展」を開催、Twitterにて毎日発表される「今日の彫刻」などと併せ、既存の展示空間や制度を批評的に考察する活動でも注目を集める。

Born in Niigata in 1973, He is currently living in Tokyo. He adds a minimum touch to the ready-made objects in order to release the object from the fixed definition then explore new possibility of "sculpture" which holds color or shape as a formative element. For him, creating artwork is “a quest for a quality of incomprehensibleness.” He aims to reflect this into his creativeness. Recent major exhibitions include; Manhattan in Pinhole – Thermodynamics of the Sun, Tochigi Prefectural Museum of Fine Arts (2013), Water and Land – Niigata Art Festival 2012, Bandaijima site, Niigata (2012), MOT Annual 2011, Museum of Contemporary Art Tokyo (2011), Yokohama Triennale 2011, Yokohama Museum of Art (2011). Since 2008, he has been holding this solo exhibition, Special Exhibition = Permanent Collection Exhibition at ARCUS Studio in Ibaraki, in which he carries out the experimental show that is not finished until the work rust away. Along with everyday-updated Today's sculpture series on his Twitter, he works as a critic to consider the existing exhibition space or system.
 
■嘉藤笑子Emiko Katoプロフィール
Art Autonomy Network[AAN]ディレクター/キュレーター。日本橋大伝馬町のクリエイター集合体”Creative Hub131"に拠点を置き、多種多様なアート事業を展開し、国内外のアートネットワークを手掛ける。沖縄、横浜、東京・向島など地域のなかのアートプロジェクトを数多く手掛けている。向島学会理事(2005年~)/神山アーティスト・イン・レジデンス(徳島県神山町)の評価委員(2006年~)継続中。著書・訳書・カタログ執筆など多数。現職は、跡見学園女子大学/武蔵野美術大学兼任講師。http://a-a-n.org/

Emiko Kato
Director/Curator of Art Autonomy Network[AAN], currently working on the lecturers of Atomi University, and Musashino Art University. She starts AAN in 2005, and been organizing the variety of art events and building up the network among abroad and domestic art groups and individuals, and archiving the materials for the diversity of art activities at Creative Hub131 in which AAN office is based. She has been making the community based art projects in the different regions; Okinawa, Yokohama, Mukojima in Tokyo, etc. A Member of Association of Mukojima studies (2005-), Member of Evaluation committee for Kamiyama Artists in Residence(2006-).

■石崎尚 Hisashi Ishizakiプロフィール
1977年、東京都三鷹市生まれ。2002年多摩美術大学大学院美術研究科芸術学専攻修了。世田谷美術館学芸員、目黒区美術館を経て2012年より愛知県美術館学芸員。主な論考に「彫刻の臨界—日本の現代彫刻、70年代以後」、「彫刻の重さ」など。
[PR]
by a-a-n | 2013-09-14 23:59 | 展覧会 | Comments(0)



オルタナティブと呼ばれるようなアートの活動をアート・アーカイブの構築などでネットワークしていく団体のブログです。
by a-a-n
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
三者視点!「ドイツ芸術祭:ミ..
at 2017-08-06 23:55
HISスタディツアー「3都市..
at 2017-07-30 15:16
アートニュース・リーディング..
at 2017-05-28 23:59
「ドクメンタ&ミュンスター芸..
at 2017-05-20 23:59
2017年春夏コース『藝術英..
at 2017-03-26 00:00
カテゴリ
全体
サポートスタッフ
イベント
ドキュメント
アーカイブ作業
ポートフォリオミーティング
その他
活動歴
エデュケーション
リサーチ
大江戸町人アカデミー
展覧会
アートコミッション
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
検索
最新のコメント
スペインのプラド美術館に..
by desire_san at 23:17
イラストは、Vectcu..
by a-a-n at 15:55
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書の書き方 at 14:02
受講参加希望します。第5..
by 吉筋和子 at 16:02
受講参加希望します。第5..
by 吉筋和子 at 16:01
朝子様>メッセージ、あり..
by a-a-n at 20:18
こんにちわ。 4月に満..
by ASAKO at 14:45
とても魅力的な記事でした..
by 株のポートフォリオ at 16:36
あけましておめでとうござ..
by スタービーチ at 10:33
賢く利用すれば絶対お得な..
by ペニーオークション at 14:04
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧