「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
ダイアローグIV「遠隔関係」展@NICA開催のお知らせ
English text is as follows.
AAN企画は、国際写真展をNICAにて開催します。
キュレーションをAANディレクターおよびNICA企画委員である嘉藤笑子が担当します。
アメリカの写真家ダナ・フリッツは、この展覧会期間中に日本におりますので、ぜひ会いに来てください。

DIALOGUES IV “Distant Affinity゛
対話4「遠隔関係」

国際現代写真展
2016年6月7日-6月18日
NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Arts


国際現代写真展「DIALOGUES(対話)」は、国内外アーティストふたりを一組とする展覧会シリーズです。このダイアローグ展の特徴は、お互いのアイデアやスキルを活かしながら、各々の既存の作品を見極め尊重し、世界発信に向けたアートシーンを築いていくものです。本展は、写真作品によるダナ・フリッツ(アメリカ)と高田洋三(日本)がタッグを組んで開催します。
ダナ・フリッツは、ネブラスカ大学で写真芸術を教えながら、個人作家として長年にわたり写真制作を行ってきました。また、高田洋三は、2016年2月に札幌大通地下ギャラリー500m美術館賞で「グランプリ」に受賞し、現在、日本における最も注目される現代写真家になります。
本展をきっかけに継続的な写真を通した文化交流が可能となり、国際ネットワークを繋げていきます。

<展覧会情報>
◎日程:2016年6月7日~18日
◎開館時間:11:00‐18:00 
◎定休日:6月12日(日)・6月13日(月)
◎入場無料
◎クロス・トーク@NICA
参加アーティスト2名 x キュレーター嘉藤笑子
特別ゲスト:中里和人(写真家・東京造形大学教授)
日程:6月11日(土)16:00-18:00 
入場料:1,000円
★6月11日(土)18:00‐20:00 懇親会(オープニングパーティを兼ねます)

◎会場:NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
NICA住所:東京都日本橋大伝馬町13-1-PUBLICUS NIHONBASHI地下1階
◎アクセス
●最寄駅:営団日比谷線小伝馬町駅から徒歩3 分/J R 総武線快速馬喰町駅から徒歩4 分/
地下鉄都営浅草線東日本橋駅から徒歩5 分/都営新宿線馬喰横山駅から徒歩4 分/     

d0058440_106185.jpg


高田洋三、東京
高田洋三は、ドキュメンタリーでありながら、絵画的であり、どこか非現実的な風景をつくりだす。社会がつくる風景と、そこにつくられる私たちの日常のリアリティを、写真がつくる虚構の世界を通して観察しているような、アイロニーとユーモアを交えた視点をもっている。クラウド・ミュージアム2013(名古屋)、札幌国際芸術祭2014に参加。第4回 札幌500m美術館賞2016 グランプリ受賞。

Yozo Takada, Japan
Yozo Takada photographs the landscape and human manipulation of it with irony, humor and a quiet sensitivity. Without any manipulation, his documentary-style photographs amplify the fictional potential of the real world and ask viewers to consider their place in society. His work has been included in many exhibitions in the U.S. and Japan including the Sapporo International Art Festival, 2014. Recently, he has won the 4th Sapporo 500m Gallery Award in 2016.


ダナ・フリッツ, ネブラスカ
ダナ・フリッツは、現在ネブラスカ‐リンカーン大学の芸術学部教授。これまで自然環境をテーマに写真作品を制作している。最近では、アメリカ全土やフランス、中国、日本などで60以上の展覧会に出品している。日本では、PlaceM(東京)や豊田市美術館(愛知)の展覧会に参加している。また、アメリカ、フランスの美術館に収蔵されていて、アーティスト・イン・レジデンスにも数多く参加している。

Dana Fritz, Nebraska, USA
Dana Fritz is Professor of Art at University of Nebraska-Lincoln. Her photographs focus on the ways we shape and represent the natural world. In the last decade, her work has been in over 60 exhibitions in the U.S., France, China and Japan including Place M and Toyota Municipal Museum of Art. Fritz has been awarded artist residencies at Villa Montalvo (California,) PLAYA (Oregon,) and Biosphere 2 (Arizona.)

d0058440_1062779.jpg


<問合せ先>
Art Autonomy Network [AAN]
住所:東京都中央区日本橋大伝馬町13-1, Creative Hub131-6F
E-mail:info@a-a-n.org

主催:Art Autonomy Network[AAN]
共催:NICA: Nihonbashi Institution of Contemporary Arts

DIALOGUES IV “Distant Affinity゛
7⁻18 June 2016
at Nihonbashi Institute of Contemporary Arts

The International Photography Exhibition: DIALOGUES IV “Distant Affinity”, is the fourth exhibition of DIALOGUES as the series of contemporary art exhibitions curated by Emiko Kato, Art wAutonomy Network[AAN].
The exhibition is held in NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts in order to provide the opportunity of the international contemporary arts in the central Tokyo.
Dana Fritz (Nebraska, USA) and Yozo Takada (Tokyo, Japan,) the two participating artists, bring their work together to create an exhibition that will engage global ideas about the past, present and future. Fritz and Takada use photography as their creative method and it serves as the main medium for this exhibition.

Artists: Dana Fritz (Nebraska,USA) × Yozo Takada (Tokyo)
Date: Tuesday, 7th June- Saturday, 18th June 2016 (10 days)
Closed on 12th June Sunday, 13th June Monday
Open Hours : 11:00 – 18:00
Opening reception : 11th June, Friday 18:00 – 20:00
◎Admission Free  
◎Cross talk (artists x curator) : 1,000yen
11th June 16:00-18:00
Special Guest: Kazuto Nakazato (Photographer, Professor of Tokyo Zokei University)

NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
Nihonbashi Institute of Contemporary Arts[NICA]is situated in a historical area called
Nihonbashi. Since 2015 NICA, an alternative art space, provides the opportunity to experience contemporary arts in the central Tokyo. NICA hosts international projects such as workshops, exhibitions, symposia, and talk evets. Nihonbashi district has been a large mercantile centre since Edo period (17th -19th Century) to the present day. Nihonbashi developed as Japan’s predominant financial district in Tokyo. The town name “Nihonbashi” is actually derived from the particular “bridge” itself. It is well known that the bridge was a starting point of five major routes (Godaikaido) since the Edo era. The bridge has attracted many people and lots of artists depicted the bridge in their art works. It is obvious that the role of bridge, one of the forms of construction, is to connect and combine the various links.
And, in fact, the bridge has become symbol inspiring the creation and development of art projects throughout its historical and cultural circumstances.
[PR]
# by a-a-n | 2016-06-18 23:59 | 展覧会 | Comments(0)
Cross Talk「国際現代写真展ダイアローグ4遠隔関係」
d0058440_03501767.jpg
《クロストーク》6月11日(土)16~18時
出演:高田洋三+ダナ・フリッツx キュレーター嘉藤笑子
ゲスト:中里和人(写真家・東京造形大学教授)
レセプション・パーティ(懇親会)18時~20時
入場料1000円
d0058440_03505929.jpg
国際現代写真展「対話4〝遠隔関係″」は、写真を基本に作品制作を行うふたり:ダナ・フリッツ(アメリカ・ネブラスカ州)と高田洋三(東京)がタッグを組んで開催します。
二人の作家と写真家・中里和人氏を交えて写真について話をします。真剣に写真芸術について考えてみましょう。

現代社会では、写真作品が多くの場面で見られるようになりました。すでに写真が誕生してから約 175 年になろうとしています。そして、日本に写真技術が渡ってからも150 年以上にもなり、写真を驚きの存在として捉えるのは難しいといえるでしょう。日本は、技術的革新を数多く成し遂げてカメラ王国として君臨してきました。しかしながら、ハードウェアの消耗品として写真は消費されてきました。したがって、長い時間を過ぎても日本において、写真はハイカルチャーというより消費されていく大量生産のひとつにすぎません。

とはいえ、洗練された芸術という格式ばったメディアではないからこそ、楽しめるアートだといえます。
ふたりのアーティストは、アリゾナの実験的人工生態系施設「バイオスフィア2」で出会い、お互いの写真姿勢に共通点を見出したようです。今回、ふたりが同時期に撮影した同施設の写真をペアで展示することで、たくさんの物語が見えてきます。

今回のための新作も必見ですよ。
それでは、会場にてお待ちしています。
d0058440_03523996.jpg

★6月17日(金)18時~19時は、ギャラリーガイドを実施、こちらは無料です。
キュレーター嘉藤笑子とふたりのアーティストも登場しますので、こちらもぜひ来てくださいね。

[PR]
# by a-a-n | 2016-06-18 23:59 | イベント
NICAギャラリーガイドと「なじょも十日町 by AAキッチン」
d0058440_06413661.jpg
d0058440_06414206.jpg



More
[PR]
# by a-a-n | 2016-06-17 06:43 | イベント | Comments(0)
Cross Talk「国際現代写真展ダイアローグ4遠隔関係」
《クロストーク》6月11日(土)16~18時
出演:高田洋三+ダナ・フリッツx キュレーター嘉藤笑子
ゲスト:中里和人(写真家・東京造形大学教授)
レセプション・パーティ(懇親会)18時~20時
入場料1000円


国際現代写真展「対話4〝遠隔関係″」は、写真を基本に作品制作を行うふたり:ダナ・フリッツ(アメリカ・ネブラスカ州)と高田洋三(東京)がタッグを組んで開催します。
二人の作家と写真家・中里和人氏を交えて写真について話をします。真剣に写真芸術について考えてみましょう。

現代社会では、写真作品が多くの場面で見られるようになりました。すでに写真が誕生してから約 175 年になろうとしています。そして、日本に写真技術が渡ってからも150 年以上にもなり、写真を驚きの存在として捉えるのは難しいといえるでしょう。日本は、技術的革新を数多く成し遂げてカメラ王国として君臨してきました。しかしながら、ハードウェアの消耗品として写真は消費されてきました。したがって、長い時間を過ぎても日本において、写真はハイカルチャーというより消費されていく大量生産のひとつにすぎません。

とはいえ、洗練された芸術という格式ばったメディアではないからこそ、楽しめるアートだといえます。
ふたりのアーティストは、アリゾナの実験的人工生態系施設「バイオスフィア2」で出会い、お互いの写真姿勢に共通点を見出したようです。今回、ふたりが同時期に撮影した同施設の写真をペアで展示することで、たくさんの物語が見えてきます。

今回のための新作も必見ですよ。
それでは、会場にてお待ちしています。

★6月17日(金)18時~19時は、ギャラリーガイドを実施、こちらは無料です。
キュレーター嘉藤笑子とふたりのアーティストも登場しますので、こちらもぜひ来てくださいね。

[PR]
# by a-a-n | 2016-06-09 03:48 | イベント
「藝術英語塾」アートニュースリーディング短期コース募集!
「藝術英語塾2016」Art News Reading
受付終了!
定員になりましたので、受付を終了させていただきます。
たくさんのご応募ありがとうございました。
秋講座【Basic English】(全5回)
【Presentation Skills for Artists】(全7回)
以上の講座にご参加いただきますように、心よりお待ちしています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

d0058440_913256.png

Art Autonomy Network[AAN]は、「藝術英語塾2016」短期コースを開催します。講師陣は、国際的なアートの現場で活躍するアーティスト、キュレーター、ディレクターです。

『アートニュース・リーディング』
2016年5月22日、6月19日、7月17日、8月21日、9月18日
会場:NICA: Nihonbashi Institute of Contemporry Arts 
募集:現代社会のアートシーンを知りたい人


現代社会の動向を合わせてニュースやウェブサイトから最新のアート情報を学びます。普段から海外のアートシーンに関心をもちながら、さらに深いところでアートを考察したいひとに向いています。アートに関する英字記事や英語サイトをリーディングし、参加者でディスカッションを行います。現代社会のアートを通して英語の実力アップを目指します。

取扱う記事(参考):Guardianアートウィークリー、BBCエンターテイメント&アート、Art21など。
d0058440_2281869.jpg


【こんな人に最適なプログラムです】
◆アートが好き!英語も学びたい!と思っているひと
◆海外でたくさんアートに触れたいひと
◆海外留学を考えている方or予定しているひと
◆海外のアーティスト・イン・レジデンスに申請を予定or決定しているひと
◆国際展や海外アートフェアを予定or決定しているひと
◆アートを通じて自分を成長させたいひと

講座日程・料金】
■コース: 『アートニュース・リーディング』Art News Reading
日程:2016年5月22日、6月19日、7月17日、8月21日、9月18日
(全5回、日曜日を基本とする)
 各講座13:30-16:00
受講料: 18,500円+1,480円(税金)
対象:アーティスト、学生、アートに興味あるひとなら誰でも受講可能。
定員:12人
会場:NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
《特別割引》リピーターとして受講する場合は、受講料が20%オフとなります。


《申し込み方法》
E-mail(info@a-a-n.org)にてお申込みいただいた後に、振込先をご連絡いたします。
件名に「芸術英語塾」と明記してください。
①名前、②連絡先(電話・携帯番号・E-mail)、③特別割引(リピーター/友人紹介)
※本プログラムは、振込終了後に受付完了となります。
※参加対象:英語レベルは初心者から~中級者まで、海外旅行未経験者歓迎。
※講義日程・内容や講師について、やむを得ず変更や中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※会場の変更がある場合があります。変更は事前にお知らせしますのでご了承ください。
※個人的理由による欠席や中途解約をされても返金不可ですのでご承知ください。
※お茶菓子サービスを提供いたします。

<プログラム>
1.記事に扱われているアーティスト、アートワーク、展覧会、ミュージアム、事件などの背景を知る。
2.ニュース記事を熟読してボキャブラリー、グラマー、文章力を高め、英語の表現力を身に着ける。
3.ニュースのトピックを基にコミュニケーションを高めディスカッションを行う。
4.クリエイティヴ・シンキング:アートシーンの構造を理解していく。
5.ニュースクリップによって編集力・構成力を磨いていく。
6.ホームワークを継続することでアートと英語の総合力をつける。

■会場
NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
住所:東京都中央区日本橋大伝馬町13-1(PUBLICUS地下) 
最寄駅:営団日比谷線小伝馬町駅から徒歩3 分
J R 総武線快速馬喰町から徒歩4 分/
地下鉄都営浅草線東日本橋駅から徒歩5 分
都営新宿線馬喰横山駅から徒歩4 分/

d0058440_2272253.jpg

d0058440_229895.jpg


◆チューター方式
受講生が対面授業と個人個人のスキルに合わせた成長型の学習方法(tutor style)を取り入れていきます。受講生の英語能力に差異があっても、授業の過程で個々の学習状況に合わせてフレキシブルに対応していきます。これまでの英語教育には見られない相互コミュニケーションを重視して進行していきます。毎回、簡単なホームワークを出して常時英語に触れる機会を増やしていきます。

《講師》
【嘉藤笑子 / Emiko Kato】チューター 
Art Autonomy Network[AAN]ディレクター・キュレーター。1992-1993ロンドンシティ大学博物館美術館運営学修士(MA)取得。1994年Fruit Market Gallery(エディンバラ) 館長アシスタント。「美術手帖」英国特派員、テレビ番組「ロンドンアートリポート」コーディネター。帰国後は、インディペンデントに国際展/アートプロジェクトを企画実施。書籍、情報誌、新聞など執筆・翻訳多数。現在、武蔵野美術大学・跡見学園女子大学兼任講師。
※アート界に通じたスペシャル・ゲスト講師を招く場合があります。

主催:特定非営利活動法人Art Autonomy Network[AAN]
共催:NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
企画/制作:特定非営利活動法人Art Autonomy Network[AAN]

特定非営利活動法人Art Autonomy Network[AAN]
〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町13-1-6階“Creative Hub131”内
E-mail: info@a-a-n.org, URL: http://www.a-a-n.org

[PR]
# by a-a-n | 2016-04-13 15:17 | Comments(0)
「藝術英語塾2015」最終回プレゼンの終了!
「藝術英語塾2015」プレゼンスキルコース(通称Aコース)の最終回は、受講生5人による英語プレゼンテーションでした。
今季はいろいろと突発的なことが多く、皆さん準備が大変だったと思いますが、どうにかプレゼンまで完成することができてよかったです。(^^♪

 スペシャルゲストとしてアーティストのサム・ストッカー(東京芸術大学博士過程)にコメント&アドバイスをしてもらい、皆さん充実したプレゼンだったのではないでしょうか。もちろん、まだまだ発展途上ですから、さらにブラッシュアップして世界を目指してください。

何より、みなさんが授業を通して英語力、プレゼン力を身に着けた姿を見ることができてよかったです。今回は、プレゼンできなかったひとも、ぜひとも継続して次回に発表していただければと思います。

語学は、日常的に使わないとすぐに忘れてしまいます。これからも英語を口にしたり、文章読んだり、ニュースをみたりと日ごろから英語に触れてくださいね♪

 打上げは、上野公園で花見?? 愛犬の「ことり」もずーと一緒でしたよ。みんな、優しくしてくれてありがとう。不忍の池のほとりで一杯やりながら、楽しいひと時でした。今年は、塾生3期生になるのかなー。
ずーと先にでも全期生が集まって同窓会をしたいなぁ。そんなに継続できるのかはわかりませんが、、、、、^^;

次回の「藝術英語塾」は、5月~9月に新企画「Art News Reading」が始まります。
英字新聞や英字サイトを読んで、最新のアート情報をアップデートしていきます。藝術談義に力が湧いて、自然に英語も身についていくでしょう!お楽しみ!詳細はAANHPやfacebookで紹介しますね。お申込みをお待ちしています!

d0058440_22235431.jpg

d0058440_22243874.jpg

d0058440_2224888.jpg

[PR]
# by a-a-n | 2016-03-28 22:25 | Comments(0)
「藝術英語塾」ベルリン博物館島
『藝術英語塾』からお知らせです。
Art Autonomy Network[AAN]の「藝術英語塾」一般教養向け(B)「世界の美術館A world of museums」は【ベルリン博物館島】が最終回となります。
お申込みはE-mailにてお願いします。
次回【ベルリン博物館島】は、3月12日(土)です。
世界のなかでも<まち>の在り方が、こんなにも目まぐるしく変遷した都市はあるでしょうか。今回の主役である「博物館島」を通してベルリンという都市の歴史を振り返りながら、1830年から1930年まで100年を費やして建てられた5つの博物館を丁寧に紹介していきます。「博物館島」は、Spree川の中州であり、かつてはプロセイン王国の宮殿が存在していました。そして、この<島>は1989年に壁が崩壊するまで東側にありました。第二次世界大戦において都市全体が破壊され大きく傷つきましたが、現在の博物館島は、新しく生まれ変わり、ドイツを代表する貴重なコレクションを見ることができます。若いアーティストたちが楽しんで住んでいるまち「ベルリン」を訪れてみましょう。
(B)文化的な海外旅行を楽しむためにアートを学び、文化芸術に親しむための基礎的な英語で旅を楽しみます。
テキストや配布資料は、英語ですが、講義は日本語で行います。
英語は、まったく苦手というひとにも初歩的な英語力で世界の美術館について学びつつ楽しめます。
会場は、日本橋のクリエイターの集合体であるCreative Hub131ビル3階「社員食堂」にて開催します。
d0058440_1143310.jpg

d0058440_114279.jpg

 
◆3月12日(土)『ベルリン博物館島』(ベルリン)
受講料|一般 5,500円(税込5,940円)
   |アーティスト/学生4,400円(税込4,750円)
時間|14:00-16:00
会場|Creative Hub131 3階「社員食堂」
主催|Art Autonomy Network[AAN]
※各回、お茶菓子を食べながらゆるやかに開催します。
ご検討くださいね。
興味があればAAN(info@a-a-n.org)までお問合せください。

http://aanet.exblog.jp/22559770/
◆会場:Creative Hub131 3階
〒103-0011
東京都中央区日本橋大伝馬町1 3-1
最寄駅:営団日比谷線小伝馬町駅から徒歩3 分
J R 総武線快速馬喰町から徒歩4 分/
地下鉄都営浅草線東日本橋駅から徒歩5 分
都営新宿線馬喰横山駅から徒歩4 分/
MAP http://1x3x1.jp/
主催:特定非営利活動法人Art Autonomy Network[AAN]
企画/制作:特定非営利活動法人Art Autonomy Network[AAN]
協力:NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
d0058440_1132720.jpg

[PR]
# by a-a-n | 2016-03-12 14:00 | Comments(0)
[スリランカの子供たちの落書きからテキスタイルをデザインする]
『スリランカテキスタイルプロジェクト』
~スリランカの子供たちの落書きからテキスタイルをデザインする~

d0058440_19242163.jpg

韓国を拠点に活動しているデザイナーの杉原悠太さんをお招きして、スリランカにおけるテキスタイルプロジェクトを紹介します。このデザイン画は、スリランカの養護施設に生活している子どもたちの絵が原画になっています。子どもの絵そのものが素敵ですが、それをもとにテキスタイルに再構成されたデザインが秀逸。今回は、サンプルとしてバッグ、帽子、ポーチ、スカーフなどの生活用具にデザインされたテキスタイルを手に取って見れるそうです(^^♪
さらに今後は、スリランカでショップ展開していくことや、アジアのクリエイター・ネットワークを構築していくそうで、アジア全体の大きな展望が期待されます!熱い国からホット情報が満載♬ 楽しみですね(^^♪
また、スリランカの街並みを撮影した写真のスライドショーを通じて文化・生活など身近な情報を交換します。みなさんのなかで、スリランカ情報などをお持ちであれば、ぜひ交換しましょう。

◆スリランカテキスタイルプロジェクトは、スリランカの子供たちが描いた絵を元に、テキスタイルをデザインする活動です。大自然や宗教装飾に囲まれて暮らす子供たちの「豊かな色彩」や「ユーモラスなモチーフ」からデザインされたテキスタイルをはじめ、スリランカの文化や情報を世界中の人々に向けて発信しています。

d0058440_1926138.jpg


日時|12月15日(火)19:00‐22:00
定員|20名
入場料|1,000円(Food付きスパイスカレーとサラダ)アルコール別途(250円~)
場所|Creative Hub131の3階(社員食堂)
主催|パルプンテ(Creative Hub131の6階メンバーAAN嘉藤含む)
お問い合わせ|AAN嘉藤まで
www.srilanka-textile.com

d0058440_1925631.jpg

d0058440_19252241.jpg

●時間
[つくる]18:30位~
[たべる] 20:00位~
[かたづける] 21:00位から22:00位まで

●メニュー
ココナッツミルク・グリーンカレー
サラダ
ほか

❤エスニック料理が好きなひと、スパイスが得意なひと!
ぜひ来てください!一緒にスパイシーカレーをつくりましょう!

●パルプンテは、Creative Hub 131の6階に入居するメンバー主催の、何が起こるかわからないゆるいごはん会です。AANは、6階に入居しているのでメンバーとして活動中!
モットーは「みんなでつくって、みんなで食べて、みんなで片付ける」というワークショップ形式のごはん会。みんなで調理も片づけもシェアしてこそ、楽しいごはんがたべれますよ♪ 初めましての方も大歓迎です。
d0058440_19254753.jpg

[PR]
# by a-a-n | 2015-12-15 23:59 | イベント | Comments(0)
東京AANx京都ANEWAL GALLERY~日本橋と西陣をつなぐ
AANxANEWALプレゼンツ『オランダ作家3人を囲んで~日蘭交流AIRトークの会』

English text is followed: 
d0058440_154076.png
                            

京都の町家を改装したギャラリー「ANEWAL Gallery」などが主催し、2015年9月から3か月間、町家に滞在制作しているオランダのアーティストたち(姉妹ユニットと女性作家の3人)による日蘭交流事業「京町家アーティスト・イン・レジデンス(AIR)2015」が行われています。アムステルダムから作家3人が来日し、京都で制作した新作をANEWAL GALLERYにて発表します。その後、このアーティスト3人を含むが、京町家AIRのメンバーが東京に来てプレゼンテーションを行います。今回の京町家での生活やアート活動について語り、ざっくばらんに海鮮鍋を食べながらゆるやかな交流をしていきましょう。
 これまでANEWAL Galleryは、<まちに出る、ギャラリー>として、街並みや街並みや地域に開かれた活動や京町家の魅力を活かした事業をさまざまに展開してきました。その活動をさらに拡張していく展開してきました。その活動をさらに拡張していく新たな国際的なAIR事業を2016年から始動します。今後、AANとANEWAL Galleryは、本事業の提携を通じて、京都と東京の交流を深めていきます。

日時|12月9日(水)19時~22時 ※途中退出も可
定員|20名(ご希望の方は事前に予約をお願いします。当日まで受け付けます)
入場料|1000円(Food付き。海鮮鍋を食べながら)、アルコール別途(250円~)
トーク|Iteke&Tjitske Hemkes,Jikke Van Loon(いずれも京町家AIR15招聘作家)
言語|英語(日本語の逐次通訳付き)
場所|Creative Hub131の3階(社員食堂) 東京都中央区日本橋大伝馬町1 3-1-3F
主催|Art Autonomy Network[AAN]+ANEWAL Gallery

<アクセス>
〒103-0011
東京都中央区日本橋大伝馬町1 3-1-3F Creative Hub131
最寄駅:営団日比谷線小伝馬町駅から徒歩3 分
J R 総武線快速馬喰町から徒歩4 分/
地下鉄都営浅草線東日本橋駅から徒歩5 分
都営新宿線馬喰横山駅から徒歩4 分/
MAP http://1x3x1.jp/ (アクセス欄をご覧ください)

<問合せ先>
特定非営利活動法人Art Autonomy Network[AAN]
〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町13-1-2階“Creative Hub131”内
E-mail: info@a-a-n.org, URL: http://www.a-a-n.org

オランダのアーティスト紹介
d0058440_1541535.jpg

d0058440_1541261.jpg

●Iteke and Tjitske Hemkes(イテケとチツケ・ヘムケス)
イテケ(1984)とチツケ・ヘムケス(1980)はアーティストの姉妹。
妹のイテケはハーグ王立芸術アカデミーでファッションとテキスタイル、グラフィックデザイン、二つの学士課程を卒業。現在はイラスト、映像やパフォーマンスといった分野で活躍している。姉のチツケはアイントホーヴェンのデザイン・アカデミーを卒業し、現在アムステルダムでフリーランスデザイナーとして映像やファッション、パフォーマンスから商品デザインにいたるまで、アートとデザインの境界にある作品を制作している。
itekehemkes.com
tjitskehemkes.com

d0058440_1542771.jpg

d0058440_15423926.jpg

●Jikke van Loon (ジッケ・ファン・ローン)
1971年にオランダのデン・ハーグに生まれる。アムステルダム在住。人間の身体や精神の捉え方をテーマとして彫刻、ドローイングやインスタレーションアートを扱った作品を創作するビジュアルアーティスト。近年は、日本の「侘び寂びにみられる繊細さと不完全さ」に興味を持ち、自らの作品へと取り入れる。jikkevanloon.com

「京町家アーティスト・イン・レジデンス2015」
招待作家:ジッケ・ファン・ローン、イテケとチツケヘムケス(計3名)
アーティスト滞在期間:9/25~12/16
成果発表展:12/4~6(予定)
レジデンス:ANEWAL Gallery、米田邸

共催:
日本文化センター(JCC)
公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター
特定非営利活動法人ANEWAL Gallery
後援:オランダ王国大使館、在大阪・神戸オランダ総領事館

「京町家アーティスト・イン・レジデンス2015」お問い合わせ:
NPO法人 ANEW AL Gallery
〒602-0059 京都市上京区実相院町156
TEL:075-431-6469
MAIL:contact@anewal.net
FAX:075-950-3240

AAN is conjunction with ANEWAL Gallery so that we are going to have the reporting talk event regarding of “Kyoto Machiya Artist in Residence (KMAIR)” led by ANEWAL Gallery in Kyoto City in 2015. We are delighted by our new network project between Tokyo and Kyoto for encouraging with our cultural developments among those areas through this association.
Currently, three Dutch artists (a pair of sisters unit and solo artist) have been staying in Machiya (traditional detached house) independently and create new art works as the parts of KMAIR programmes. After their programmes completed in Kyoto, they come on Creative Hub131 in which AAN office is located and AAN,we are having the kitchen programmes regularly. Therefore, the Dutch artists from Kyoto will talk their reports of KMAIR respectively on 9th December from 19:00-22:00.
We are pleased to meet you, if you would come to join our event.
Please feel free to ask me anything, if you wish!

Date: 9th December 2015, 19:00-22:00
Capacity: 20 people
Venue: Creative Hub131, 3rd Floor (13-1 Odenmacho Nihonbashi Tokyo)
Admission Fee: 1,000 yen including the sea food pots, each drink from 250 yen.
Contact: E-mail: info@a-a-n.org, URL: http://www.a-a-n.org

Access: Kodenma-Cho Station (Subway-Tokyo Metro Hibiya Line): 3 minutes' walk.
Bakuro-Yokoyama Station (Subway-Toei Shinjuku Line): 4 minutes' walk.
Higashi-Nihombashi Station (Subway-Toei Asakusa Line): 5 minutes' walk.
Bakurochō Station (JR Sōbu Line -Rapid) : 8 minutes' walk.
Others StationsJR Kanda Station, Akihabara Station, Asakusabashi Station: 15 minutes' walk.

The Artists’ Profile
itekehemkes.com
tjitskehemkes.com
The sisters Iteke (1984) and Tjitske Hemkes (1980) were born into an artistic family. Iteke got her bachelor degree in Fashion & Textiles and Graphic Design at the Royal Academy of Art in The Hague. Currently she works in the areas of illustration, film and performance. Tjitske graduated at the Design Academy in Eindhoven and now works as a freelance designer in Amsterdam. Her work can be described as falling in between art and design, ranging from video, fashion, performance and product design.

Jikke van Loon, jikkevanloon.com
Jikke van Loon was born in 1971 in Den Haag, the Nederlands. She is a visual artist who takes the human mind as a point of departure in her sculptures, drawings and installation artworks. Lately especially values in Japanese culture and arts such as ‘contemplation’ and ‘imperfectness’ catch her attention. During this Artist in Residence Program, she aims to deepen her insight into these values, possibly using these as a means of expression in her own works as well.
[PR]
# by a-a-n | 2015-12-09 23:59 | イベント | Comments(0)
【藝術英語塾】Bコース「世界の美術館」各プログラム毎の受講生募集中!
『藝術英語塾』からお知らせです。
Bコース「世界の美術館」は、単会ごとの受講が可能になりました。もし、ご希望のプログラムがいれば、各回ごとにお申込みください。お支払いは当日、会場で結構です。

◆12月19日(土)『美術美術館』(ウィーン)
◆1月23日(土)『プラド美術館』(マドリッド)
◆2月13日(土)『大英博物館』(ロンドン)
◆3月12日(土)『ベルリン博物館島』(ベルリン)

d0058440_1453570.jpg

d0058440_1444054.jpg


受講料|一般 5,500円(税込5,940円)
   |アーティスト/学生4,400円(税込4,750円)
時間|14:00-16:00
会場|Creative Hub131 3階「社員食堂」
主催|Art Autonomy Network[AAN]
※各回、お茶菓子を食べながらゆるやかに開催します。

https://www.facebook.com/events/542197092601998/
ご検討くださいね。
興味あるプログラムがあればAAN(info@a-a-n.org)までお知らせください。

◆会場:Creative Hub131 3階
〒103-0011
東京都中央区日本橋大伝馬町1 3-1-B1
最寄駅:営団日比谷線小伝馬町駅から徒歩3 分
J R 総武線快速馬喰町から徒歩4 分/
地下鉄都営浅草線東日本橋駅から徒歩5 分
都営新宿線馬喰横山駅から徒歩4 分/
MAP http://1x3x1.jp/

主催:特定非営利活動法人Art Autonomy Network[AAN]
企画/制作:特定非営利活動法人Art Autonomy Network[AAN]
協力:NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Arts

特定非営利活動法人Art Autonomy Network[AAN]
〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町13-1-2階“Creative Hub131”内
E-mail: info@a-a-n.org, URL: http://www.a-a-n.org
d0058440_1434613.jpg

[PR]
# by a-a-n | 2015-11-25 14:05 | Comments(0)



オルタナティブと呼ばれるようなアートの活動をアート・アーカイブの構築などでネットワークしていく団体のブログです。
by a-a-n
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
ダイアローグIV「遠隔関係」..
at 2016-06-18 23:59
Cross Talk「国際現..
at 2016-06-18 23:59
NICAギャラリーガイドと「..
at 2016-06-17 06:43
Cross Talk「国際現..
at 2016-06-09 03:48
「藝術英語塾」アートニュース..
at 2016-04-13 15:17
カテゴリ
全体
サポートスタッフ
イベント
ドキュメント
アーカイブ作業
ポートフォリオミーティング
その他
活動歴
エデュケーション
リサーチ
大江戸町人アカデミー
展覧会
アートコミッション
未分類
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
検索
最新のコメント
スペインのプラド美術館に..
by desire_san at 23:17
イラストは、Vectcu..
by a-a-n at 15:55
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書の書き方 at 14:02
受講参加希望します。第5..
by 吉筋和子 at 16:02
受講参加希望します。第5..
by 吉筋和子 at 16:01
朝子様>メッセージ、あり..
by a-a-n at 20:18
こんにちわ。 4月に満..
by ASAKO at 14:45
とても魅力的な記事でした..
by 株のポートフォリオ at 16:36
あけましておめでとうござ..
by スタービーチ at 10:33
賢く利用すれば絶対お得な..
by ペニーオークション at 14:04
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧